FC2ブログ

セクハラなんて怖くない。


ある仮説を立ててみました。
「セクハラ問題を引き起こす人は、女性に親切な人である。」


これ、多分当たっているんじゃないかなと思います。
女性に親切な人というのはたいていの場合女性が好きな人、つまり「女好き」な人だから、いろんなことで女性と話をする機会が多くなります。
親しみも込めるし、冗談も言うでしょう。
それが、何かの行き過ぎや間違いで失敗を起こすことになるというわけです。
もし女性に親切にする気が全然ない人がいるとしたら、その人は必要なこと以外は女性と話をしないので、セクハラ言動が起こることは極めて少ないことになります。
この理屈からいくと、セクハラ問題が起こらない世の中は、女性に親切にする男性がいない世の中ということになります。

でも、こんな世の中はあるはずありません。
たいていの男性には現在または過去において配偶者がいたり恋人がいたりするのが普通だし、仕事や生活環境の中で女性と接する機会があります。
普通に考えると、そういう接点のない生活というものはありません。
その中で、どういうふうに付き合うかは、その人の性格次第ということになります。


2018年08月20日、img0-32_a
※ 社会人の教科書より


恋人とエッチな話をしても特に問題になることはないし、そんな話が好きな女性もいます。
しかし、それをそのまま職場であたり構わずしていたら、ま、これは完全にアウトですね。
また政治家が「お前、おっぱいでかいな。」と言ったらアウトですが、飲み屋で無職のおっさんが言ったとしたら、だいたいは嫌われるだけで、さしたる問題になることはありません。
またときには、かえって場が盛り上がって会話が花盛りになる性質の店もありますよね。
このように、セクハラ発言というのはある状況や条件の設定によってのみ成り立つものです。

私たちには、経済的に豊かなものやより権威に近い職業、仕事の上司などに対し、自分を弱者側に見立てたりその擁護者になったりして、強い立場と考えられる人の失敗に対し、鼻を開かせてやろうとする気持ちを持っています。
それを追求することは注目を浴びることであり、視聴率などの利益に結びつくのでマスコミも大きく取り上げます。
またセクハラ問題は、重い刑事罰に相当する強姦や強制わいせつとは違いますが、性的なハレンチ罪として同じ範疇に入るイメージがあり、引き起こした人の社会的信用を大きく崩壊させます。
持てる人にとっては大きな脅威といえるものです。

セクハラ問題の話題が増えるのに比例して、それを利用して女性が男性を陥れる場面が出てくるドラマ、映画や小説が増えています。
訴えられる男性の立場からいえば、個人の秘密保護などの理由で公開の場で正々堂々と論争することもできない言われっぱなしの状況が生まれるので、いつ起こるかわからない、かなりの恐ろしい場面といえます。
ドラマに出てくる悪人の女性は正に伝家の宝刀を振り回しているわけで、ドラマでこういう場面が増えるということは男性の関心も高いことだということです。




こんなことをつらつら書いていると、ふと「そういえば、私も危険率のわりと高い職場にいたんだなあ。」と気づきました。
さして収入が高いわけでもないのに危険率だけ高いとはわりに合わないなあと思いますが、仕事は無事に終了しているから、もう心配することはありません。
今だったら、もっと凶悪なことをしたときに「元・・・」と書かれるぐらいで、セクハラで取り上げられる可能性は低く、それによって金銭的な損失をすることもありません。

だから遠慮せずに書くわけではありませんが、「さばけた女の人」好きですよ。
少々のことを言っても、気の利いた受け答えをしてくれる女の人、そんな人といたら楽しいよと私の友だちも言っていました。
が、それにはその人に好かれているということが必要かつ必須条件。
楽しく過ごすためには、やはり自分磨きが大切ということでしょうか。






スポンサーサイト

祭りばやしが聞こえます。


今日は日曜日、午前中はどこの町でもだんじり祭の準備をしています。
朝から、町会館の周りや周辺道路のところどころに人が集まり、なんとなくザワザワしていました。
この時期、荷台に同年齢の人が必要以上に乗っているトラックを見れば、それは確実に祭りの準備です。


2018年08月17日、18時16分55秒a


お盆が終わり、家の近所ではだんじりの太鼓が聞こえるようになりました。
画像は、家の近くで2つの地車倉庫(通称だんじり小屋)がかたまっているところです。
こんなところは珍しいんだけど、河川改修の影響でこうなったと聞いています。
夕方家にいると、毎日ここから太鼓の音が聞こえます。

この2台、どちらも私の町ではありません。
勝手なもんですね、よその町だと思うとうるさいなあと感じることもあります。
私の町のだんじり小屋は、町域からいうと一番遠いところにあり、太鼓の音はそれほど聞こえません。


だんだんと街が何となく賑やかになって、祭りが近づいてきた雰囲気が漂います。
私の場合、町のいろんな役職はもうほとんどしたので、あとは名誉職みたいな肩書きが残っているだけです。
気楽に楽しみたいと思います。






捨てる神あれば拾う神あり


先日、元オヤジの家でPCを使おうとしたのですが、インターネットにつながりません。
調べてみると・・・、ショック! au回線は×。
携帯電話を通してPCのテザリングができない。


2018年08月14日、si-MVNOiPhone-02


そこで思い出すのが、息子の言葉。
「docomo回線とau回線があるけど、au回線にしとくで。」

少し前、格安SIMの携帯にしましたが、その手続きとか設定はほとんど息子とヨメさん任せ。
つまり、私は携帯についてはかなりの機械オンチ。
テザリングなんて、どのスマホでもできるものだと思っていました。
「どうしよう。契約をし直すかなあ。」
この時点で私は、「肝心なことを人任せにしてあとで失敗する、無知だけどちょっと可哀想なアホなおっさん」という立場でした。

だが、しかし・・・、ここで今日のタイトルである「捨てる神あれば拾う神あり」。
10月末にこの不具合が解消されるとのこと。
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1807/23/news128.html
2ヶ月ほど辛抱したら解決することになりました。
偶然みたいな話だけど、よかった、よかった。




次は「拾う神あり」だけの話。
先日、とあるスジからの幸運で、PCに一太郎の最新型ワープロソフトを導入することができました。
やっぱり、私はこの方が使いやすい。
ありがとうございます、あんまり詳しく書けないけど。






不動窟鍾乳洞(8/15編)


皆さんは不動窟鍾乳洞というところを知っているでしょうか。
私はこの鍾乳洞の前を数知れぬほどの回数通ったことがあるのですが、その存在をはっきりと認識したことがなく、無視していたわけではありませんが、ほとんど知らない場所でした。


2018年08月15日、fudoukutsu_a
※ グーグルストリートビューより

鍾乳洞はR169沿いの川上村にあり、北から南へ走っていくと入之波温泉のある大迫ダムより手前で、このへんをよくツーリングする人には「わりと近い感じ」がするところです。
でもツーリング仲間との話題にはなったことがありません。
私のような人は、果たして多いのでしょうか、少ないのでしょうか。


2018年08月15日、16時14分50秒a


先日、上の息子が家に戻ってきたので、家族でどこかへ行こうということになりました。
お盆なので、人のそう多くないところ、そしてクルマの混まないところを考えたところ、R169沿いの川上村周辺を回ることになりました。
そのへんによくツーリングに行く私にはそう目新しいところではありませんが、いろいろな条件を考えるとちょうどよいあたりです。
ただ五条北ICからオール裏道をつないでいったので、私以外のものは今どこを走っているのか全然わかっていないようでした。


2018年08月15日、16時03分05秒a


鍾乳洞は中規模の大きさで、中に一ヶ所わりと広い空間がありました。
全体によく整備されていて、しゃがんで通らなければならないところはありますが、見学しやすい洞窟です。
名前のごとく、中には不動明王が祭られていて、こちらをにらんでいます。


2018年08月15日、16時05分58秒a


見学路の横には、かなりの量の水の流れがありました。
中の気温は14.5℃で、水温も同じでした。
身体が気温に慣れたころだったので、水はそれほど冷たく感じませんでした。
冬に来たら、この場所は暖かい場所に暖かい水が流れているところになるのでしょうか。


2018年08月15日、16時08分09秒a


一番先の部分は、雨が降ったせいで水位が高くなっていて、見学できませんでした。
ちょうど手すりの高さまで水がありましたから、1mぐらいはあるでしょうか。
洞窟内での水位上昇といえば、少し前のタイの洞窟のことを否応なしに思い出します。
油断したらあかん、ふざけて進んでもあかんな。


2018年08月15日、16時16分22秒a


この鍾乳洞の入り口は、道沿いに建っているレストランのテラスのようなところからです。
それでこの建物をよく見ると、この敷地は何とR169旧道で使わなくなった部分なのです。
横に赤い橋があり、この道路改良で要らなくなった道がレストランの敷地兼クルマの駐車スペースになっているのです。
この橋は主塔が一つの斜張橋で、跨いでいる川がないようだから、道路の線形改良が目的の橋のようです。
橋の名前は忘れてしまいましたが、確か1988年竣工とプレートに書いてあったと思います。


2018年08月15日、16時17分25秒a


R169をツーリングするたびに何度も通る橋ですが、橋ができる前にもバイクでこの道を通ったことがあります。
そのときはレストランの建物のところを走っていたんだなと思うと、何かおかしな感じがしました。


この日は不動窟鍾乳洞のほかに、蜻蛉の滝や大滝ダムなど、このあたりの観光名所を回りました。
休日のツーリングでは、このへんは早朝あっという間に通り過ぎるところなのですが、昼間にクルマで行くと案外時間がかかるなあと思いました。






真夜中の乱入者


昨日の夜、テレビを見ていたら、換気扇の回っている障子の隙間から何かが落ちてきました。
「虫のようだ。ゴキブリかなあ。いやだなあ、今年は家の中で2回ぐらい見てるし。」
畳の上に落ちたので、よく見てみるとクマゼミでした。


2018年08月12日、23時15分42秒a


ほとんど抵抗なく、手のひらに載せることができました。
動きから、このクマゼミは寿命の最後ぐらいなのかとも思いましたが、ひょっとしたらさっき土の中から出てきたところかもしれません。

記念写真を撮ろうとすると、飛んで行って、電灯のヒモにとまりました。
とまるところが、そこしかなかったからです。

結局、また捕まえて外へ逃がしてあげましたが、2回目はそれなりに抵抗していました。
「怖いかもしれないが、君のためなんだよ。辛抱しなさい。」

入ってきた隙間はそれなりの風速があるので、蚊は入ってきません。
そこにセミが入ってくるとはな…。
まあ、いい家かも知れないな。






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR