覆面パトカー : その2


覆面パトカーを見たといっても、それは停まっているものを見たことがほとんどです。
単独でいるのではなく、獲物になった気の毒な人のクルマが横に停まっている場合が多く、これは皆さんも同じではないかと思います。
この回数が何回あったかは全然わかりませんが、後ろから突然現れて停められたのは1回で、パトロール中のクルマを発見したのは、かなり長い免許歴ですが10回ぐらいです。
全部高速道路上です。




いつのころからかは覚えていませんが、覆面パトカーはナンバーで識別できなくなりました。
現在確実な方法は、やっぱり運転者を一回一回チェックすることです。
何回遭っても、やっぱり見つけたときはドキッとします。
なぜなら、それは運転している人が異様な服装をしているからです。
2名乗車していて、青い制服で白いヘルメットをかぶっている印象が強いですが、普通ヘルメットをかぶって運転している人なんていませんからね。

この方法で注意しなければならないのは、高速ではかなりの風圧がヘルメットにかかるので、それに負けないようにちゃんと横を見て確認すること。
これは何べんもやっていると次第に慣れてきます。
それと、かなりのスピード差で抜いたときに覆面を見つけたとしても、急ブレーキをかけないことです。
自分自身が危険だし、後続車に追突される恐れがあります。
取り締まりには一定の追尾距離が必要なので、見つけてから安全にスピードを落としても大丈夫だと思います(今まではそうだった)。
白バイやパトカーなど自らも動いている車両からの取り締まりで、スピードガンは使わないはずですから。




で、これは人から聞いた話ですが、120km/hぐらいの中途半端なスピードで走っていると、抜くクルマはあるわ後ろから追いついてくるクルマはあるわで、注意力が前後両方に必要になってしまうので、一層のこと140km/hぐらいに上げる方が抜くクルマに集中できるそうです。
そのぐらいなら追いついてくるクルマはグッと減りますからね。
もう一度言いますが、これは聞いた話で、私がそんなスピードを出しているわけではありません。

魔除けを置いて走るのが一番確実だけど、いつもそんな都合のいいクルマが前を走っているわけではありません。
何ごとも工夫ですね。


<つづく>






覆面パトカー : その1


今まで、何台の覆面パトカーに出遭ったでしょうか。
実はそう多くありません。
一番悪い出遭いをしてからは、もう40年近く経っていますが・・・。


2020年09月18日、CROWN_a
※ MOVE ON, TRAVEL AROUNDより  画像は本文と関係ありません。


当時所沢に住んでいたTOBOくんの家からの帰り道、場所は東名の浜松付近だったと思います。
私のバイクは赤いGSX750Eでした。

130km/hぐらい出ていたと思いますが、抜いていくそれらしいクルマのナンバーは全部チェックしていました。
当時、覆面は特殊車両を表す8ナンバーといわれていました。
動体視力は、今よりだいぶんよかったんだな。
ところが全く抜いた覚えのない黒いセダンがアッという間に後ろから現れ、パッシングを食らわされたあとにすぐにお縄に。
まあ、今よりは後ろ側の注意が散漫だったこともありますが。

あとでよくよく考えてみると、少し前にSAかPAがあったことを思い出しました。
「これは待ち伏せのパターンだったんだなあ。」
覚えておかなければいけないことが一つ増えました。
それからは、SAやPA、または側道合流のある場所では注意深くキョロキョロし、怪しいクルマが待機していないか念入りに確かめるようになりました。

速度違反は24km/hオーバーでした。
まあ、これにはお巡りさんの温情みたいなものを感じましたが・・・。


<つづく>






「これがOHVだ!」 MT-01のエンジン


これがMT-01のエンジンです。
一気筒だけでも800ccオーバーの大きなシリンダーが二つ・・・、たいへん迫力があります。
下の画像はエキパイのない方だから、バイクを左側から見たところで、当然向きは左が前方です。


2020年09月14日、ENGINE_mt01engine_a


先日、MT-01関西版のトークルームでOHVのエンジンが話題になり、私は「OHVだから、カムチェーンの代わりにロッドがあり、カムはないよ。」と言ってしまいました。
ご存じの方はすぐにこれは間違いだとわかったと思いますが、私はそのあと調べてわかってきました。
「カムはある。」

ちょっと考えたらわかる話ですが、プッシュロッドを動かすのに何が必要かを考えたら、やはりカムが一番効率的な構造です。
ただ、そのカムはシリンダーの上(オーバーヘッド)にあるのではなく、下の方にあります。
クランク軸からギアで回転を取っているので、それに近いあたりにあるということです。


2020年09月14日、big_3098911_202004160937280000001_a
※ Motor-Fan.jpより
https://motor-fan.jp/article/10014411


なお、この勉強は上のリンクを貼っているページでしました。
また、ここにある画像はすべて借り物です。

もっと古いシステムであるSV(サイドバルブ)でも、当然カムは存在します。
ということで、初めてSV、OHV、OHC、DOHCのバルブのことやその進歩が正確にわかりました。
私が免許を取ったころでももうOHCが一般的で、DOHCもどんどん増えてたころだから、SVやOHVには興味がなかったなあ。


2020年09月14日、ENGINE_b0076232_8324626_a


しかし、左サイドからの画像ではMT-01のスタイル上の大きな特徴であるプッシュロッドカバーの中身がわかりません。
それで、もっと調べていると右サイドの断面のわかる上の画像を見つけました。
うん、これならよくわかる。
なるほどね、あの極太パイプの中はこういうふうになっていたのか。

でも、もっとカム自体が写っている画像はないだろうか。
そう思ってしつこく画像検索していると、辛くもそのへんが写っている下の画像にたどり着きました。


2020年09月14日、ENGINE_FMHPHfIN_uW31Teq-8nFi_838ek1wWFrj3ZrUVXcu7Y6EijRrekTDQGDOgoQ3Nn05Ck3AkVtgkKkvIYLQbpEzmpvZ-R8z-YaSTRge-Vwe_cX_a


MT-01のエンジンは、XV1700ウォーリアというクルーザータイプの変更版です。
ロードスポーツに載せたらその大きさは目立ちますが、デザインとして、全くコンパクトにする気はなかったのではないかと思います。
縦長の大きな空冷Vツインエンジンや必要以上に太いプッシュロッドカバーを見ていると、目立つためにわざと大きく作ったのかと思えるぐらいです。

が、まあそんなバイクが好きってことは、オレって目立ちたがり屋?
「MT-01に乗ってる仲間ってどんな人たち?」って聞かれたらどう答えよう?






MT in 越前海岸(関西のMT-01集まれ!)


関西に住むMT-01オーナーの皆さま、こんにちは!

越前海岸のシーサイドワインディングへツーリングに行きます。
一緒に走ってやろうと思われる方は、是非ご参加ください。


○ 日時 2020年10月11日(日) 予備日25日(日)

前日午前11時の天気予報をもとに、天候の判断をします。
ややこしい場合は、情報を注意して見てください。
天気がよければ、そのままGo!です。


<第1集合>
7:30 名神高速道路 草津PA

<第2集合>
8:45 北陸自動車道 賤ヶ岳SA

<第3集合>
9:30 ローソン 敦賀赤崎店 敦賀市赤崎44-11-2



10:30 越前岬水仙ランド

11:30 昼食 (梅浦海岸 海の家 or カフェマーレ?)

(帰路出発)

    大比田交差点(しおかぜラインとR8のT字合流点)より隊列走行
    敦賀市杉津交差点(信号なし、陸橋あり)を左折、旧北陸線散策ルートに入る
        鮒ヶ谷ふながやトンネル
        葉原はばらトンネル
        樫曲かしまがりトンネル跡

(敦賀市街へ)
    気比けひの松原

    解散

※ 1回しか走ったことのない越前海岸なので、皆さまのサポートよろしく!



参加者が不確定な企画なので、集合場所に遅れた場合は自力回復してください。
なお、ほぼフリー走行ですが、psp(ピットストップポイント : 前を走る人があとの人を待って一旦停止)を設けるときがあります。

必要な追加の連絡がある場合、LINEのトークルーム「MT 関西組(近隣含む)」と本ブログの2つでお知らせします。
ややこしい場合は、情報を注意して見てください。


皆さまにお会いできる日を楽しみにしています。






与野党トップ選挙


国民の目には、やってもやらなくても結果が同じように見える与野党のトップを決める選挙ですが、候補者それぞれには自分の思惑や野望があるようです。

まず自民党総裁選。
当初より幅広い派閥からの支持を得た菅義偉氏が確定的ですが、もし地方選で不振だったらあたかも派閥の談合で選ばれた首相という印象になり、脆弱な基盤での政権スタートとなってしまいます。
ここは是が非でも地方選でも勝利を収め、盤石な体制をアピールしたいところです。


2020年09月10日、総裁党首選


これと比べて、非常に劣勢な立場の岸田文雄氏と石破茂氏。
狙うは地方選で勝利を収め、ポスト菅の第一人者であるポジションを得ることです。
ただ2人の候補者の立場はだいぶん違います。
政権中枢にいた岸田氏にとってこの選挙は一回目の態度表明で、顔見せの挨拶のような意味になっています。
地方票を決める予備選の開票と国会議員投票がほとんど同時なので、状況を見ての撤退はしにくいようですが、それに近いことをしてでも菅政権内でポジションを得たいと考えているでしょう。

これに比べ石破氏は中枢から遠いアウトローな立場。
地方選で票を集めてその信頼感をアピールできたら、例えば椎名裁定から三木首相が生まれたときのように、自民党がピンチのときの代打の切り札一番手の人気者になれるかも知れません。
ただ石破氏は安倍首相誕生時のライバルであり、ずっと長い間外野にいるちょっと前の人という感じは否めません。




続いて野党第一党の代表選です。
枝野幸男氏の獲得票は投票前の勢力通りで、対抗馬の泉健太氏は合流組の利益を代表して十分なアピールができ、彼にとってはよいデビュー戦になりました。
私が興味深かったのは、代表戦の票差より「立憲民主党」と「民主党」の票差が少なかったことです。
やはり「民主党」の名前の響きは、政権を担当し、二大政党の一翼を担った政党の崇高なイメージがあるんだなと思いました。
私は二大政党制支持派なので、この気持ちは痛いほどわかります。

でも、結果としては立憲民主党になりました。
その後合流をしなかった玉木氏や前原氏が新「国民民主党」を立ち上げたので、ネーミングは二つとも前のままになり、国民には「何のために分裂集合を繰り返してるの?」と映る結果になりました。

この勢力は、少し前は小池百合子氏を巻き込んで、自民党にも対抗できるような勢力になりかけたことがあるので、今後も目が離せません。
私の個人的な好みからいえば、今のところ二大政党制の妨げになる勢力になっていると思います。
そうならないように、小沢さん、がんばってね。






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みに片よる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR