古き二輪を愛でる会 in 京都 20211017


MT-01の記念Tシャツを着た人が、旧車を眺めています。
これはIchiroくんのバイアルス、シルクロード風のカラーです。


2021年10月17日、13時08分28秒 (2)a


「古き二輪を愛でる会」に行ってきました。
会場は京都府にある日吉ダム近くのスチールの森 京都(旧 府民の森ひよし)です。

バイクではなく、TMYくんのS2000で行きました。
視線の低い乗り物は久しぶりなせいか、たいへんなスピード感。
「バイクのときはこのぐらいのスピードで走ってるのかな?」と聞くと、「もっと速いときもあるよ。」と言ってたから、なるほど慣れというものは恐ろしいものだなと思いました。

会場でIchiroくんとご友人2名に出会い、用意してきた弁当を食べていると、トコトコくんがミニクーパーで駆けつけてきました。


2021年10月17日、13時28分30秒 (2)a


この「古きバイクを愛でる会」は愛車であるレアバイクの見せ合いっこの催しです。
たいていの人は自走でやってきているようです。
中には自走が不可能に見えるバイクも混じっていましたが。

こんな雰囲気だから話の輪がいくつもでき、それぞれ長時間続いていました。
古すぎて、名前のわからないバイクが一杯でした。


2021年10月17日、14時48分30秒 (2)a


帰りは「あたご屋」という亀岡市内の古民家風カフェに立ち寄りました。
大きなテラスがあり、そこから見える景色はグッドロケーション。
満足のコーヒータイムでした。






性格もときどき直る。


「主婦の毎日」というほどでもないが・・・。
えーと、私が家事をしたら「主夫」と書くんだっけ。


2021年10月13日、13時09分59秒


我が家では食材の主なものは生協の宅配を利用している。
それで、食材の入っていた余り袋は、プラゴミなど市の指定のないもののゴミ袋に便利なので、たたんで引き出しにキープしている。

ここで気付いたことだが、ヨメさんのくくり方は汚い。
私のはきれい。
まず床に広げて角を揃えてから、中の空気を出すために何回か手のひらを押しつけ、こするようにしてから折っていく。
何回か折って一枚物の帯状のようになったころ、そこでやっとくくるのだ。

きれいに仕上がると、眺めていても気持ちがいい。
こういうのを悦に入るというのだろうか・・・。
画像の左側のやつはきれいだが、なーに全盛期?のころはもっと完璧できれいにくくっていたという偏執的な自信があるぐらいである。



しかしあるとき、困ったことが起こった。
使おうと思っても外れない!
いくら力を入れても、あまりきれいにたたんでいたせいで、真ん中の球になっている部分が硬くなっていくばかりで、ますます外しにくくなる。
結局ほどくのにかなりの時間を要することになった。

このとき私の頭には、「バカ◯◯」とか「クソ◯◯」とか、何か「バカ」とか「クソ」という言葉が付いた単語が連想された。
これはマズい・・・。
この失敗には、私の性格のある部分が悪い方に働いている・・・。



それから以降は、だいたい真ん中の画像ぐらいにたたんでいる。
問題なくスッと外れる、
「何でもていねいにやるといいというものでもないんだ。」
気付くのに、60年以上を要した言葉だった。






反原爆、だが反米ではない。


日本国民はほとんどが反核兵器です。
もうちょっと詳しくいえば、全員一致で反原爆投下です。
けれども反米ではありません。
これには第二次世界大戦敗戦後に、天皇を戦犯にしなかったマッカーサーの優れた政治的判断が関わっています。
もし戦犯にして天皇制を崩壊させていたら、昭和天皇はその後の反米活動の象徴的な存在になっていたのではないでしょうか。

しかしそういうことは起こらずに、そのあとアメリカは日本に経済的な恩恵を与え、有力な自分の陣営の一員に育て上げました。
現在の世界情勢で日本はアメリカ陣営のトップ国といっていい存在。
国際報道から感じるのは、イギリスとのツートップという姿です。

いろんなものごとを考えるときに、どちらかというと反白人主義の傾向が強い私なので、現実を見て中庸を保てるように気を付けるべきだなと思っています。



それと比べて、韓国と日本の関係はどうでしょうか。
先ほどの日米関係の言葉を借りるなら、韓国国民は反植民地、反大日本帝国または反帝国主義。
そして現代も、反日的な動きによるニュースをしょっちゅう耳にします。
二度の原爆投下と35年間にわたる支配統治は比べられるものではありませんが、やはり他国に支配された暗い歴史は大きいものだと思います。

反植民地、反帝国主義は当たり前のことと思いますが、韓国内で反日的な流れがずっと続くことは、たいへん残念なことです。
2つのことが頭に浮かびます。
まだ小さな光明ですが、韓国内の一部の知識層の中から、正確な歴史を見いだそうという動きが出ていることはうれしい材料だと感じます。
また、韓国の政治方針の方向性や昨今の司法の判例などに対し、批判はいくらしてもいいが、日本人は反韓であってはならないと思っています。



次は中国の話。
3年ほど前の新聞に載っていた記事ですが、下の内容にちょっとショックを受けました。
中国人の日本への好感度 40%。
日本人の中国への好感度 14%。
これでは、中国の国民の方が余裕のある思考ができる豊かな国民性であることを示しているではないか・・・。

今の日本人の好感度は、米政権の中国攻撃の影響で、もっと下がっているでしょう。
最近の日本は相対的にいって豊かでないという見方がありますが、余裕のなさから思考の鷹揚さも減らしているのではないかと思います。



よく昼間の時間帯に流されているバラエティー型のニュース番組があります。
ときどき、奇抜な言葉やマイナスイメージ強調でしかインパクトを作れないような、二流の評論家が出ているように感じます。
そしてこのような番組の一部は、妬みや憎しみの感情を増幅させる恐れのあるニュース番組で、国民が考えるべき正しい方向性を示していないと思っています。

がまあ、私が情報をどのぐらいインプットできているのか、またそれを判断する能力を持っているのかは私の永遠の疑問ですから、自分の耳に心地よい情報は鵜呑みにしていることがあると思います。
これをワンランク上げるのには、一生かけても道の途中かな、と思ったりもします。






ホロコースト映画はヒットしやすい。


「ホロコースト映画は興行的に成功しやすい。」という話を耳にしたことがあります。
理由を考えてみたところ、観客一人ひとりがイメージを持ちやすい点が大きいのではないでしょうか。


2021年10月11日、10005453_h_pc_l


感じ方はいろいろでしょうが、ナチスの収容所の歴史映像などがすぐに頭の中に想像され、そこに関わった人の運命を感じ、各人がそれだけで映画の世界に引き込まれます。
ヨーロッパに住むキリスト教徒であれば、差別の歴史を学習するまでもなく、私たち日本に生まれ育ったものより大きなインパクトがあると思います。

となると、制作者の方が何もしないでも、観客を一定の気分にまで誘導しやすくなります。
言ってみれば、ある種の情景描写などを省略しても、観客の方から勝手に映画の中に入ってくれるということです。
筋作りとしては、その分をほかの家族愛などに当てることができ、一定の時間内に描くことが豊かになります。



日本の映画やドラマではどうでしょう?
朝ドラなどを見ていると、太平洋戦争時代を挟むものが多いですね。
これまでにも多くの描き方があったので、日本に住む人であればもうそれだけであるイメージができます。
またそれは、決して明るくはつらつとしたものではないはずです。

ここ10年ほどで東北を舞台にしたものであれば、震災や津波のことを登場させる、または匂わせることが多いです。
これらも、「ホロコースト映画は成功しやすい。」という理由と似ている部分があることだと思います。






今後、緊急事態宣言は出るのかな?


下は10月初めの朝日新聞です。
緊急事態宣言は4回出ましたが流行の波は5回あり、1つ目と2つ目がよく似ていて、3つ目と4つ目もよく似ています。
となると、今度来るかもしれない6つ目は5つ目と同じぐらいになるのでしょうか?


2021年10月02日、16時52分30秒a


現在は感染者数が激減し、同時にいろいろな行動制限が緩和されたので、世の中は比較的明るい雰囲気です。
この間に医療施設や人員の充実、薬剤や治療法の開発を進めていこうというニュースが流れ、楽観的なムードを助長します。
ただ、このまま収束するという考えは甘いようで、第6波が来るだろうということは多くの人が予想しています。


2021年10月02日、index


これが、去年の段階で最初に考えられた緊急事態宣言の効果です。
この通りになったのか評価はマチマチなように思います。

新しい生活様式のいろいろなプランが出ていますが、今後どのように進んでいくのでしょうか。






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みに片よる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR