オーバー100kmツーリング


全走行が100km以上のツーリングを敢行。
よく考えてみると、脳梗塞になって初めて大阪府を出たことになります。
行き先は橋本市にあるやどり温泉「いやしの湯」です。

高野山への裏道になっているR371沿いにあるこの施設、回りに川遊びできるところが一杯あるので温泉も大繁盛です。
普段は静かなこの温泉に、家族連れや若者がたくさんいます。


2019年08月18日、15時40分50秒a


ツーリングレポートというよりリハビリレポートですが、全体としての身体の疲れは久しぶりのせいか、右腕のしびれのせいか、若干あるといわざるを得ません。
もう少し回を重ねる必要がありそうに思います。

問題の右足ですが、影響と考えられるのは下のような点です。
① ステップの上で足を動かしにくい。今までは細かく動かしていたんだなということがわかりました。
② フットブレーキが踏みにくい。足首の角度の問題と強弱の微調整。
③ 地面に真っ直ぐ足をつけば問題ないが、角度が付くと不安定になります。
④ バイクに乗るため右足を大きく上げるときに、今まで以上に力が要るような感じがします。
私の脳梗塞の場合、固まってしまうような症状はなかったので、一部筋肉の筋力低下が原因になっていると思います。

ただ①~④は全然できないのではなく、やりにくさを感じるというぐらいのものです。
けどバイクに乗っていたらこれらの動作は当たり前にしなければならない動作です。
乗る回数を増やして、どんどんこれらの動作をしていくことが、慣れるという意味で有効だと思います。



あっ、もう一つ久しぶりがゆえの失敗がありました。
タオルを忘れて、フロントで買わなければならなかった・・・。
150円の損失なり。






網走湖とラグビー ; 旅の思い出


人間誰しも「これは多分一生に一回だけだろう。」という面白い経験があると思いますが、私のそれは北海道をツーリングしたときにありました。
場所は網走湖近くの網走観光ホテルの大浴場です。


2019年08月09日、abashiri_a
※ 画像は本文と関係ない別の年度の借り物画像です。


網走市にはスポーツトレーニングフィールドというスポーツ団体が合宿するのに適したスポーツ施設があります。
さまざまな団体が訪れるようですが、とりわけラグビーの関係者にとって、網走は北の聖地というか夏に合宿するのに向いた特別な地であるようです。
が、まあ、これはあとになってから知ったこと・・・。



2009年の夏、網走湖畔の呼人浦キャンプ場で連泊していた私は、近くにある網走観光ホテルの日帰り湯を楽しんでいました。
このホテルには使える洗濯機があり、たいへん便利なところでした。
浴場はとても広くて入浴客は5、6人、外にある露天風呂も大きくて、言わばガラガラ状態でした。

その内、急に客が増えてきました。
どうやら団体客がなだれ込んできたようでした。
湯船につかっていた私の横に、身体の大きな人がやって来ました。
大きい人だなあと思い、その人と一緒にいた人を見ましたが、その人も大きな人でした。
そのときはそのぐらいしか感じなかったのですが、だんだん混んできて湯船を出ようとしたときにハタと気が付きました。
「何と!みんな大きい。」

ざっと言いますと、身長は平均で180cmは優に超えている。
中には190cm以上ありそうな人もそこここにいたから、平均185cmぐらいかな。
やせっぽちの人は一人もいない、そして全員太めだけどブヨブヨでなくスポーティーな体型。
外国人と思われる人の比率も高く、なおかつ全員がすごく日焼けしている。

こうなると、私の方が目立っていました。
黒いライオンの群れの中に白い猫が一匹いるようで・・・。



これ、なかなか恐怖感ありましたねえ。
まあ例えるならば、「背中に墨入ってる人大勢と一緒にお風呂に入っている感じ。」と、そのとき思いました。

思わず露天風呂の方へ行きましたが、そこは若手組の場所のようでした。
身体の見た感じは前述と変わらない人が大勢いました。
でも話の内容は、何かナイーブな感じはありましたが。

年配のちょっとブヨっとした人が5人ぐらいかたまっていました。
はは~ん、あれは監督かコーチだな。

合計で40人以上いたような気がしますが、ホントにすごい迫力ある集団ですね。
何も身にまとっていないのにこの迫力はスゴい。
この人たちの仲間か部外者かは一目でわかります。



そのときは何か気迫に負けて小さくなっていたので、その人たちとは何も話をせず、チームの名前を聞くこともできませんでした。
気後れしていたというか、ビビっていたというか・・・。
聞いときゃよかったな。

間違いなく、私の最もインパクトのあるスゴい入浴体験でした。





<PS.>
不祥事のあったトヨタラグビー部、廃部とはならず活動再開へ。
よかったですね。






リハビリ運転練習、加速中です。


時間を作って、なるべくトリッカーに乗る機会が増えるようにしています。
もちろんリハビリのためですが、とにかく動きを身に付け、今までやっていたことが元通りにできるようになることを目指します。

トリッカーの運転はもう問題なくできますが、もっと慣れて、今月中にMT-01の運転に移っていこうと思います。
「やる気のある人はできるようになる。諦めた人はその時点で終わり。」と、よく人に言われます。


2019年08月11日、16時10分59秒a


上の画像は2、3日前のものです。
貝塚市蕎原から葛城山に登っていくコースの途中です。

この道には途中でY字路交差点があって、右折すると五本松から紀泉スカイラインという尾根づたいの道を通り、山頂に出ます。
左折すると車道が終了し徒歩の登山道になりますが、画像はそのクルマで行ける最後のあたりです。

中学生のときに、このあたりでキャンプをしたことがあります。
懐かしいなあ。
この周辺はそのころに比べるとずいぶんきれいになっていますが、その分あちこちが有料化されたレジャーエリアになっています。


2019年08月13日、13時31分36秒a


昨日、今日は、台風の準備でリハビリツーリングは中止です。
2011年の紀伊半島大水害のコースと似ていて、ヤバいコースですね。

台風よ、おとなしく通り過ぎていってくれ。






免許証がゴールドに


以前、ある人の免許証の色がゴールドだという話を聞いて、「そりゃ世の中、間違っとる。警察は何やってんや。」と思ったことがありますが、このたび私はゴールド免許の仲間入りを果たすことになりました。
回りの人は、私をどう評するでしょうか?


2019年08月08日、18時21分24秒a


最近視力が落ちたかなと思っていましたが、そちらの検査も無事眼鏡なしでパスできました。
脳梗塞による問題が多々ある中、それ以外の部分はどうやら順調に進んでいるようで、ひとまずはホッと一息というところです。



警察署にはバイクで行きました。
ただトリッカーの運転は7月15日に記事を書いたときとそう変わっていないように感じたので、もっと乗る機会を増やして、今の間に慣れてしまうことが必要だと思いました。
勝手に治るということはなさそうなので、できることを増やしていくという気持ちで取り組まないと、いつまでたってもMT-01の運転にたどり着きません。
もうちょっと積極性がいるな。

足の状態は、バイクの重さを支えたり地面を踏ん張ることはできるのですが、ステップの上で少しだけ位置を変えるのが意外とやりづらいことだったりします。
そんな、なった人でないと想像しにくいところがいくつかあります。

まあ、それでも気楽にがんばろう。
根を詰めすぎたり悲壮感を持ったりすると、しんどいだけだから。






お見舞い、ありがとう!


四国からTOBOくんがお見舞いに来てくれました。
共通の友人であるTっちゃんを交えて、楽しい何日かを過ごしました。
ありがとう。


2019年08月06日、22時31分19秒a


この三者の関係、お互いがお互いを祝う、または見舞う三つ巴の関係になっています。
まず私は病気を見舞ってもらう。
それからTっちゃんは退院を祝ってもらう。
そしてTOBOくんは退職を祝ってもらう。
ちなみに家が近い私とTっちゃんは、少し前にこの行事は「済み」になっていました。

TOBOくん、長い間ご苦労さまでした。
退職後の時間の使い方は、及ばずながら先輩である私が少しずつお教えします。



TOBOくんが帰ったあと、家に妙なTシャツがポツンと。
KAWASAKI 350SS。
こ、これは彼が高校のときに乗っていたマシンではないか・・・。

どうやら洗濯物をたたむときに紛れ込んでしまったようだ。
よし、早速取りに来てもらおう!






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR