感染拡大のキーポイントは?


コロナウイルの感染者は急増しています。
最も不安な原因は今それがピークなのか、それとも、まだこれでもピークの前の警鐘時期、つまり嵐の前なのかが全然わからないことです。


2020年04月06日、スクリーンショット (44)a


この感染者数のまとめを見ていたところ、友人のTMYくんがツーリングの休憩のときに言っていた言葉が頭に思い浮かびました。
「オレ、毎日満員電車に乗ってるけどなあ。」

それを思い出しながら「満員電車」というキーワードとともに考えついた言葉は「都心」。
さらには「地下鉄」や「ターミナル駅」、「通勤バス」などなど。

そういえば、これまでにもニュースなどの報道で「満員電車」という単語が出てこないなという疑問は感じていましたが、「もし満員電車のことを問題にしだしたら、パニックになって日本の全産業はストップしてしまう。必要悪みたいなもんだなあ。」と自分の中で納得をしていました。
今この地図を前にすると、鉄道交通網が集まっている分布図や地下鉄のある都道府県一覧などと同じものを見ている感じがします。




また、「人口が多ければ感染者数も多い」ということもわかります。
これが当たり前のことだとすると、この地図は何も特徴のないものになり、もうすでにウイルスの拡大は日本全国に広がっていて、それが人口の多い少ないに応じて色分けされているだけということになります。

感染者数というのは何らかの異常があるなどの理由で検査して陽性になった人の数だから、異常をあまり感じなかった人やもともとこういうものに対し身体が丈夫だった人は数に入りません。
そうなってくると、どの人の周りにもウイルスはいるという前提になります。
私の周りにも、そして実は私がそれを持っていてウロウロしているということも考えられるわけです。




もうそうなってくると、何を参考にしたらいいかわからなくなってしまいますね。
でも毎日の生活はどんどん続いていくものだから、そうも言っていられない・・・。

抽象的な言い方ですが、何かにぶち当たったときは「基本を外さずに最善を尽くす」以外に方法はないように思います。
ニュースを見て、最新情報を仕入れておくこともその一つかも知れません。






2020 フジの花芽が膨らんできました。


フジの花芽が膨らんできました。
このつぼみを見るころが、一年間の中で一番ワクワクするころです。


2020年04月04日、18時21分31秒aa


2月に剪定を済ませたころは「今年は早いんじゃないかな。」と思っていましたが、3月中ごろになると「いや、違うぞ。ちょっと遅いぐらいかも。」というふうに変わってきました。
何か、今年のサクラの開花と似ていますね。



実は私、花が咲くときはもちろんうれしいんですが、出来映えとかが気になってしまう方なんです。
つぼみなら、まだ期待だけなので、安心して見ていられるってわけです。

これって神経質というか、パアっと明るい人ではないですよね。
性格直そうっと。

それでも20日を越えるあたりからは、今年もたくさんフジの花を見ることができそうです。
皆さんも期待してくださいね。






全部、中止になりました・・・


本日午後2時に吉村大阪府知事より外出自粛要請が出されました。
このような行動制限の指令は、その是非やタイミング、波及する影響について立場によって受け止め方がいろいろ違うと思います。
しかし、今回は感染拡大を防ぐために何らかの手を打つことが、それによって引き起こされる社会活動の停滞よりも大事な時期だという判断ですから、その考え方には賛成せざるを得ません。
それに自粛している人から見たバイクに乗っている自分というのも、多少違和感を感じるし・・・。

この要請で、昨日中止した「MT in 熊野灘Ⅱ」に続き、有志による小規模ツーリングも一挙に消滅。
明日、オイルとフィルターを換えに行く予定だったんだけど、何となく気が乗らないなあ。


2020年03月17日、13時15分14秒[1]a


それとは全然関係ないんだけど、維持充電機能を使ってのバッテリーの充電のようすです。
このまま数時間放っておきます。
出かけるときはしないんだけど、明日、明後日とゆっくりできそうな気配です。

クルマで出かける用意も、いろいろしていこう。
今年は、今までとは違った旅のスタイルも試してみよう。






「MT in 熊野灘Ⅱ」は中止します。


4月5日(日)のMT-01のツーリングが近づきましたが、ウイルス禍の情勢が日々刻々変わっています。
バイクツーリングの形態は人が密集する状態が少なくて、比較的安全な娯楽かとは思いますが、ニュースを聞いているとそうも言っていられない現実もあるように感じます。
一旦参加表明をしていただいた皆さまの中にも、そういう変化を感じておられる方も多いのではないかと存じます。


ということで、
①「MT in 熊野灘Ⅱ」は中止とします。
②情勢を踏まえ、代替日はありません。



天気がいいようなので、私自身はちょっと縮小した予定で出かけようと思いますので、一緒に行こうと思われる方は、コメントなど何らかの方法でお知らせください。




私自身はものごとをかなり柔軟?に考える方ですが、人によっていろいろな条件があって、それぞれ違います。
自由参加の行事だといっても、いつも10台ぐらいは集まるので、団体としての判断は難しいものだと思いました。






無料ブログの行方


このブログの今の時点でのファイル(ほとんど画像)のアップロードの使用状況は、下のようになっています。

ファイル数 ・・・・・・・・・・・・・・・ 9,306
使用サイズ/合計サイズ ・・・ 2,052.05 MB/10,240 MB
使用率 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20.04 %

今書いているこの記事は1,915番目で、一記事あたりにだいたい4~5枚の画像を使っていることがわかります。
また許容範囲の使用率は、ブログ開設約10年で20%です。
ということは、ペースと内容が今のままだと仮定すると合計50年分可能で、あと40年間はこの無料ブログを使うことができることになります。


あと40年もか・・・、絶対に最後まで使い切ることはないな。
つまり死ぬまで使えるわけだけど、その終わりの方を書き続けるのは非常に困難を極めるだろうなあ。
最後は闘病日記になるだろうなあ。 病院で書くのか・・・、書けるかな? 無理やろな。

でも読んでくれている人は私よりも年齢が下の人が多いから、頑張りさえすれば最後まで読んでもらえることになる。
それはそれで、たいへんうれしいことだなあ。





しかし、そんな悠長なことを言っている前に、もう一つ大きな問題があります。
それは、この無料ブログのサービスが継続するかどうかの問題です。
それまで使っていた無料ブログが閉鎖になり、データを失ったり、引っ越しするのに煩わしい作業を伴ったりしたという話を聞いたことがありました。
このFC2ブログを開設したときには、そんなことを深く考えて決めたわけではないので、一抹の不安が胸の中にありました。

そこで、アクセス数や評判のランキングを調べて、無料ブログを提供するサービス会社が好調であるかないかを調べてみました。
数値のランキングや主観によるランキングなどいろいろなものが雑多に出てきて、その記事が書かれた時期もマチマチだったので、いくつかを読んで、大まかに傾向を推し量ることにしました。




結果は良好でした。
どのランキングでも上位に顔を出し、FC2ブログは総合的には一番ではないかと思いました。
ということで、この成績を維持する限りはそう急にサービスがなくなる心配はなさそうです。

ほかには、Amebaブログ、はてなブログ、ライブドアブログなどがよく上位で名前を目にしたブログサービスです。
いろいろ特徴があり、例えばAmebaブログは会員同士のコミュニケーションが豊かで人気があることなどが書かれていました。

アフィリエイトという広告収入のこともたくさん載っていました。
FC2ブログはそれにも向いているとのことですが、このへんは全然知識がないので興味も湧きません。
またFC2はアダルトもOKということで、この間口の広さ、入り易さがこのブログの人気になっているようです。




書くことが娯楽、書いてりゃ満足って感じ。
とにかく、何も考えずにこの感じを続けよう。

皆さま、これからもよろしくお願いします。






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みに片よる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR