網走湖とラグビー ; 旅の思い出


人間誰しも「これは多分一生に一回だけだろう。」という面白い経験があると思いますが、私のそれは北海道をツーリングしたときにありました。
場所は網走湖近くの網走観光ホテルの大浴場です。


2019年08月09日、abashiri_a
※ 画像は本文と関係ない別の年度の借り物画像です。


網走市にはスポーツトレーニングフィールドというスポーツ団体が合宿するのに適したスポーツ施設があります。
さまざまな団体が訪れるようですが、とりわけラグビーの関係者にとって、網走は北の聖地というか夏に合宿するのに向いた特別な地であるようです。
が、まあ、これはあとになってから知ったこと・・・。



2009年の夏、網走湖畔の呼人浦キャンプ場で連泊していた私は、近くにある網走観光ホテルの日帰り湯を楽しんでいました。
このホテルには使える洗濯機があり、たいへん便利なところでした。
浴場はとても広くて入浴客は5、6人、外にある露天風呂も大きくて、言わばガラガラ状態でした。

その内、急に客が増えてきました。
どうやら団体客がなだれ込んできたようでした。
湯船につかっていた私の横に、身体の大きな人がやって来ました。
大きい人だなあと思い、その人と一緒にいた人を見ましたが、その人も大きな人でした。
そのときはそのぐらいしか感じなかったのですが、だんだん混んできて湯船を出ようとしたときにハタと気が付きました。
「何と!みんな大きい。」

ざっと言いますと、身長は平均で180cmは優に超えている。
中には190cm以上ありそうな人もそこここにいたから、平均185cmぐらいかな。
やせっぽちの人は一人もいない、そして全員太めだけどブヨブヨでなくスポーティーな体型。
外国人と思われる人の比率も高く、なおかつ全員がすごく日焼けしている。

こうなると、私の方が目立っていました。
黒いライオンの群れの中に白い猫が一匹いるようで・・・。



これ、なかなか恐怖感ありましたねえ。
まあ例えるならば、「背中に墨入ってる人大勢と一緒にお風呂に入っている感じ。」と、そのとき思いました。

思わず露天風呂の方へ行きましたが、そこは若手組の場所のようでした。
身体の見た感じは前述と変わらない人が大勢いました。
でも話の内容は、何かナイーブな感じはありましたが。

年配のちょっとブヨっとした人が5人ぐらいかたまっていました。
はは~ん、あれは監督かコーチだな。

合計で40人以上いたような気がしますが、ホントにすごい迫力ある集団ですね。
何も身にまとっていないのにこの迫力はスゴい。
この人たちの仲間か部外者かは一目でわかります。



そのときは何か気迫に負けて小さくなっていたので、その人たちとは何も話をせず、チームの名前を聞くこともできませんでした。
気後れしていたというか、ビビっていたというか・・・。
聞いときゃよかったな。

間違いなく、私の最もインパクトのあるスゴい入浴体験でした。





<PS.>
不祥事のあったトヨタラグビー部、廃部とはならず活動再開へ。
よかったですね。






大阪湾 海の風景


大阪湾には自然の海岸線が僅かしか残っていません。
だから、大阪府に住む私たちが海を見るといったら、それはたいてい湾港施設や人工の海浜公園からです。


2018年04月20日、16時22分31秒a


こういう風情は好きなので、ときどき岸壁でバイクを停め、波を眺めながら休憩します。
近距離ツーリングなので、そんな場合はたいていトリッカーです。
朝早いときはもっと遠くへ行くのが普通ですから、時刻は午後、それも夕方が多くなります。

となると、海をバックにバイクの写真を撮ろうとすると、いつも逆光になってしまいます。
この設定のツーリングで、唯一の悩みです。
(かなり小さな悩みだなあ。)
で、まあそういうときは、逆光になってもそれがカッコイイように撮ろうと心がけるのですが。


2017年06月16日、18時30分43秒a


画像は上から
・ 春木漁港ごしに見える鉄鋼金属団地(岸和田市)
・ 二色産業団地(貝塚市)
・ りんくうマーブルビーチと空港連絡橋(泉佐野市)

マーブルビーチの画像は4月に泉南市の梶本藤を見に行く前に撮ったので、午前11時ぐらいです。
それで夕日は写っていません。


2018年04月20日、12時19分45秒a


マーブルビーチは空港島が遠くに見えるグッドビューな場所です。
気軽に停められるので、平日でもバイクが1~2台、休日ならたくさんの人が集まっているときがあります。
ばふびっしゅさんの記事にもよく出てきます。

みんな、同じところへ行くんだなあ。






ライダーはハムを食べるべし!


画像は7月のRYUBE信州ツーリングの帰り道。
といっても、東京へ帰るミミオさんがハム日和によったところだけど。
きくハムさんとミミオさんの表情があまりにもいいので、お二人の承諾を得て無修正アップです。


2017年07月17日、15時00分09秒aa


今週末に、同じMT-01仲間であるふるっちきさんと一緒にハム日和に行く予定です。
また、お土産を買って家に送ろうと思います。
そうしたら、ツーリングから帰っても少しの間ハムを食べ続けることができる!
これが、うまいんだよな。
何日間か、幸せ!

ということで結論として、バイクツーリングでこのへんを通ったら、ライダーのみんなはハム日和に寄って土産にハムを買おう。
この土産は、単なる飾りになるものではなく口に入る、つまり身になる。
実質的で、無駄がないお土産です。

何か、いつもいいもの食ってないのか?と言われそうですね。
ツーリングも楽しみだが、うまいハムも楽しみ!




小さな喜び


今日は小さな喜びがありました。
「この上がり方は、生まれて初めてやな…。珍しいこともあるもんや。」


2017年06月21日、chinroutou_a


こんなこともあるんだったら、カネ賭けてたときに起こって欲しかったな。
いや、宝くじのときかな。
いや、できれば仕事や人生で…。




我が家は海抜6m


私の家の近くにある看板です。
家は海から1kmぐらいのところです。
工業地帯の埋め立てた土地を入れるともう少しありますが、日本の全人口からいうと、比較的海岸線に近いところに住んでいる住民といえます。


2017年03月13日、16時56分34秒a


そんな理由で、上のような看板がそこここにあります。
津波の話が出ると、「ウチの家は大丈夫かなあ。」と近所の話題になります。
2級河川が湾曲しているちょうど外側の部分なので、条件も悪いです。
でも海が近いといっても太平洋岸ではなく大阪湾なので、本当に心配している人はそう多くはいません。

過去500年ぐらいの間には、江戸時代に岸和田城の大手門あたりまで海の水が達した記録があると聞いたことがあります。
この城の大手門があるところの海抜が3.5~6mぐらいです。
(現在、坂になっているので、特定しにくい)
ということで、災害に絶対安全はないですが、岸和田市周辺だったら海抜6mぐらいあれば家が流されるような心配は極めて少ないといえます。

津波ではありませんが、海抜2m前後までの場所では、かつて台風等による高潮の被害がしばしばあったようです。
家がたくさん建っているところの真横にある川の堤防が異様に高いところがあり、その名残かなと思います。
想像の話ですが、紀州街道が整備されたのはおそらく江戸時代の初期で、多分海岸線近くに道路を造っただろうから、それまではそのへんは海の中だったのかも知れません。
この周辺の郡市では、1965年ぐらいに府道大阪臨海線ができたことによって、この問題はほぼ解決しています。



上の息子の住んでいる大阪市内のマンションの前にある表示は「-1.0m」です。
マイナスというのは何となくインパクトがあり、目立ちますね。
でも、大都市の海岸線はたいへん人工的なものです。
近代的な都市計画なので、海がどこにあるのか全く見えず、安全そうです。
なおかつ、この息子の部屋は4Fです。
ま、いけるでしょう。




プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR