ヤマセミ温泉ツーは、鶴の湯ツーに変更です!


何ともまあ、目的地には到着しましたが…。
温泉に行けません。
もっと、よく調べてから来いよ、と言いたくなりますが…。


101223_111337a.jpg


丹生ヤマセミ温泉は、龍神村からr735を10kmほど東進したところにあります。
r735といえば、有名なR425の最極悪区間、龍神-十津川間の迂回路です。
当然山の中、自然一杯のいいところなのです。


101223_111012a.jpg


建物はありますが改修中。
そう言えば、数年前…。
ヤマセミ温泉が休みで、そのままr735で十津川に抜けたことがありました。
休憩を入れると、2時間近くかかったと思います。

参加は3台です。
まずはKNSKくんのHAYABUSAです。
始めからすごかったですが、さらにフルエキ+ホイールが付け加えられています。
どこまでやるんだ。


101223_111050a.jpg


続いて、スギさんのモンスター。
何に乗ってくるのかな、と期待していましたが、裏切らない方です。
ちなみに、ドカは2台目ではなく、3台目らしいです。
知ってた人、いますか?


101223_111107a.jpg


最後は、マイMT-01です。
冬に手を温めるアイテムが付け加えられています。
ホッカホカだぜ。


101223_111123a.jpg


早速、スギさんが別の温泉を検索中。
いろいろと候補が出ましたが、スギさんだけが行ったことのあるみなべ町の「鶴の湯」に決定。


101223_145905a.jpg


R424、r30を通り、途中で道を間違えたりしながら、1時間半ほどかかって鶴の湯温泉に到着。
この温泉は、宿泊施設や食事をするところが横にあり、たいへん便利です。
素敵な露天風呂があり、いい感じ。
が、洗い場も外なので、この時期ちょっと寒い。


101223_145919a.jpg


お風呂を出た後、休憩室で昼寝をしましたが、ヤマセミ温泉から走ってきた分の時間がタイムロスとなり、爆睡とまではいきません。
もっとゆっくり寝たかったなあ。


101223_161547a.jpg


こういう温泉旅行のパターンでは、時間にゆとりを持って、ゆっくり休憩できる計画を立てたいものです。
私の場合は、湯質より休憩室の方が重要かも知れない。

帰りは、紀ノ川SAで解散。
多分、今年最後となるツーリングでした。


RYUBE淡路島ツーリング


今日は、RYUBEの淡路島ツーリングです。
前日は時間があったので、アンダーカウルやフェンダー裏までワックスをかけピカピカ。
ところが第一集合場所、湾岸線中島PA付近で突然のゲリラ豪雨。
「どついたろかーっ。」と思いましたが、怒りのホコ先もなく大ショック。


第二集合場所の淡路SA。

101128_072541a.jpg

参加者は、ミミオ氏ZX11、ケロリン氏VTR、黒隼氏HAYABUSA、会うのが2回目のルーキー氏CBRR、私のMT。
CBRの丸さんが、見送りで来てくれました。

ここから淡路島の海岸線を快走。
時々路面が濡れていて、昨日の洗車を思い出しウジウジした気持ちも少し…。


沼島へ渡るフェリーが出ている土生港です。

101128_084125a.jpg

この島はヨットレースのコースになっている島で、観光で行くとノンビリしていいところだそうです。
南海淡路フェリーに乗ると、いつもよく見えます。


次は鳴門海峡の横にある「道の駅うずしお」。
名前の通り、海がきれいでした。

101128_093100a.jpg

この橋を見ると、鉄道が敷設できるように造ってある下の部分がもったいないなあ、と思います。

ここで、徳島の息子さんの下宿から駆けつけたうえぽん氏ZRXが合流しました。
これで6台が揃いました。


昼食は、早々と明石海峡まで戻り、「道の駅あわじ」で。

101128_124033a.jpg

画像右の巨大なものは、明石大橋の橋桁です。


締めくくりは尼崎の銭湯「天然温泉蓬莱湯」です。

101128_142408a.jpg

ここは、温泉マニアのケロリン氏お薦めのお風呂です。
駐車場で出会った帰り際のお客さんが、「ここの湯は、この辺では一番ええで。」と言っていました。



帰ってきて、昨日に引き続き、またバイクを磨きました。
昨日入念だったので、わりと短時間ですみました。
MTのエキパイは神経質で、雨がかかるだけですぐ片が付きます。
意外と取れにくいです。

11月は3回ツーリングに行きましたが、そのどれもが水入りです。
ツイてないなあ。


川湯温泉「仙人風呂」ツーリングは、突然の中止!


今日は、川湯温泉「仙人風呂」ツーリング。
参加は、R1のYSAくん、隼のKNSKくん、それにMTの私の三人です。

101114_074943a.jpg

橋本市内で停まっていますが、休憩ではありません。
トラブル発生!
R1のレギュレーターが不調、電気を使うとエンジンが止まりそうになります。
と…、よく見ると、隼のリアタイヤもおかしい。

101114_082516a.jpg

結局、JAFのお世話に。
電気にタイヤ、トラブルの定番ですな。
隼のパンクも修理した箇所からの微漏れなので、2台とも自走で帰れることが救いです。

結局、健康なMTもここでツーリング終了。
第二集合地点の五条までも行けなかった…。
未明の雨で路面が濡れていたので、走行距離の割にバイクの汚れは思いっきり。

橋本ツーリング? 紀見峠ツーリング?
今日のツーリングのタイトルは、何なのかな。


若桜・隼ツーリング(10/16編)


いよいよ、ツーリングに最高の季節がやってきました!
1年中走っていますが、いい気候ってホンの僅かだよね。

100619-2_mapclick_b.gif

以前より行きたかった若桜鉄道の若桜駅、そしてバイクの聖地である隼駅。


阪神高速池田と中国道宝塚の渋滞で苦労しながら、ようやくたどり着いたのが、道の駅「山崎」。

101016_084816a.jpg


参加は3台です。

まずは、黒HAYABUSA。
シャーシ、ペイントなどがノーマルです。
あとは色々換わっていますが、全部聞いていませんのでわかりません。

101016_084747a.jpg


続いて浪花のキン肉マン、MT-01。
renさんは「かっちょいい。」と言ってくれましたが、あるHPによると「マッチョいい。」というのが正しい、とありました。

101016_084718a.jpg


TPYくんのGPZ。

101016_084847a.jpg

何か、ハンドルが変だ…と思ったら。

101016_084700a.jpg

17インチ換装!
ミシュランのハイグリップタイヤに、「これ何…。マ、マグ…。」
金色の筒だけじゃなかったんけ。



改造度合いの激しい人たちと行ったところは…。

若桜鉄道終点の若桜駅。
C12のSL、転車台、給水塔などがあります。

101016_102047a.jpg


続いて、隼駅。
やっぱ、この駅に合うバイクはこれでしょう。

101016_110830a.jpg


ラストは、智頭の板井原集落。

101016_134005a.jpg


この回の紀行地については、気が向けば、時間のあるときに、少しずつ紹介します。



MT-01は、ようやくオドメーターが 2,000kmを突破。
3,000rpmを維持していると、ぬあわkmぐらいしか出ない。

そろそろ、慣らしやめようかな…。



いよいよ出発!


101016_061343a.jpg


若桜・隼ツーリング、いよいよスタートします。

よくある集合場所の風景。



プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR