九度山柿の郷大橋が供用開始されました。(5/18編)


5月18日(土)、紀の川フルーツラインの九度山柿の郷大橋が供用開始となりました。
式典のあとの数時間が歩行者天国になったので、歩いて橋を渡ってきました。


2019年05月18日、14時13分08秒[1]a


歩行者天国と行っても4時間ある内の3時間目ぐらいに行ったので、人は少なく空いていました。
コンビニで弁当を買って、私の長男と長女の3人で出かけました。
道路開通の見学兼ピクニックの感じ。
道ネタの記事には極めて珍しい登場人物たちです。


2019年05月18日、14時25分58秒a


橋は最新式です。
PCコンクリートがどんどん進化して、桁橋でも長大な橋が作られるようになりました。
そして、その技術はこのような農道にも・・・。

すばらしい。
こんな仕事、私の憧れ・・・。


2019年05月18日、14時23分20秒 - コピー


この日は私の母親のお見舞いです。
少し調子が悪いので今日のメンバーが集まりました。
そんなこんなで、当分の間、遠くへ旅に出にくいなあ。
早く元気になってくれ。


2019年05月18日、15時00分20秒[1]a


紀の川フルーツラインはこの橋の供用開始で、東側半分は完成です。
景色のよい道が、また一つ増えました。






九度山柿の郷大橋は5月18日(土)に供用開始


このブログで何度かネタにしていた「紀の川フルーツライン」の九度山の橋が完成し、5月18日(土)から供用が開始されることになりました。
橋の名前は「九度山柿の郷大橋」です。


2019年05月06日、14時56分31秒a


今日はMT-01を検査のために須川モータースに預けました。
そのあとTMYくんと、トリッカーとTR250の二台で高野山周辺を林道トレッキング。
帰りに、橋の工事現場に立ち寄りました。

橋の工事は全部終わっていて、今すぐにでも走れるような状態です。
周辺の片付けも半日ぐらいで終わりそうな感じですが、供用開始は18日(土)です。
あとは道路標識や橋の名前の表示ぐらいですか。

10:00       式典
11:00~15:00   歩行者天国
15:15       供用開始

http://hashimoto-news.com/news/2019/04/26/53897/


3月に開通した部分を合わせると、R480~橋本市街まで一気に走れることになります。
この道、紀の川の景色が抜群にいいんだよな。
新しい名所の誕生です。






関西のMyRoad 「天理の下り坂」


ツーリングが終わり、あとは家に帰るだけ。
関西のライダーが集まるバイクのメッカである名阪国道「針T.R.S」で最後の休憩をしたあとに、西に向かって走り出すと程なく向こうの方に奈良盆地がチラッと見えます。

やがて道路は吸い込まれるように下りの高速右コーナーへ。
さあいよいよ天理のコーナーです。


130615_map_nara_r192.gif


関西の人なら誰もが通ったことのある名阪国道のこの部分ですが、初めて運転したときにある種のインパクトがあったのではないかと思います。
乗用車もバイクもさしてスピードを落とすわけではなく、そこまでの直線部分と同じように80kmを越えるようなスピードで流れています。
それにトラックも加わります。
車体やエンジンがまちまちですが、下り坂で半分惰力を利用しながら駆け下りていくので、性能差がほとんどない状態です。
それに、私が通る時間帯はたいてい交通量が多いので、抜いていくわけにもいかず、一旦入ってしまうと自由に動けない箱の中にいるような感覚になってしまいます。

五ヶ谷を過ぎたところで現れる左コーナーでは、道路の中央分離帯が注意喚起のためにオーバーなほど黄色く輝き、目を射ます。
最後の右コーナーのあたりまで来るとようやくクルマの隙間ができ、前に出ることが容易になります。



片側が複数車線あって、かつこんなにカーブが続く道といえば、ここと阪奈道路ぐらいしか思い当たりません。
1950~60年代に設計されたと思いますが、古い時代の線形であることがこの二つの道路の共通点です。
ちょっと時代はあとになりますが、阪和道の雄ノ山峠付近もこのような傾向が少し見られますね。


バイクで走ると面白いけど怖い道です。
交通量の多い高速コーナーの連続する道。
転けたらおしまい、後ろから一杯クルマが来ている。
ホントに危ない道だと思います。






オフライン地図アプリ「MAPS.ME」


クルマに乗ると、ナビの道案内が必要なくても画面に地図を表示しています。
縮尺の大きい地図だと近くの道のようすがわかるし、縮尺を小さくすれば出発地点から目的地点の間で自分がどのぐらい進んだかがわかります。
これはなかなか便利だし、私の場合は信号待ちのヒマ潰しにもなります。
勝手に名前を付けると、「(地図上での自分の)位置確認画面」ということです。

ところが私のバイクにはカーナビがなく、スマホのナビアプリで代用しているので、この機能がうまく利用できません。
ナビ画面にすると縮尺が大きすぎて曲がり角など単一目的はよくわかっても、周辺の情報がわかりづらくなります。
またナビ画面にせずに地図だけを表示していると、スリープ機能が働いて画面が黒くなります。
これは設定を変えれば消えないようにできますが、そうすると普段使いではいつまでも画面が表示され続けるということが起こってしまいます。
やっぱりスリープ機能はある方がよく、しょっちゅう設定を変えるのは面倒です。




そんな不便を感じながら使っていましたが、それに応える無料の地図アプリがあることを知りました。
私が愛読しているtakさんのブログ「続・国道な日々」に、「MAPS.ME」という面白い地図アプリが載っていたのでご紹介します。


2019年02月17日、IMG_1419a


この「MAPS.ME」ではスマホのスリープ機能が解除されるので、画面は黒くなりません。
そして、このアプリのウリとしてオフラインで動くこと つまりパケット代がかからないという利点があります。
オフラインで動く地図ソフトがあること自体知らなかったのですが、これなら私のような使用形態でもおカネのことを気にせずに点けっぱなしで使えます(電気代は要りますが)。
スマホのGPS機能のみを使うからだと説明がありました。

それが原因で、ほかのナビアプリと違うところがあります。
アプリをダウンロードするところは同じですが、地図もダウンロードしてスマホ内に保存します。
まず日本地図、そして縮尺の大きい詳細な都道府県地図は画面がそこへ行ったときにダウンロードするかどうかを聞いてきます。
手間なように思いますが、必要なものだけを必要なときに保存すればよく、簡単にできるようになっています。
利用者は、目的地周辺をあらかじめ保存しておいて使っている人が多いと思われます。
つまり、このアプリは地図帳を買ってきそれをスマホに映し、その画面の上に自分の位置を示す矢印が付いているものだということになります。
紙の地図帳と違う点は、無料であることと「詳細⇔広域」が指で自由にできることです。




このアプリがどういう人たちに人気があるかというと、ネット環境が乏しい場所を移動する機会が多い人です。
例えば山登りが好きな人、または外国の田舎の方を旅するのが好きな人などです。
ヒマラヤを旅してても使えるということになりますね。
またネット環境があったとしても、外国ではパケット代不要は大きな武器になるでしょう。
ナビゲーション機能もあるそうですが、それは未成熟とのことです。

最近グーグルマップにもオフライン機能ができたと別の記事で読みましたが、地図の容量が大きくストレージを圧迫するとか。
自分の位置確認は「MAPS.ME」をオフラインで、ナビゲーションはグーグルマップなどのナビアプリをオンライン(ネット接続)で。
目的別で使い分けていこうと思います。




参考 :
「続・国道な日々」
https://kokudoh2.blog.so-net.ne.jp/2019-01-12







阪神高速湾岸線 西進 工事が着手されます。


阪神高速湾岸線の工事が始まります。
といっても、まだ調査や工事方法を検討する段階だけど、予算が執行されるようになりました。
明日、神戸市で起工式の式典が行われます。


2018年12月18日、wangansenenshin_a


場所は六甲アイランド北から神戸山手線の湊川までです。
順調に進めば、私が生きている間にバイクやクルマで通ることが可能です。
そのまま海岸線づたいに垂水の方まで行くルートは今回予算化されず、どうやらこっちの方は100歳ぐらいまで生きなければ通ることはできなさそうです。
そのころには人口やマイカーが減少して、計画が消滅なんてことになっている恐れがあります。
そうならないことを祈っていますが・・・。

ツーリングやドライブで神戸抜けは非常に時間がかかるのですが、一番混むところをかわしてそのまま湾岸線に入れるので、大阪方面に帰る人にとっては20分ぐらいは確実に時間短縮ができます。
ややこしい乗り継ぎも不要になります。



大阪方向から来て、ふらふら六甲アイランドに入ってしまった人ももう大丈夫。
10年ほどすれば、その道で正解ですよ。






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR