和歌山県道3号線 紀北ショート回りツーリング


本日、起床8時20分なり。
トリッカーをスタートさせたのは、何と11時30分という体たらく。

今回も行き先は紀北の山の中です。
それなりにいい道なんだけど、これと言って「どこが目的」というのが定まらないようなツーリングです。
ということで「和歌山県道3号線 紀北ショート回りツーリング」ということにします。


131215_IMG_0172a.jpg


まず最初にいったのが、最初ヶ峰の展望スポット。
4月にここに来ると桜が咲いていて、眼下には旧桃山町の桃畑の美しい花が見え、ダブルの花見ができます。
が、今日は景色はいいものの寒風が吹きすさんでいました。


1131215_IMG_0173aa.jpg


ちなみに今日の服装は厳寒仕様です。
靴下カイロも上下両面貼りの完全装備です。
おかげで上の画像のように、日差しのある牧歌的な和歌山r3を走っているときは、全く寒くありませんでした。
このぐらいだったら、いくらでもツーリングできるぞ!


131215_IMG_0174a.jpg


ところが休憩した丹生都比売神社のあたりから、日が翳り寒くなってきました。
グリップヒーターがあるので運転中は暖かいのですが、休憩すると手が冷たくなってしまいます。
このあたりは標高が高いので、多分気温は3~4℃ではないかと思います。


131215_IMG_0175a.jpg


ひなびた感じの大好きな和歌山線妙寺駅です。
このあたりに住んでいる人、「ひなびた」と表現してすみません。


131215_IMG_0176a.jpg


帰りは、先週に引き続き、鍋谷峠を越えました。
平道路から続く、鍋谷第3トンネルの南側抗口です。
トンネルの入口付近に蛍光灯が付けられ、作業がしやすいようになっています。


131215_IMG_0177a.jpg


峠の気温は2℃。
でも重装備のおかげで、そう寒くはありませんでした。
今日の気温でも、十分ツーリングできるじゃん!
自信ついたな、来週もガッツで走りたい…     と思っていたら…。


帰ってきて、MTのエンジンをかけるとバッテリーが瀕死状態。
インジェクションだからかかった、というレベル。
ちょっとずつ予感を感じていたので、「やっぱ…。」という感じです。
今までの経験からいって、一度死にかけたバッテリーに労力を注いでも全く無意味です。

買います、バッテリーを。
考えます、安物にするかいいヤツにするか。




ショートツーリングでR370へ


朝は早く起きたのにどんどんグズグズ…、出発は10時ごろになってしまいました。
どこへ行こうか…。


131208_IMG_0126a.jpg


泉南ICから風吹峠、岩出橋を通ってR370へ。
ひと気の少ない道を走りたい、と思ったのですが、この道は案外人家が多いです。

1.5車線であまりスピードは出せない道路だけど、このように天気は最高です。
最初はここまで行く気がなかったので高速道路中心になると思い、空気圧を最大にしたのが失敗。
この道路には全く向いていません。


131208_IMG_0127a.jpg


上の画像は2枚とも平成大橋というところです。
新しいトンネルと広域農道があり、快走路でやってくることができます。

ここでMT-01のエキパイを見ると…。


131208_IMG_0128a.jpg


このバイクのスタイルを形作っている重要な部品ですが、非常に神経質です。
いつもピカピカにしているとそうでもないのですが、ちょっと掃除を怠っているとこげ目が付きやすかったり、へんな水滴あとが付いたりします。
帰宅後は、また金属磨きの出番となりました。




京都ツーリング(11/24編)


ツーリングで京都の嵐山へ。
あまりこういうルートを選んだことはないが、今日は誘われてのツーリング。
今年のゴールデンウイーク最終日にお誘いを受けたIKSMさんとその仲間のツーリングです。


IMG_0086a.jpg


秋の行楽シーズン真っ直中で、尚かつ紅葉の美しさで有名な嵐山です。
案の定クルマは数珠つなぎで、目的地が近づくにつれフン詰まり状態に…。
すり抜けができない道路なので1km走るのに1時間ペースを覚悟しましたが、運よく二輪車は旅館街を通ってメインの渡月橋を南側から渡ることができました。

そのあとは大原三千院に行く予定だったのですが、鯖街道沿いなので、ここから京都を横断するとまた市街地&渋滞路の連続…、もしくはR477百井峠の強行突破です。
R162周山街道をそのまま進んで美山に行こうと提案すると、採用されることになりました。
正直ホッとしました。

周山街道も高雄のあたりは数珠つなぎだったけど、だんだんと交通量が減って走れるようになってきました。
交通取り締まりで有名な道路なので、かなり気をつけて走っていましたが、この日はレーダーなどは全く行われていませんでした。


IMG_0088a.jpg


美山の北地区は、かやぶきの里の前にあるソバ畑の新ソバが振る舞われる時期とあって、それなりに混んでいましたが、それより何より、驚いたのはバイクの数でした。
新ソバの大盛りを腹一杯食べて食べて、満足!


参加バイクは上から
IKSMさんのCB1000。
FさんのCBR1000RR、国内使用だそうです。
NさんのINAZUMA。
Iさんのハーレークラシックです。
前に書いた通り、これらの方々は仕事のお客様です。


IMG_0093a.jpg

IMG_0090a.jpg

IMG_0091a.jpg

IMG_0092a.jpg


最後は職場の後輩のKNSKくん。
白いHayabusaは車検に合格したとのことで、一時よりはまともな格好になっていました。
KNSKくんはバイク以外は常識のある人間です、念のため。


IMG_0089a.jpg


構図として、社員2人でお客様4人を接待したようなツーリングになりましたが、いろいろな話ができて楽しいツーリングでした。

この方面に行くツーリングとして、京都縦貫自動車道が名神とつながったことは、大阪南部からアプローチする際の時間短縮という意味でありがたいことです。
近畿道、第二京阪、京滋バイパス(逆進)、京都縦貫で嵐山や美山へ…、渋滞の多い名神を使わずに済みます。
この日も、園部ICからあとはずっとハイスピードで帰ることができました。

でも、これは帰りだけにしよう。
朝はやっぱり、下道ワインディングの方がいいよな。




加太へ


ショートツーリングへ。
ここは和歌山市の加太港です。
ここから友ヶ島行きのフェリーが出ます。


IMG_0083a.jpg


今日は休日出勤の代替日です。
月曜日ということで、バイクでツーリングしている人はめったに見かけません。
唯一、加太でハヤブサやハーレーが雑居している5台ぐらいのチームと遭遇しました。
月曜ツーリングクラブってヤツかな、近所にも散髪屋さんをしているバイク乗りが一人います。


IMG_0075a.jpg


上の画像は紀ノ川SAです。
実は昨日MTのエンジンをかけてみたところ、ワンテンポあってセルが回ったので、こりゃいかん、となったわけです。
まずは高速道路を30kmほど走り、充電完了です。
元気なバッテリーでもMT-01のセルの回る音は重く低いので、ほかの車種に乗っている人が聞くと、バッテリーが上がりかけかな?と思うようです。
私も購入した当初、そう思いました。


IMG_0077a.jpg


まず和歌山市内のラーメン屋「丸太屋」で腹ごしらえ。
二年前にKNSKくんに教えてもらった店で、来るのはそのとき以来です。
和歌山ラーメン本流の味?と思います。


IMG_0076a.jpg


和歌山市街から加太方面に進みます。
このへんの道は学生時代によく通ったので懐かしいです。
ただ新しくできた4車線区間には大きなショッピングセンターができていて、そのにぎやかさに驚いてしまいます。


IMG_0081a.jpg


友ヶ島へ行くフェリーが出ている桟橋は高架道路の真下にあるので、旧道の方から入っていかなければなりません。
上の道路が旅館街を通って淡島神社に向かう道です。
回りのカタチから考えて、新しい道を造りここに橋を架け、そのあと港の機能がより海側の方に拡張されたように見えます。


IMG_0080a.jpg


ここからフェリーの出ている友ヶ島へは、仕事で数回訪れたことがあります。
今から15年ぐらい前までは深日港からもフェリーが出ていましたが、今はここだけだと思います。
島内を一人で歩いているときに、大きなシカが道の真ん中に立っているのに出会い、ビックリしたことがあります。
まあ、シカより大きな動物はいないようなので安心ですが。


友ヶ島は最近人気が出ているようです。
砲台跡や古いレンガ造りの建物が、心霊スポット的な感じがするのでしょうか。
下の画像は2002年に訪れたときのものです。
今はもう少し整備されているかも知れません。


09060021a.jpg


日露戦争直前にできた施設なので、軍事ファンにも満足できる島ではないかと思います。
島内の道路は、明治期の山道としてはどこも広く、物資や兵器が運びやすいようになっています。
海岸線にも、効率と機能優先で強引に道路をつくるものだから、水が流れ出ることができない沢がいくつもあります。
自然破壊もクソもないって感じです。

海峡に面した方は、そうした人工的なものを土で覆ったりして隠しています。
例えば、上の画像に映っているのは建物の3階か4階の部分だったと思います。
この基地の建設によって、島の形がだいぶん変わったことでしょう。
建設当時の想定は「ロシアバルチック艦隊の大阪湾進入阻止」です。
また1945年までは、この島を地図の載せることが禁止されていたそうです。


IMG_0079a.jpg


港まで行っただけなのに、友ヶ島へ行ったような記事になってしまいました、スイマセン。

帰りに、関西空港が見える対岸のりんくう公園で寝そべって空を見ながら休憩していると、天気はいいがイヤに雲が多いことに気づきました。
念のために雨雲レーダーを見ると… w(゚o゚)w
淡路島で雨が降っている、しかも雨域はすでに大阪湾へ!

ガバッと跳ね起き、即座にエンジン始動です。
阪神高速をかなりの速度で走って、何とかセーフで家のガレージに滑り込むことができました。




玉置神社&紀和鉱山資料館ツーリング(9/28編) ; その4


稲刈りの終わった丸山千枚田です。
刈り込んだ稲の根もとから少しだけ新しい芽が出ていて、それが色合いの豊かな風情を醸し出しています。
急いでいたので、写真を撮っただけでタッチアンドゴーです。


130928_132140a.jpg


丸山千枚田からはr40を北上します。
途中にあるr52との合流点のところに長井という村落があり、尾川川に沈下橋があります。
今まで、この道を通るたびにこの橋を見てきたので、いつか写真を撮ってやろうと思っていました。


130928_133622a.jpg


味のある小さな橋ですが、道幅が狭いのでバイクで渡るのは止めといた方がよさそうです。
変な気を起こさん方がええ、失敗したら取り返しがつかん。

そこを越えて2~3分進むと、右手に目的の昼食場所が現れました。
店の名は「ちゃや」、そのものズバリです。


130928_135228a.jpg


店の入口には「やってます」の札が掛けられています。
大阪的ノリだなあ、と思いましたが、それは当たっていて、この店の女主人はもと豊中市の人。
ご主人の話は出なかったのでわかりませんが、定年退職を機に都会の喧噪とマンション住まいから逃れ、この三重県の山奥へ I ターンとのことです。


130928_135146a.jpg


一旦は、ここからさらに山奥の赤倉というところに居を構えたそうですが、その建屋を買い取ることができなかったので、こちらへ転居したとのことです。
話し好きなおばさんが、趣味でやってる結構なお店ということですね。

昼食時間が遅かったせいか、ここでも客一人、店の人が一人状態です。
それで、いろいろな話ができたわけですが…。


130928_135311a.jpg


私は、どちらかというと食べ物には無頓着な方なので、こういう感じの店を探しながら来るのはめずらしいのですが、紀和鉱山資料館を調べているうちに偶然見つけたので、今回の来店となりました。
ジビエカレー(狩猟の鳥肉)を食べました。
最初は、ジエビ(地エビ)と思っていたので、こんな山奥でエビを出すのか?と勘違いしていました。


130928_140002a.jpg


家の中は広く、ゆったりしています。
「ちゃや」なので、コーヒーだけでも立ち寄れるようです。

いろんなランタンを置いてあります、趣味かな…。


130928_140844a.jpg


帰りは、R169から不動トンネルで下北山に抜け、ほとんど休憩なしで吉野を通って帰りました。
トリッカーで、オーバー300kmのツーリングは、やはり少ししんどいかな、とも思いました。
特製ザブトンが少しずつヘタってきたからかなあ。
それとも、やはり最後の行程で、気がせいていたからかなあ。

お祭りの反省会には、ギリギリセーフで間に合いました。


<おわり>




プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR