RYUBEミーティング 20181209 岬~正善~加太


今日はツーリングクラブ「RYUBE大阪」のミーティングがありました。
といってもさしたる案件があったわけではなく、久々に顔を見たくなったという感じ。
下の画像は最後に訪れた加太漁港です。


2018年12月09日、12時16分29秒a


しかし、久しぶりに会うメンバー。
どこからとなく、案件が降ってきました? というか湧いてきました。
一つは「またみんなで信州へ行きたいな。」、それからもう一つは「renさんが大阪へ戻ってくることだし、新年会でもしたいな。」の二つ。
それぞれ、みんなが知恵を出し合いました。
(が、ほとんど決まっていません。ともかく新年会はする。)


2018年12月09日、10時55分20秒[1]a


低い気温が予想されたため、集合場所は名阪針テラスから道の駅「みさき」に変更。
でも、思っていたほど寒くはありませんでした。

それから和歌山市のラーメン屋「正善」に移動です。
参加者はルーキーさん、くるりんさん、ケロリンさん、はるさん、そして私Rip。
はるさんは息子さんの単気筒CBRでの登場です。
マッチンさんが見送りに来てくれました。


2018年12月09日、12時15分29秒a


ラーメンを食べたあとは加太漁港に移動します。
いわし?やったかな、網ですくい捕り。
この店の兄ちゃん、明るい人です。
これも料理して売り物になるのかな。

ミーティングと全走行距離が100kmちょいのミニツーリングでした。






日生カキおこツーリング(11/23編)


カキは昔から私の大好物でしたが、こんなにも流行ると思っていませんでした。
各地のカキ産地の関係者が、いろいろとPRをがんばった成果なのでしょうか。
それはわかりませんが、私にとってはうれしいことです。


2018年11月23日、12時16分18秒a


友人のTMYくんと2台で、日生のカキおこを食べに行ってきました。
行った店は「タマちゃん」、カキおこツーリングは初めての私でも、名前を聞いたことがあるお店です。
何でも、この手の店では一番人気とか。
店の中のようすは、予想通り「見た目より味」を標榜しているようなたたずまいです。



カキがたくさん入っているので、お好み焼きをテコでどのように切っても必ず一つぐらいはカキが入っています。
その潮の香りが口の中に充満し、心地よい感じがします。
幸せな感じとは、このことかな。

できあがりにはソースが半分だけかけられています。
なるほど、カキの味を楽しむには、ソースのない方がむしろうまいかも知れません。


2018年11月23日、11時37分36秒a


味とは関係ない話だけど、この店ではきれいな人が二人働いています。
二人ともとてもよく似た顔をしていて、一人はきれいな女の人、一人はきれいな女の子という感じなので、多分姉妹だと思います。
まあ、この差は私の歳からすると、札幌と小樽ぐらいの差ですが・・・。
カキおこができるのを待つだけでなく、キョロキョロもしていたわけですね。



途中でお巡りさんが店中に入ってきて、前の道の路上に不法?駐車しているクルマの話をしていきました。
何となく、大阪のお巡りさんより優しいな、と思いました。
お巡りさんも、通報があったから仕方なくやって来たのかな、とも思いました。

対応していたのは、私たちのそばでカキおこを焼いていた店の兄ちゃん。
わりと「口のエラい」兄ちゃんでした。
この人も兄弟なのかな。


2018年11月23日、12時22分02秒a




「タマちゃん」を出たあとは、私の希望で赤穂城址に立ち寄りました。
赤穂城はもともと天守のない城だそうで、この櫓が一番見栄えのする建築物ということになります。
もちろん復元されたものです。

今までに、何回もテレビに登場した門ですね。
そういう意味ですばらしい。
赤穂浪士の話、みんなが好きな話ですね。


2018年11月23日、13時25分46秒a


その中でも一番人気が大石内蔵助。
その邸宅の長屋門です。
説明を書いた案内板によると、解体修理をしたもののホンモノとのことです。

浅野さんより大石さん。
それが証拠に隣にある大きい神社も大石神社でした。


2018年11月23日、13時34分26秒a


城の回りは、市の施設を含む大きな公園のようなエリアになっています。
建物はないけど、石垣は順次整備されているようです。
石の積み方がちょっと最新風すぎるな、と思うところもありましたが。


2018年11月23日、14時07分02秒a


帰りに寄った道の駅「御津」は海がきれいに見えて、とてもいいところですね。
バイクが一杯停まっていました。

久しぶりの2号線バイパスがらみの行程でした。
あとで知った話ですが、神戸線の京橋、摩耶から湾岸線に乗り継ぐのは住吉浜以外に六甲アイランドでもOKみたいです。
超混んでいるとき、クルマだったらその方が早いかも知れませんね。

凍結状態に近かった阪高湾岸線の延伸工事(六甲アイランド-湊川)が始まるそうだけど、早くできて欲しいな。
でもそのころ、まだバイクに乗れてるかな。






鈴鹿サーキットの「Legend of Formura」(11/17編)


「RICHARD MILLE」のスポンサードによる『SUZUKA Sound of ENGINE 2018』の催しに行ってきました。
どんな催しかわからずに行ったけど、リシャール・ミルというスイスの時計メーカーの社長の持つクラシックなレーシングカーのコレクションを使って、往年のエンジンサウンドとその走る姿を楽しむイベントということだそうです。


2018年11月17日、11時25分21秒aa


上の画像は「葉巻型フォーミュラカー」のレース。
このほかにも出場したクルマは一杯あるけど、だいたい60's~70'sあたりのF1が一番数多くありました。
https://www.suzukacircuit.jp/soundofengine/

私の目を引くのは、やはり若くて熱かったころの思い入れのあるマシンです。
マクラーレンM23やロータス79などなど。
ただ昼食時間と重なったためピットウォークには行けず、残念ながら画像はありません。



昔はスポーツカーと呼ばれていたと記憶しているグループCのマシンも数多く走っていました。
こちらの方はちょっと年代が新しく、この中で目立ったのはロータリーのカン高いエキゾーストノートを響かせるMAZDA 787B。
ルマン優勝の戦績を誇っていますが、この日はヘッドライトのない一般レース用の仕様車でした。

で、このマシンを駆るのがミスターロータリーともいえる寺田陽次郎さんらしい。
すごい懐かしい名前!
ほかにもレジェンドレーサーが一杯いたけど、ロータリーサウンドとともに、この日の私のMIPです。


2018年11月17日、10時29分00秒a


サーキットの入り口広場では懐かしい往年のクルマが並べられていました。
どの車両も現役の一般オーナーのもののようです。

ということは、例えばケンメリのGTR持ってたら、どこへ行っても駐車料金要らん上に目的地の真横に停められるのかな。
ま、そのクルマをオーナーとして維持しようと思ったら、そんなケチ臭いこと考えないと思うけど。


2018年11月17日、15時13分21秒a


TE27のレビン発見!
懐かしいなあ、私は40年前にこれとほぼ同じトレノに乗っていました。
27型当時、トレノとレビンはフロントグリルとテールランプぐらいしか違いはありませんでした。
こんな小さなクルマに乗っていたのか・・・。


2018年11月17日、15時10分58秒[1]a


この日はTMYくんとバイク二台でズド~ンと名阪往復。
関ICからは r144を通りました。
この道初めて通ったけど、なかなかいい道ですね、特に鈴鹿サーキットへ行くのには。
このへんをよく通る人には、知られた道のようですが。


2018年11月17日、09時53分57秒aa


ベアリングを替えたMT-01のハンドリングはグッド。
そう顕著にはわからないんだけど、今日は違和感が皆無でした。
終始いい感じでした。

欲を言えば、もうちょっと切り返しの多い道の方が検証にはよかったんだけど。






「MT in 潮岬」が終了しました!(10/14編)


春と秋に行われるMT-01恒例行事の関西ツーリング、今回は8台で潮岬へ向かいます。
この日の画像のベストショットは大島から見える紀伊半島、写っているのはきれいなフクさんのマシンです。
当日の参加者は最後に書いています。


2018年10月14日、11時58分54秒a


集合場所の吉備湯浅PAを出発した私たちは、紀勢自動車道を南へと走ります。
田辺市以南は阪和道ではなく、紀勢道と名前が変わるようです。
ここの区間が今日のツーリングでは一番ダルい区間、2車線の対面高速でクルマを抜いていくことはできません。
集団で路側帯を使うわけにも行かないし。
南紀白浜ICで自動車道を降り、一般道のR42を走ります。

程なく椿温泉の旅館街、ここは南紀ワインディングの始まりともいえるところで、いつもワクワクするところです。
この区間、新設の自動車道はすさみ南ICまで伸びていますが、実はまだ一回も走ったことがありません。
直線+トンネルばかり+対面2車線道とあまり面白くなさそうなので、今回は何回も走ったことのあるR42を楽しみます。


2018年10月14日、08時23分25秒a


道の駅「椿はなの湯」で休憩です。
この道の駅はできてから8年ぐらい経つそうですが、停まるのは初めてです。

ここからはフリー走行で、各自マイペースで景色を見ながら進みます。
いつ走っても気持ちのいい道です。
R42の南紀ワインディングの魅力は、何といっても太平洋です。
右に海、左に山、そしてたまに小さな町が現れ、ときどきそこに漁港があります。
シーサイドワインディングはどこでも気持ちがいいものですが、この区間はその長さから関西屈指のコースといえるかも知れません。
ただ紀南地域の産業道路と生活道路を兼ねていることと自動車専用道路がないところがあることで、都会から離れているわりにはクルマはたくさん走っています。
追い越し加速に優れたマシンなので、サクッとパス。
行程は時間通りに進み休憩も適度にあったので、目的地である潮岬までは意外と短く感じました。


潮岬での滞在時間は10分たらず・・・、すぐに昼食場所へ移動です。
目的地であったわりには、かなり軽い取り扱いだったかな・・・。


2018年10月14日、10時59分44秒a


豪華な伊勢エビが食べられるということで、向かった先は大島の先っちょにある樫野釣公園センターのレストランです。
見栄え抜群の伊勢エビですが、食べた人の話によると量はわりと少ないそうです。
私は勝手ながら、普通の刺身定食を食べさせていただきました。

上の画像はこの釣り公園の海岸から東側を写したものです。
この日の波はわりときつく、ここ場所ではとてもじゃないが泳げないぐらいでした。
漁船を修理するときに引き上げるための平たいスペースがあったので、そこで30分ぐらいみんなでのんびりしていました。

昔の話ですが、この大島には1980年、まだ橋のなかった時代にフェリーで渡ったことがあります。
そのフェリー、何とバイクをロープでくくらなかった!
バイクはメインスタンドを外していたので、サイドスタンドのみ。
でも全く揺れない船で波もとても穏やかだったので、バイクを離れても大丈夫だったことを覚えています。


2018年10月14日、13時09分32秒a


出発したかと思ったら、また15分ぐらいで休憩。
今日の橋杭岩は、私が今まで見た中で一番の引き潮で、そのへんを歩き回れる状態でした。
皆さんは勇んでその浅瀬を散策、それもだいぶん先の方まで・・・。
ここで停まった甲斐があったなあと思いました。

最後は、勝浦漁港の足湯につかってまったり。
それで気づいたんだけど、この足湯の真横に「勝浦漁港にぎわい市場」という新しい建物ができていて、そこにバイクも停められる。
近くのコンビニの駐車場で待っててくれた人もいたけど、こっちに停めときゃよかった・・・。
スイマセン、次回があればそうします。


2018年10月14日、10時34分00秒a


<この日の参加者>
スーさん    (奈良県)
フクさん    (奈良県)
かべちゃん   (大阪府)
yuhiroさん   (大阪府)
ミッチェルさん (大阪府)
Rip      (大阪府)
この6台のMT-01に加え、今回もTMYくん(Z900RS)ととっちゃん(CTX)が参加をしました。

皆さま、どうもありがとうございます。
また走りましょう!






鵜方うなぎツーリング(8/5編)


ここはパールロード入り口の「麻生の浦大橋」です。
左右には生浦湾の視界がパッと広がり、養殖筏や漁船、漁港がたくさん見えるすばらしい景色です。


2018年08月05日、11時04分41秒a


ここで写真を撮りたいと思って久しい…、最初に思ってからもう10年以上たちます。
橋の上はバイクを停めるスペースがありません。
それで一人のときも、何となくいつも通り過ぎていました。


2018年08月05日、11時04分44秒a


今日は、仲間に先に行ってもらって、橋のたもとから数枚をパチリ。
ついでに逆方向もアップしてやれ。
パールロードはよくツーリングに行くところで、この橋は通るたびに目を楽しませてくれる私の好きな場所の一つです。


2018年08月05日、11時05分05秒a




今日はyuhiroさん企画の「鵜方うなぎツーリング」です。
第1集合場所に集まった3人の仲間と一緒に、R166高見峠越えで伊勢方面をめざします。

猛暑といわれる今年ですが、朝のうちの山間部は比較的涼しく、このルートは正解でした。
下の画像は、高見トンネルを越えたところにある松坂市のモニュメントのあるところです。
psp(ピットストップポイント)ですが、時間がたっぷりあるということで、通常の休憩になりました。


2018年08月05日、07時46分22秒a


今日の参加者は全部で8名です。
左上からFことフクさん、右上がyuhiroさん、続いてふるっちきさん、スーさん。
フクさんの青いマシンはスペシャルペイントです。
美術品みたいにきれい。


2018年08月05日、無題①


下の画像は、かべちゃん、babaさんのモトグッチグリーゾ1100、Rip、それとbabaさんのご友人のW650さんです。
babaさんの伝説はいろいろ聞いていましたが、バイクで一緒に走るのは初めてです。
伝説に納得。


2018年08月05日、無題②


連日流される熱中症の報道で、普通なら気持ちが萎えるところです。
でも、この日は「一日中、温室の中にいるんだ。」と強い気持ちでツーリングに臨んだので、暑くても気持ちがヘロヘロになることはありませんでした。
オレもまだまだイケるぞ。


2018年08月05日、14時02分24秒a


伊勢道から二見、鳥羽を通り、パールロードを順調に進みます。
鵜方の中心部にやってきて到着したのが、昼食場所の東山物産です。

土産物会社のような名前ですが、かなり有名なウナギの店です。
満員で少し待ちましたが、yuhiroさんがちゃんと予約をしてくれていたので20分待ちぐらいで席にありつくことができました。


2018年08月05日、13時25分07秒a


私は食べ物を求めてツーリングに行くことは滅多にないのですが、だからといって、こういう人気店を全く知らないというのも寂しいものです。
このyuhiroツーリングでは美味しいものを食べる企画が多いので楽しみですし、いろいろと話題も豊富になります。

ただし、いつも感じることなのだが、食べるスピードは皆さんと比べてめちゃめちゃ遅い。
ということで、ウナギ2枚のご飯(中)を注文しました。
これでもご飯が多かったですね。
暑いので、ビールで乾杯! ノンアルだよ


2018年08月05日、12時02分56秒a


お馴染みの集合写真です。

家に帰ったのは朝のスタートから12時間以上たってからです。
帰宅後、気持ちの張りがなくなるとグダーとした気分になりました。
「やっぱり、この時期のツーリングは暑すぎる…。」






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR