賢島ツーリング(11/30~12/1)


一泊二日の日程で志摩半島の賢島にツーリングに行ってきました。
下の画像は賢島のものじゃなくて、往路で立ち寄ったR260沿いの大紀町錦漁港横の海水浴場です。


2019年11月30日、13時08分12秒aa


同じく、下は錦漁港のようすです。
こんな漁港のようすをたくさん眺めながら旅をしたかったのですが、このあたりからガソリン残量が気になりだし、十分に景色を見て回ることができませんでした。
R260をもっとゆっくり堪能したかったのに、残念なり。


2019年11月30日、13時51分22秒a


下は浜島の大矢浜海水浴場の西側にある夕日スポット。
なぜか近所の人が並べたと思われる椅子がいくつもありました。
素敵なところです。


2019年11月30日、15時53分52秒a


賢島なら日帰りでも行けるところですが、TMYくんの会社の保養施設があるということで、二人で行き帰りともにノンビリ行程のツーリングをすることになりました。
楽ちん、格安ででいいところに泊まれてラッキー。



ちょっとしたホテルライフを味わい、2日目は定番のパールロードへ。
いつもは鳥羽側から通りますが、鵜方側から走るのは珍しいですね。
天気がよく、この時期にしては最高のツーリング日和でした。


2019年12月01日、09時29分22秒a


帰路は往路と同じくR166高見峠を通ろうと思っていましたが、何と勢和多気ICの降り口を見落としてしまい、そのまま次の松阪ICまで行ってしまいました。
このまま伊勢道を行くことも、もしくはR166を通るために道を引っ返すことも、どちらも私の性に合いません。
ツーリングマップルとにらめっこすること約1分。
r58、r67と県道を使い一志まで出て、r15でR368の美杉町をめざすことになりました。

このへんの県道、いいですね。
豊かな田園地帯が広がっていて、石高が多かったといわれる伊勢国の豊かさがわかります。
特にr15沿いを走るようになると、雲出川とJR東海名松線が旅の友になります。
広々とした田園の中にある屋根だけの小さな伊勢大井駅、う~ん最高ですね。


2019年12月01日、chinkabashi_a
※ グーグルマップより

雲出川に架かる沈下橋を発見。
このあたりの番地は津市白山町南家城で、奇岩の多い渓谷美は「家城ライン」と呼ばれているそうです。
ピクニックに行けそうな河原が広がる、とても素敵な川縁です。


2019年12月01日、13時33分10秒a


名松線の終点の伊勢奥津駅はR368沿いにありますが、そこへ行くための山越えをしなければ行けません。
そのために、最後だけ鉄路は山岳鉄道の様相を呈します。
いろいろ変化に富んだ路線です。
その横をずっと走ってゆく三重r15、この道を通るのは10年以上ぶりです。
いい道ですね、サイコー。


2019年12月01日、14時33分47秒a


名松線は2009年の台風の被害で家城駅-伊勢奥津駅間が不通となり、一旦は廃線になりかけたのですが、地元の強い要望で2016年に運転を再開した歴史を持っています。
R368を通るときはこの伊勢奥津駅でよく休憩をしましたが、長い間汽車(気動車)の来ない寂しい駅でした。
この日は元気な駅の姿を見ることができ、満足でした。


2019年12月01日、14時35分27秒a


帰り道でも燃料警告灯が点灯し、給油のために渋滞している道を通らなくなってしまいました。
これは反省点。
「これからは、もっと計画的にガソリンを入れよう。」






生きてます! キャンピカ明野に行ってきた。


だいぶん長いこと更新が滞っていました。
筆から遠ざかるとますます書くのが億劫になって、ブログのない生活が身に染みついてしまう・・・。
いい文章を書こうとしてもどんどんさえなくなる。


時間がないのは、リハビリで行ってるプールで今までにない時間が割かれるからですが、わりと気に入ってるので楽しく通っています。
しょっちゅう行ってると「プールの青春」みたいなこともあって、ネタがないわけではないんだけどね。



そんな中、9月28~29日の「きくハムBBQ in キャンピカ明野」に参加するために山梨まで行ってきましたよ。
ただしMT-01ではなくハイエースで。
しかも前後一泊ずつ付け足して三泊四日で。

皆さん、身体のことで温かい言葉をいただきありがとう。
次はMTで行くよ。


2019年09月29日、DSC00474_a
※ Image courtesy of Moripy






キャンプツーリング in 須原親水公園(5/25~26):その3


昨日は3台だったMT-01が4台に。
2日目の朝、フクちゃんがキャンプ場を訪問に来てくれました。
よし、これで帰路は4台だ。


2019年05月26日、08時19分41秒[1]a


「昨日の夜は、確か遅くまで起きていたな。
 でも何を話したかはほとんど覚えていない。
 それほど大事な相談はなかったような気がするな・・・。」

若干、頭が痛いような気がしましたが、とにかく撤収作業です。
「豊かに店を広げるほど、撤収作業は面倒くさい。
 コンパクトにやると、後片付けは楽だけど潤いが少なくなる。
 両方を兼ね備え、うまくやるようになりたいもんだ。」
キャンプ自体もたくさん経験していないので、そのへん奥深いですね。
上手な人を見習おうっと。


2019年05月26日、09時07分25秒a


帰路は、別にどこに寄り道するわけでもなく、一直線に西方向を目指します。
でもキャンプの2日目ということで、何となく疲れています。
「昨日はスーさんとだいぶん話し込んだので、飲み過ぎ&寝不足か・・・。
 それに比べて、yuhiroさんはよい子の時間に寝ていたな。」
これって一生直らんのかなあ。

コンテナボックスの上の部分があいているので、ゴミを持って帰る役に立候補。
うん! 我ながらエラい。


2019年05月26日、11時17分00秒a


帰りは高見峠の少し東側にある「おふく茶屋」で休憩しました。
ここ10年以上前にカッパを着るために停まったことがある場所で、どんなところかはっきり記憶していませんでしたが、簡単な食事ができ名物の餅が買えるなかなかいい場所ですね。
木陰があり、特に暑い時期にはもってこいです。
今後のために覚えておこう。

今回のキャンプ、何かキャンプの練習みたいなところがあったんだけど、久しぶりなのでいろいろとノウハウを思い出すことができました。
皆さん、ありがとう。
また行きたいな


<おわり>






キャンプツーリング in 須原親水公園(5/25~26):その2


当日のお風呂は勢和多気IC近くの「天然温泉多気の湯」、買い物はその隣にある「マックスバリュ多気店」で済ませました。
R42をちょっと入ったところにあり、バイクで11km、15分ぐらいかかります。


2019年05月26日、06時50分24秒[1]a


しかし、ここで困ったことが一つ起こりました。
スーさんがキャンプファイヤー用に焚き火台を持ってきてくれていましたが、肝心の薪を売っている店がない。
ホームセンターなどを検索して探しましたが、売っていなかったり品切れだったりして、どの店でも買うことができません。
何かこの辺りの一帯、なぜか薪が品薄のようです。

しかしこの点に関してのスーさんの執念はすざましく、キャンプ場に戻ってからも周辺の雑木林や野原、河原を探検して、夜が過ごせる分ぐらいの枯れ枝を探してきました。
そのおかげで、夜は楽しく火を見ながら過ごすことができました。
やっぱりキャンプは火を見ると和むもんなあ。
ありがとうございました。


2019年05月25日、21時45分54秒a


楽しい夜が進行します。
気温が高いので買ってきたビールがぬるくなってしまわないか心配しましたが、その前に全部無くなってしまいました。
わりとたくさん買ったんだけどな。
保険の意味で買っておいた日本酒も完売、翌日のゴミはオール空き缶と空瓶になっていました。


<つづく>






キャンプツーリング in 須原親水公園(5/25~26):その1


唐突ですが、MT仲間とキャンプツーリングを挙行。
きっかけはyuhiroさんのたった二つの言葉。
「キャンプ行きたい!」
「キャンプ道具買った!」


2019年05月25日、14時13分54秒a


スーさんを交え、三人で向かった先は須原親水公園です。
何だ、ここは高見峠を通って伊勢方面に行くときの通り道じゃないか。
場所はR166からR368に入った辺りで、いつもこの横を通っていたはずですが、キャンプ場の存在を全然知りませんでした。

無料のキャンプ場ですが、難点は風呂へ行くのにバイクで行く必要があることと、ゴミを持って帰らなければならないことです。
ま、無料だから仕方ないですね。


2019年05月25日、14時37分37秒


この日は30℃ぐらいあり、炎天下は真夏並みの暑さです。
テントを張ったあとは、河原へ行きました。
普通おっさんたちのキャンプで川遊びはしませんが、ともかく暑くて足だけでも漬けようということになりました。

幸いなことに、素敵な櫛田川が真横にあります。
水がきれいで、海パンを持ってきたら泳ぐこともできたかと・・・。
(もしくは、風呂を省略できたかも・・・。)

水は冷たく、とても気持ちいい。
足を漬けるだけでも、かなり涼しくなりますね。


2019年05月25日、14時37分26秒a


いい気持ちになってゆったりしていると、遠くの方で遊んでいる?ビキニの女の人を発見!
「えー、ここでか・・・。」

子どもも遊んでいたから、この人はお母さんでしょうか。
それとも、友だちと遊びに来ている若い女の人でしょうか。
お母さんなら多分35歳以下、若い女の人なら25歳以下だろう・・・。
普通そんなもんだよな。

まあどちらにしても、ここで一人だけそんな格好をしているということはかなり自分に自信のある人に違いない。
あっちに行きたいなあ。
でも誰も行きませんでした。


2019年05月25日、14時34分16秒aa


上の写真を拡大しても、荒くて余計にわかりにくくなります。
まあ、クリックするぐらいなら・・・。
望遠レンズ、ときには必要だなあ。


<つづく>






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR