紀美野町の林道へ(2/15編)


和歌山県海草郡紀美野町へツーリングに行きました。
場所は高野山の南西でR370周辺です(説明のいる地図ってあかんね。)が、なるべく国道を走らずに林道をつないでいきました。
途中で「みさと天文台」に立ち寄りましたが、閉まっていました。
旅の友はトリッカーとTMYくん250TRです。


2020年02月15日、kiminochou
※ クリック精細

この日は寒い一日でした。
昼は気温が上がり日差しが差す予報だったのですが裏切られ、ずっと10℃以下だったと思います。

服装は革ジャンに革ズボンでしたが、モンベルジャンパー、オーバーズボンの厳寒仕様にしておけばよかったとあとで思いました。
雨に遭わなかったのが幸いです。


2020年02月15日、11時03分04秒a


前日は雨で、期待していた太陽も出てこないので路面は夕方まで乾きません。
舗装面はわりときれいでしたが、全線に渡って木の枝、葉っぱ、たまに石の連続。
そのため緊張感があり、寒さはあまり感じませんでした。

木の枝が多いのは林業が活発に行われている証拠だろうと思いますが、運転する際には気を付けなければ。
特に大きな枝で重大な事故が起きたことがあるそうですから、浮き上がって部分のある曲がった枝は要注意です。
踏んでいかなければ前へ進めないところもあるので、目は路面に釘付けになりました。


2020年02月15日、11時31分41秒a


舗装林道ばっかりでは面白くないので、見つけた枝道のピストン林道に入ります。
グラベルだけど、ここは水はけがよく、マッディなぬかるみはありませんでした。
ユンボのキャタピラのあとがあり、ここでも林業のための生きた道であることがわかりました。

まあそれでも、一日走るとバイクはドロドロだぜ。
自作のフェンダーフラップ"は大活躍です。


2020年02月15日、12時10分59秒a


「どこまでもウネウネと続く長い道」、それがこの日のツーリングを表す言葉です。
これから通る道とさっき通った道が、真上、真下にある感じのところ多し。
百万本ぐらいの木を見たツーリングでした。






林道高原洞川線ツーリング(1/11編)


トリッカー林道トレッキングの新春第一弾「林道高原洞川線ツーリング」です。
旅の友はTMYくん250TRです。
このごろ二人で山深く入っていくことが多くなったので、彼はセローが欲しいなといっていますが、さてどうなることでしょう。


2020年01月11日、10時09分45秒a


下の地図は「OpenStreetMap」です。
ちょっと字が細かいですが、ナビ機能があり、林道がほかのものより細かく載っているので使用しました。

緑が林道始点の天川村洞川温泉の一番奥で、大峰山登山口の少し手前です。
赤は終点の川上村役場、つまりR169沿いの道の駅「杉の湯川上」のところです。
ここからちょっと山側が、林道名になった高原という地名のところです。

地図上の点線が市町村境で、大ざっぱに西側が黒滝村、東側が川上村、南側が天川村です。


2020年01月11日、高原洞川線_a
※ クリック精細

何日か前に黒滝-天川村境の小南峠トンネル付近で、積雪でクルマが動けなくなる事故があった影響で、r48だけでなく、この高原洞川線や吉野に抜ける吉野大峯林道が軒並み通行止めになっていました。
入り口のところで少し迷ったんだけど、大したことなさそうだし、二台だということで、ダメなら引き返すということにして進入していきました。
路面はあまりよい状態ではない舗装林道でしたが、雪はなく、道にあふれた水がシャーベット状になっているところが一箇所あるだけでした。



林道部分に入ってすぐに、五番関トンネルが現れます。
後で調べると、このトンネルの入り口で標高は1,093m!
トンネルの上の山の稜線に沿って熊野古道大峯奥駈道が走っています。

最近、こんなところを走ることがすこぶる多いなあ。
それから、改めて洞川温泉って標高高いんだなと思いました。


2020年01月11日、12時57分17秒_五番関TN_a


傾斜がほとんどない五番関トンネルを抜けると、あとは坂を転げ落ちるかのように下りばっかりです。

途中で吉野方面に抜ける吉野大峯林道の分岐がありました。
次回はここへ行ってみたいなあ。
この道の大部分は、事実上大峯奥駈道といえるところを通ります。
でもさらに標高が高くなってしまうので、冬の間は辛抱しておく方が賢明でしょうね。

そのあとに出くわしたのは、かなり大規模な崩落現場
写真を撮りたかったけど、それが怖いぐらいの迫力でした。
そんなこんだで、今日は写真少な目・・・。
それから、この区間で出会ったクルマは5台ほどだったと思いますが、多分全部ジムニーだったような気がします。


落ち葉や枯れ枝を踏み踏み、落石の間を縫って走るツーリングは終了です。






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR