ビデオアシスタントレフェリー(VAR)はよかったんじゃないか。


ロシアW杯はフランスが優勝し、その幕を閉じました。
フランスは豊富な選手層で当初より優勝候補でしたが、戦術も意識統一されていて、試合が進むにつれてチームの調子もどんどん上がっていきました。
優勝候補が優勝するのは意外と難しいことですが、デシャン監督にとっては采配がすべて成功した会心の大会だったのではないでしょうか。


2018年07月12日、var_TheLAZIALI_COM_a
※ The LAZIALI COMより

このW杯から採用されたルールの一つがビデオアシスタントレフェリー(VAR)です。
映像を使って主審のレフェリングを補助する方法ですが、とてもよかったと思っています。
長所や欠点はいろいろなところで説明されているので、ここではジャンニ・インファンティーノFIFA会長はこんなことを考えたのではないかという私の想像を交え、考えを書きたいと思います。




今から50年以上前、ペレの時代はファールを適宜使うことによって、守備側の選手が得をする時代だったといえます。
警告や退場のルールも口頭で行われ、1970年まではカードもありませんでした。
しかし、魅力的な選手がファールを受けることによってケガをし、出場不可能になっていくことはファンにとって面白くないことです。
だんだんとファールに対する処分が厳しくなり、結果として少しずつ攻撃者有利の方向へ変わっていきました。

マラドーナは82年のスペイン大会で執拗なファールに腹を立て、最後に相手選手を蹴って退場になりますが、86年メキシコ大会ではそんな馬鹿なことはしなくなりました。
両手を大きく広げ、天を仰いで、ときには十字を切ったりしていました。
私はこの姿を見て「マラドーナはレフェリーに文句を言っていない。神様に文句を言ってるんだ。」と思いました。
この姿はそのたびにTV映像で映されるので、まるで不当なファールに耐え、黙々とプレーをしているような印象を見ている人に与えたと思います。
見た目の印象で、攻撃側の選手が有利になる状況の始まりだったと思います。
マラドーナに何らかの形で接触すると、すぐにファールになるという状況が生まれました。
彼はそれを狙っていたのかもしれません。




FWに限らず、サッカー選手にはファールを受けたときにその衝撃を少しでも和らげるために、受け身のような身のこなしをすることが必要です。
特にドリブルの得意な攻撃的選手はファールを受ける可能性が高いので、相手との接触を予測できるようになってきます。
このへんから悪い意味で発達していくのが、ファールを受け、FKときにはPKを得ることを目的としたシミュレーションプレーです。
トップクラスのレフェリーの技術は、ますます高度なものが要求されるようになりました。

そして、今やこういうことは、トップクラスのサッカー選手ならある程度身に着けておかなければならないことになっています。
また、相手にこういうことをされてFKやPKを与えないようにすることも、特に守備側の選手には必要です。
シミュレーションには全くの演技に近い低級なものから、チャージしてくる相手のプレーを予測してそれをファールチャージに見せる巧妙なものまでありますが、これがサッカー選手がうまくなるために身に付けなければならない技術とは思いたくありません。
特に子どもたちにもヒーローである選手が、実はこんなプレーがうまかったなんて、何とはなしに興ざめな話です。

以前に紹介した3人の攻撃的な選手の中ではネイマールが一番ひどく、次にC・ロナウドで、メッシが一番まともだと思います。
これはこのW杯に限らず、ここ数年間の傾向です。


2018年07月12日、video-assistant-refereeing-var-room-2018-fifa-world-cup-russia_Inside Business_a
※ Inside Businessより

今回W杯で採用されたVARはドイツやイタリアではすでに試験導入が行われていて、どうやら時代の趨勢であるようです。
イングランドやスペインなど、ヨーロッパの主要リーグでも採用が検討されていて、ここ2~3年の間でポピュラーな方法になるのではないかと思います。

度を越えたシミュレーションがあっても、現実的にはレフェリーが1回きりのリアルタイムでそれを裁ききれない以上、こういうプレーはいつまでたってもなくなることはありません。
だからといって、すべての場所、年代のサッカーの試合でVARを導入するなんてことは、金銭的な面からいって到底できることではありません。
しかし一定のレベルである、例えば欧州チャンピオンズリーグ、大金の動くヨーロッパの主要リーグなら可能です。

現在、世界のすべてのサッカー選手は、このような大会、リーグで活躍できるプレーヤーになることを目標にしています。
だから、これらトップクラスの試合でシミュレーションプレーを使えないものにすることは、大きな効果があります。
汚いプレーが末端のサッカーでは通じても、トップクラスでは通用しないということになれば、上を目指す選手の考え方は大きく変わり、その波及効果で全体がいい方向に進む気がします。
シミュレーションを「田舎でしか通用しない姑息な技術」にしてしまえばいいのです。




FIFAには、「21世紀においても、サッカーが世界一のスポーツとして存在する」という大きな目標と責任があります。
そのためには、魅力的な選手が正々堂々、お互いの素晴らしいプレーをぶつけ合う魅力的な試合の姿を提供し続けなければいけません。
正当なプレーが、汚いプレーによって妨害されるスポーツではいけません。

そういう意味では、VARはFIFAの一つの提案だったと思いますが、すばらしい方向性ではないかと思います。
役割は「正当なプレーの保護」です。






日本代表の戦い、ベスト16で終了


日本代表のW杯は、決勝トーナメント1回戦でベルギーに逆転を許し、幕を閉じました。
敗退する段階によって評価を受ける場合と受けない場合がありますが、よほどの強豪国でない限り、この成績は立派な成功といえるでしょう。
特に西野朗監督の仕事ぶりは、就任期間が短かったことを考えると、ほぼすべてベストだったと思います。


2018年07月03日、haraguchi_a
※ 毎日新聞写真特集より

最後の2試合で西野監督が重大な決断を要した場面は2つあったと思います。
1つ目はポーランド戦でのボールキープ、2つ目はベルギー戦でのリードした時間帯です。



1つ目のグループリーグ最終戦であるポーランド戦のディフェンシブな戦い。
あの場面では当然な一つの選択肢だったわけですが、ポーランドが勝利と引き換えにあっさり受け入れたために、かなりの長時間にわたって日本のみがボールを保持する、視覚的には異様な姿になってしまいました。
ある日本人ジャーナリストの記事に、「これを論じることはサッカーの普及のためにはいいことかも知れない。」とありましたが、まさにその通りだと思います。
日本のファンに中には「守備的に戦う」や「ラインを下げる」、「引き分け狙い」という言葉をあまり使ったことがない、またはどういう場面で使われているのかを知らない人がいるみたいだから、それを意識して試合を見ればもっと面白く試合が見られると思います。
外国では一部批判があったようですが、どれも三面記事的なスポーツ新聞で、ネタを探してあれやこれや言っているものばかりなので、気にすることはないでしょう。

もちろん勝利を狙うというのが理想的な選択肢ですが、あの悪名高い82年スペインW杯の西ドイツ対オーストリアと比べてそうひどい話ではないように思いました。
あのときは西ドイツが1点取ったあとの約80分間にわたって相手のバックラインへ向かってのロングキックの応酬が行われ、1-0というスコアを動かさずに、2勝1敗ですでに試合が終了していたアルジェリアを、三つ巴にして得失点で1次リーグ敗退に持ち込みました。
この試合は、最終節を同時間帯の行うという今では当たり前のルールを作る原因となりました。

このときの西ドイツ、オーストリアが絶対に失敗しないズルい方法だったのに比べると、日本の今回の西野監督のとった方法はたいへんリスキーです。
同時間帯にセネガルとコロンビアはまだ試合をしている最中だったので、セネガルに得点が入ることでこの方法がもし失敗していたら、正に日本は世界中の笑いものになったことでしょう。
監督は、自分の支配下の選手の攻撃よりコロンビアの選手のディフェンスを信用したことになり、選手との信頼関係はなくなり、世論の激しいバッシングで今までの彼の業績をほとんど失うことになっていたでしょう。
実際のところは謎ですが、日本の指導陣はディフェンスに大きくウエイトを置けとは言ったものの、ポーランドがこれほど意図通りに攻撃をやめるとは思っておらず、極端な姿になった試合に驚いたのかも知れません。




もう一つはベルギー戦の後半です。
原口と乾のスーパーなゴールが決まり、2-0というスコアから、私はどういうメンバーチェンジをしてディフェンス重視の布陣にするのかを考えていました。
が、何と思いつかない!
次々といろいろなことが頭の中をめぐりますが、雑然としている。
下げるのは、ディフェンスの総合的な効果から考えると乾、香川、柴崎、次に原口ぐらいですが、その時間帯はこれら選手によって攻撃のリズムが非常にテンポよく機能しているときで、中盤を一時的に支配していました。
いいリズムを、自らディフェンシブな布陣にすることによって崩してしまうことにならないか。
もうちょっと弱い相手だったら、2点のリードを貯金にして守り切れるだろうが、相手と互角なのはむしろ攻撃の方。
長谷部を2人のCBの間に配置する3バックの布陣(ブロックの後方を5人にする5バック?)があったが…。
これは練習試合不足だ。
西野監督の一番のウィークポイントは…、これは誰でもわかる就任期間の短さです。
今さら言っても仕方がありません。

西野監督は結局「そのまま」を選びましたが、何かを決め打ちするような人ではないので、人生の中でも極端に濃密な、そして迷いも含まれる長い時間を送っていたのではないかと思います。
そう思うと、監督の顔が画面に映るたび、何か苦しいような気持ちになりました。
あとで考えたことですが、あそこでメンバーチェンジをしない監督は4割ぐらい、メンバーチェンジをしてディフェンスを増強する監督は6割ぐらいだと思いますが、リザーブ選手の台所事情やこれまでの攻撃的なスタンスの成功を考えると、私は西野監督の判断を支持せざるを得ないと思います。
ディフェンシブにしてリードを守り切れる保証も、どこにもないのですから。

ベルギーの1点目は幸運によるものですが、それまでの試合内容から幸運はベルギーだけにあったともいえません。
その後の展開は、彼らにとって、今後の試合で中盤が機能しないときに使う高さ勝負のよい経験になったと思います。





試合後、西野監督は「何が足りないのでしょう?」とつぶやいていました。
これに答えて、正しい答えを言える日本のサッカー関係者は一人もいません。

でもこの日本代表は「ある程度足りている」部分は随所に表現してくれました。
足元の技術は高く、パスを中心にした攻撃は強豪相手にでも通用します。
守備ブロックを作るスピードはとても速く、ディフェンスの組織的な動きは世界のトップクラスでした。

つまり日本は先に進めなかったかもしれないが、いいときに戻ったということは確実にいえます。
スペインが負けたからポゼッションはダメというのではなく、パスが強みならスペインと同じぐらいうまくなろう。
いいところがもっと他に秀でていなければ、弱いところをカバーするなんて到底できない。



日本の強み、それがこれからの方向性だと思います。
日本代表選手が拍手をもって迎えられる姿は、とてもうれしい。






ペレ、マラドーナの次に来るのは


スポーツ選手の持つ意欲ややる気というものを測れないかなと思ったことがあります。
数値化することは難しいでしょうが、プロ選手なら一つ考えられることがあります。
それは成功したときの報酬ではなく、失敗したときの損失の大きさです。


2018年06月23日、superstar_a
※ Getty Imagesより

W杯がグループリーグ終盤を迎え、毎日熱戦のようすがTVで流されています。
注目を集める選手が、チームの好不調の波の中で、活躍したり苦しんだりしています。
注目を集める選手といえば、クリスティアーノ・ロナウドやメッシ、ネイマールなど多くの人がその名前を知っています。

過去においても偉大なサッカー選手として人々の記憶に残る選手がいましたが、人の話のタネになるという意味では、やはりペレとマラドーナが1番と2番です。
もうすでに裕福な、例えばクリスティアーノ・ロナウドが欲しいものは、このペレやマラドーナと並ぶ偉大なサッカー選手としての地位です。
成功したお金持ちの選手から、世界中の人から愛されるサッカー選手へとステップアップすることです。




単純にカネだけの計算式でも、
(W杯で成功し、世界中から愛される選手となった場合の生涯収入) - (それに失敗した場合の生涯収入)
この値はとてつもなく大きいものです。

これがアマチュアの選手だと
(都道府県大会で優勝し、全国大会に行った場合の生涯収入) - (それに失敗した場合の生涯収入)
この値は極めて小さく、ほとんどゼロの場合もあります。

つまり、プロはアマチュアより意欲ややる気が大きく、有名な選手のなるほどそれはさらに大きいものになるというわけです。
もうちょっとで手が届く可能性のあった大きな称賛がなくなってしまうことを、大損害と考えるわけです。
何かしら異論続出しそうな私の私見ですが。




世界中のファンから愛されるサッカー選手になるためには、やはり所属チームでの活躍よりもW杯での活躍が不可欠のように思います。
① W杯に何度も出場するみんなの注目選手であること。
② W杯で優勝すること。
③ 人に語り継がれるような、目立つ印象的なプレー(たいていはゴール)をすること。
この3つを完全な形で成功させたのは、ペレとマラドーナです。
①と②だけならベッケンバウアーやジダンがいますが、1番、2番に割り込むことはできないように思います。




今回のW杯でその可能性を秘めた3名の選手は、みんな苦しんでいるようですね。
クリスティアーノ・ロナウドは出足絶好調でしたが、チームが失速気味です。
メッシはグループリーグ敗退の危機を乗り越え、ようやく光が見えてきました。
ネイマールは調子のでないブラジルの中で、苦しんでいるようです。
今日のブラジルの試合を見よう(起きてれるかな?)。






日本代表戦を前に、岸和田選抜は負けました…。


大阪総体の泉南地区予選が泉佐野市南部公園グランドで行われました。
朝と昼の2試合、今日は暑くて選手はみんなバテバテでした。


2018年06月24日、10時19分44秒[1]a


このチームは市民大会社会人の部に属するチームからの選抜です。
といっても、1試合目は大量リードで全員出場です。
2試合目の前半は押し気味のペース。
でも後半、相手は少ないチャンスをものにして1点をゲット。
そのまま試合終了となりました。
ドイツなら、確かここから逆転したんだけどな。

みんな疲れたけど、夜はずっと起きて日本代表を応援するといっていました。
私は挨拶と応援だけだったけど、やっぱり疲れたなあ。






日本代表、強敵コロンビアを撃破!


日本代表が南米コロンビアを2-1で下し、勝ち点3を取りました。
相手選手の退場という幸運に恵まれましたが、そのチャンスを無駄にすることなく、結果を上げたことはすばらしい。


2018年06月20日、m_footballchannel-275911a
※ FOOTBALL CHANNELより

前半の早い時間帯にカウンターからPKをゲット。
これを好調の香川がキチっと決めて先制点を奪いました。

初戦で先制点を奪うのは、2002年日韓大会から続く5大会連続の日本の伝統です。
あまり取り上げられないけど、このことはもっと大きく評価していいことだと思います。
代表チームの試合の準備や入り方はすばらしいということの証明です。


大迫選手の得点もよかったですね。
前線でクサビになり、中盤の組み立てに貢献できる身体の強いFWとしてハリルホジッチ時代から信頼を得ていた大迫ですが、不満は得点が少ないことでした。
ブレイクしてくれ。


グループリーグ突破に向け、セネガル、ポーランドを難敵が続きますが、ぜひ決勝トーナメント進出とさらなるステップへの進化を熱望します。
特にセネガルは身体や運動能力だけでなく、戦術面の出来もよさそうで苦戦が予想されます。
ディフェンスの精度が試される試合になりそうです。
が、日本は日本。
ベストパフォーマンスを発揮できれば、自らのペースを作れるはずです。
がんばれ!




PS.夜なべは続くぞ。






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR