高倉林道


今日は暖かい日、午後から泉南市の高倉林道に行ってきました。


111229_155406a.jpg


大阪平野が見渡せる、新家側から登った絶景ポイントです。
この林道は、この先で大坂夏の陣悲話の伝承のある「お菊松」の横を通り、堀河ほりごダムと紀泉わいわい村の間に抜けています。
ダムは金熊寺きんりゅうじ川の支流である堀河谷をせき止めたもので、ここはまだ大阪府内、府県境はもう一つ南側の梵天ぼんでん山のあるところです。


111229_155432a.jpg


「お菊松」分岐を越えると少しだけ舗装路がありますが、またダートに戻ります。
峠越えの高低差は少しあるものの、あまりガレておらず、ほぼフラットなダートです。
私でも、自信を持って突っ込める道です。




スポンサーサイト

剣山スーパー林道 ; 旅の思い出


トリッカーを購入して1年ほどしたころ、ダート林道では日本一の長さを誇る「剣山スーパー林道」へ出かけました。
2008年の11月のことです。

下の画像は、東側の起点である上勝町にある看板です。
ここを先へと進むと、程なくダートが待っています。
集中豪雨による崩落事故などで、全線走破できないことが多いスーパー林道ですが、このときは起点から終点まで走行することができました。


111227_08-11-01_10-31.jpg


どこまで行っても走りやすいフラットダート。
うれしくてワクワクするところですが、そこはへなちょこオフライダー、87kmは長いです。
「まだ、あんのか…。」「まだ続くんか…。」
終点が来て、舗装路が見えたとたんにホッとする始末。

R195に出てからは、よいキャンプ場を見つけることができず、道の駅の裏にテントを張って寝ました。
次の日も、室戸方面のダート林道を走りましたが、疲れて、道ばたで1時間ぐらい寝たりしていました。
スーパー林道へは、もう一度行きたいなあ、と思っています。


このトリッカーは、ツーリングでわりと「いいところ」へたくさん行っています。
オドメーターは現在12,000kmですが、四国の土はすでに5回踏んでいます。
四国へ行くことが多いのは、友人のTOBOくんがいるからです。
明石大橋を渡ったのは1回だけで、あとは全てフェリーです。

さらに、こいつは北海道、鹿児島も行きました。
いい使われ方をしている幸せ者、といえるのではないかな。


100502_163225a.jpg


ところが、近畿圏となるとさっぱりです。
大阪府、和歌山県、奈良県専門。
北海道へ行くフェリーが出る舞鶴港へ行くのに、兵庫県、京都府を通りましたが、その1回だけ。
三重県も滋賀県も知らない。


111227_07-11-26_14-15.jpg111227_08-02-21_14-18.jpg
 <高倉林道>                    <鍋谷峠>


超近くと超遠いところを受け持ってくれるセカンドバイクです。
ギア比が低いので、80km/h以上は出す気が起こりませんが、そのスピードでは対面の田舎高速でちょっと困るときもあります。
でもそのぐらいのスピードで満足感を味わえるので、安全な乗り物かも知れません。

これからも、がんばってもらおう!




バイクのためのツーリング


仕事が一段落したので、今日は休暇取得。
下のようなものを足の裏に貼ります。


111227_133240a.jpg


MTにだいぶん長いこと乗っていなかったので、今日は保守ツーリングです。
バッテリーやタイヤのために、やはり適度な間隔で刺激を与えてやらねば。

あまり寒くなかったけど、服装はモンベルのジャンパーにシンプソンのオーバーズボンという厳寒仕様です。
プラス、グリップヒーターがあるので、ホッカホカに近い状態。

行き先は和歌山北ICで、そこからUターンして帰路です(ショボ…)。
あまりにも変化がないので、空港連絡道路と阪神高速で帰ってきました。


111227_143454a.jpg


ツーリングしている人には、一人も会いませんでした。
忙しい年の瀬ですから、当たり前ですが。

これから当分は、日帰り温泉が必須ですね。




日暮れが遅くなる


「冬至十日はアホでもわかる」という言葉を、親から聞いていました。

画像の撮影時刻は4時28分。
太陽のようすははっきり写っていませんが、夕方に関しては日が長くなってきました。


111226_162822a.jpg


今年の冬至は、12月22日でした。
しかし、日の入りが最も早い日は、それよりも二週間ぐらい前です。
ということは、その日からは、すでに20日ぐらいたっていることになります。
ちなみに、日の出が最も遅いのは年を越えてからで、やはり冬至から二週間ぐらい後です。

これから、まだまだ寒くなっていきますが、一つの春の兆しです。
暖房器具の少なかった時代の、春を待つ人の心が、こういう言葉を生んだのでしょう。




トリッカーの改造


トリッカーをつくづく眺めていたら、「やっぱり、アップフェンダーやろ!」
ということになり、いろいろ調べていたら…。


111225_trikker_aa.jpg


カッコいい!
BMWみたい(セローみたい)。
ただし、これは先駆者さんの画像です。


それから、さらにいろいろ見ていると、トリッカーでツーリングしているようすに遭遇。

YAMAHA TRICKER "viaggio in marocco"

サポート隊なしでこんなツーリングができるわけない、ただのプロモやないか。
…が、つぶさに見ていくと、このタイヤはどうやらノーマルのようです。

フェンダー改造は必要ないかもね。



PS.またCCRの音楽登場です(偶然)。


プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR