伊吹山登頂(7/23~24編)その5 ; 関ヶ原西町交差点


大阪府に住んでいると、岐阜県の郡部にある一般国道の交差点というのは、交通量の少ないのどかな感じの場所を思い浮かべますが、R365とR21の交差する関ヶ原西町交差点は全然違います。
ここは東西と南北の、産業の大動脈の交点になっています。

大型車の通行がたいへん多く、交差点付近になるとトラックが列を作りズラーっと並び、それに大観光地「天下分け目の戦場」へ行く観光バスが混じります。
あまり広くない十字路を大量の大型車が右左折します。


120724_110858a.jpg


この交差点は大きな意味での東西南北の十字路です。
北側(正確には北西側)の木之本方面からやってきたR365は、この交差点を通り、南側の三重県いなべ市方面に向かいます。
このラインには高速道路がなく、北側も南側もどちらもトラックの通行の多い産業道路の様相を呈しています。


東西に走るR21の方は、西の米原方面から東の岐阜方面に向かっています。
東山道または中山道の道筋がもとになっていて、古くから開けていた街道の改良版です。
上の画像の通り、道路の横に家や店が建ち並ぶ古いタイプの国道の姿そのもので、歩道がはっきりと確保されていません。
すごい交通量が、建物の軒先や民家の玄関先を通り過ぎていきます。
住んでいる人は、ずっとこの状態ですから慣れているのでしょうが…。


120729_map_sekigahara_a.gif


R21に並行するように東西の大動脈である名神高速道路が南側にありますが、名神は次第に南東の名古屋方面に向かうので、例えば大垣市や岐阜市の中心部へ行く場合は、高速を使わずにR21をそのまま進む車輌が多いようです。
道の北側にあるバイパスは、三角形の斜辺のような半分完成のような状態ですが、今のところ北側木之本方面と東側岐阜方面の行き来の時は便利です。
しかしこの道は関ヶ原ICとのつながりはなく、渋滞緩衝の役割は限られます。
といことで、こちらも現役の産業道路です。

もともと交通量が多い上に、関ヶ原ICに向かうクルマの右左折が加わり、交差点はしっちゃかめっちゃかの状態です。
特に、関所が置かれるような狭隘地であった交差点西側は、東西の道が国道以外にはありません。
このために、乗用車が裏道に回ることができず、小型車輌もトラックに挟まれたまま一緒に進まざるをえません。
米原方面からこの交差点に到着するためには、信号が変わったときだけ少しだけ進むというノロノロ運転を延々と続けなければならなくなっています。




伊吹山登頂(7/23~24編)その4 ; 峠なき県境


R365は、大垣市上石津町(岐阜県)からいなべ市(三重県)へと県境越えをします。
ここを走っていると、オヤッという気分になります。
理由は、県境をまたぐのに、これといった峠がないからです。


120726_map_a.gif


北側の岐阜側は揖斐川の支流である牧田川の流域、南側の三重側は員弁川の流域です。
分水嶺は県境ではなく、いなべ市の中にあります。
たまに見かける分水嶺と県境線が一致していない例です。
地図を見ると、県境のちょっと南側で善行寺のある藤原町古田のあたりは、三重県でありながら水流は北側の岐阜県の方へ向かっていることがわかります。
分水嶺は、言わば「たいへんマイルドな境目」になっています。

また県境そのものも、国道を走っていると農地が連続しているところに突然「三重県(岐阜県)」の看板があり、その真横の田畑などは岐阜県なのか三重県なのかさっぱりわからないようなところでした。



三重側の大きなダム湖はは中里貯水池です。
この水は員弁川水系です。
地図で見ると形が北海道の朱鞠内湖に似ているので、どんな湖だろうと見に行きましたが、ごく一部しか見ることができませんでした。


120723_160917a.jpg


水辺を憩いの場所にしようと看板を立てた形跡がありましたが、今は何かの理由で人が入れないようにしているようです。
ダム湖畔に続く、ほとんどの道が厳重な通行止めになっていました。




平成24年度 祭礼物故者慰霊祭 


一昨年に参加した祭礼物故者慰霊祭です。
この真夏の炎天下、各町の各種団体代表が集まっています。
2年前は曳行責任者だったので、画像に写っている集団の中でいました。


120729_135433a.jpg


本年度は主催者側で、手前の方にいます。
といっても下っ端の役ですが。

だんだんとだんじりが近づいてきました。




朝駆け! 早朝の葛城山


朝駆けショートツーリング、短い旅の相棒はミミオ氏とうえぽん氏です。
午前5時に集合場所である風吹峠の交差点に向かいます。


120728_051522a.jpg


朝の堺阪南線はこんな交通量です。
去年、田尻漁港にサイクリングで行ったときは、たいへん快適でした。
本日も同様です。

熊野街道にスイッチします。
こんな道、好きやなあ。


120728_052802a.jpg


集合場所には、すでにお二人が来ていました。
そこから広域農道、r62、神通温泉から紀泉スカイラインを通って五本松で休憩。
私としては、集合場所からいきなり帰り道になるような感じです。


120728_070623a.jpg


すぐに葛城山頂に到着です。
朝が早かったので、とても涼しく快適でした。
神通温泉以降の道は、砂が浮いていたり、路肩の草木がぼうぼうだったりして、とてもスピードを出せる状態ではありませんでした。


120728_070252a.jpg


ミミオ氏のZX11とうえぽん氏のZRX、形は違っていても親戚ぐらいの2台です。
道路の状態が悪かったので、トリッカーの方が走りやすかった(と思います)。

と…、ここで驚くのが、「おじいちゃんの店が半分なくなっている !? 」


120728_070651a.jpg


若い頃からの記憶をたどれば、あのお店は儲かるにつれだんだんに大きくなってきたように思いますが、今回は初めて小さくなっています。
反対に、ロープを張って入られないようにしていたところ(入っていましたが)は、いつでも入れるようになったようです。


111123_100839a.jpg


証拠写真、というわけではありませんが…、去年の秋にramさんと行ったときの画像は上のようなようすでした。




最高のスタート!


オリンピック代表が最高のスタート!


120727_soccer_olympic.jpg


優勝候補のスペインに1-0の勝利。

実は私はこの前まで、こんなことを口にしていました。
「何で大迫を外して大津を使うんじゃ。点、はいれへんやろ。関塚のバカヤロー!」

が、今は言いません。
「関塚監督、アンタはエラい。脱帽です。」
と、言うことに変えました。


これから心配なのは、ピークの早めの上がりすぎ。
優勝するようなチームは、だいたい準々か準決あたりにピークが来ていることが多い。
そういう意味では、格下のカナダに2-1ぐらいで勝った女子の方がうまくいっているとも言える。
まあ、サッカーにおける国際的な地位は、女子の方が格段に上だけど…。

しかし、実力というものは審査で決まるものではない。
結果をあげ、日本のサッカーを世界に示してくれ!
出場している選手たちは、自分の名前が海外のサッカーファンに知られるように、がんばって欲しい。




プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR