RYUBE三方五湖ツーリング(6/29編) その2 ; イカ丼のツーリング


有料道路である三方五湖レインボーラインの入口のところに「ドライブインよしだ」があります。
このドライブインは朝早くから開いているということで、RYUBEのツーリングにはもってこいの食事場所です。


140629_IMG_0938a.jpg


ミミオさんが、「このツーリングは『イカ丼ツーリング』ではなく『三方五湖ツーリング』である。」と言っていました。
しかし参加者の方は、「イカ丼」でも「三方五湖」でも、どっちでもよかったような受け止め方をしている人も多かったようです。
同じような話で、この前那智勝浦町へ行ったツーリングは、私は「勝浦漁港ツーリング」と称していましたが、「マグロツーリング」と略されていました。
このへんは、私とミミオさんの好みは似ているのかも知れません。

私がツーリングの候補地を選ぶ動機は、地図です。
地理的に面白い場所に自分がいる、というのがうれしいような気がするのです。
もう一つは歴史的な想像です。
長篠設楽原や移転前の熊野本宮の場所に立つと、そこで行われたいろいろな過去の営みが想像できます。
そのミックスが、順々に整備されてきた道路網の拡張で、いわゆる「道ファン」という嗜好です。

しかし、こればっかりでツーリングをしていると、特に複数でバイクに乗る場合、少し彩り的に落ちるなあ、とも感じています。
自分は、食べることにあまり執着のない方の人間だなあ、と思います。


140629_IMG_0911a.jpg


この日は吹田SAでうどんを食べました。
近畿自動車道ができる前、名神高速道路に乗るためには、阪神高速池田線で豊中ICまで行くのが普通でした。
このルートで東に向かうのは、今やノスタルジックな感じがします。
昔、お世話になった人が運送屋さんで、「吹田SAのうどんは一番うまい。二番は多賀かな。」と言っていたのを思い出しました。
それからというもの、SAでよくうどんを食べ、この話は本当だなあと思いました。
ただこの日の朝は、ちょっと味が濃くなっていたかなあ…。


<つづく>




RYUBE三方五湖ツーリング(6/29編) その1 ; RYUBEの7台が集合


今日はRYUBE大阪の「三方五湖ツーリング」です。
参加は7台です。


140629_IMG_0913a.jpg


今回の幹事を務めてくださったルーキーさんCBRとくるりんさんF800。
renさんVTZ、ケロリンさんアネーロ、マッチンさんCB1300。
ミミオさんZX11と私のMT-01です。


140629_IMG_0914a.jpg


朝のうちは、前日夜の雨の影響で路面が濡れていました。
ある程度、覚悟していたので、まあ仕方のないことでした。

湖西道路から、くつき新本陣、熊川宿、瓜破名水の滝、常神半島を回りました。
昼食はドライブイン吉田のイカ丼です。


140629_IMG_0912a.jpg


帰路は単独走行になりましたが、悪天候で考えていたルートはパス。
高速オンリーの旅になってしまいました。

帰着後、洗濯物をといれ、風呂を洗って入り、何となくビールを…。
いい気分になってきたので、今日のレポートは終了。
訪れたところの話はボチボチとアップしていきます。


<つづく>




駅の景色が変わります ; その2


この春木駅には線路を跨ぐ陸橋があります。
色は道路にある陸橋と同じうぐいす色で、見た目は少し殺風景です。
利用する人はあまりいませんが、混雑時に踏切の遮断機がなかなか上がらないときなどに使う人がいます。
駅前整備で、踏切の道幅を拡幅するために取り壊されると聞いています。


140606_IMG_0703a.jpg


この陸橋の上からは、街の風景を一望することができます。
この場所が、一回だけ映画のロケに使われたことがあります。
映画の名前は「岸和田少年愚連隊」、そのシリーズの第一作です。

主人公であるナイナイのやべっちと岡村くんが、対立する不良グループに待ち伏せされて、この陸橋の上で殴られます。
「はるい中学校」という名前の学校も登場していました。
自分のふるさとを舞台とした映画が、もうちょっと文芸作品だったらいいのに、と(街の人みんな)思っています。
それで、「いつ、そんなロケしてたん?」「オレの家、映ってるかな。」と、そっちに興味があったとか…。


140606_IMG_0710a.jpg


この映画は、私より少し若い人が書いた自伝的小説がもとになっているので、その年代の人に聞けばいろいろと面白い話を知ることができます。
登場人物の中で、「ケンカする中学生の役は、あいつがモデルになってるんや。」とか、「映画の中の学校の先生は○○先生やで。」とか。
ま、これらは聞く人を選ぶ必要はありますが。


140625_img_1_a.jpg※ クリック解説


駅の北側にはラパークという大型商業施設があります。
長﨑屋岸和田店が中心ですが、安売りのドンキホーテの面積が増えたり、遊園地がパチンコ屋に替わったりで、質感的に今イチになっているような気がします。

駅前の整備事業で、景色がどんな風に変わっていくのでしょう。


140606_IMG_0711aa.jpg


<おわり>




駅の景色が変わります ; その1


南海本線春木駅の海側の道路が整備されるようです。
新しい道をもう一本作り、二つの道を一方通行にすることによって、クルマの流れをよくするとのことです。
踏切がある道も拡張され、歩道を兼ね備えた広い踏切になるそうです。

この踏切は「岸和田で一番通りにくい踏切」、または「一番ゴチャゴチャした踏切」といわれています。
線路に直交する道だけでなく、並行している道があり、踏切前後が両方とも交差点となっています。
つまり、この踏切を挟んで6本の道があるわけです。
その内の2本は一方通行になっていますが、利用者の利便や近くにほかの踏切がないことなどが理由で、踏切を含め、残りの道は対面通行です。


140606_IMG_0702a.jpg


歩行者や自転車もバンバン通ります。
この駅は一部の急行が停車する、それなりの乗降客がある駅です。
すごいのは通勤時です。
遮断機が下りると、踏切を待っているクルマの横、前に、歩行者、自転車、ミニバイクなどがどんどん入ってきて、踏切の両側は道の左右関係なしにダンゴ状態になります。
これで踏切が開いたときに、それなりに対面通行ができることが不思議なのですが、ここの人は慣れています。
この光景を見たある人が、車道上にバイクや自転車の多いジャカルタやデリーなどにたとえ、「アジアを感じる踏切」と言いました。


140624_IMG_0845a.jpg


一番クルマの通行が多い、山側から左折しながら踏切を横断する場合をシミュレートします。

あなたがクルマのハンドルを握っているときに遮断機が開きました。
まずスピードの速いバイクや自転車を通させます。
人がたくさんいますが、ゆっくり左折しながら踏切に進入します。
内輪差で人や自転車を巻き込まないように気をつけると同時に、道幅の半分以上に出てしまうクルマのフロント右サイドを対向車に当てないように、通過する対向車の隙間をうまく狙って曲がっていきます。

ポイントは慎重であること、だがしかし、ジワジワと前進を続けることです。
普通こういう状況では停まっているのが当たり前ですが、相手はクルマだけではなく、平気で動いているクルマの前に出てくる人や自転車にも対応しなければなりません。
待っていたら、ずっと待っているだけでまた遮断機の警報が鳴り、自分の後ろのクルマに恨まれます。
何か、大阪のエキスみたいなとこやな。


140624_IMG_0877a.jpg


またこの駅の近くに岸和田競輪場があり、急に乗降客の多い日があります。
そのために、かつては普段停まらない和歌山市行きの急行が、開催日だけ臨時停車していました。
金目当ての当たり屋事件が起こったことがあり、もともと公営ギャンブルに対する被害者感情のあるこの地域の住民は、「問題が起こるのは競輪があるからや。」という意識が強いです。
今でも、それに関わる特定時間帯の道路の交通渋滞は解決していません。
そういう時間帯は、この踏切にガードマンが配置されています。


ややこしい取り回しの道路工事をするぐらいなら、一層のこと鉄道を高架にすればいいじゃないかと考えるのが普通ですが、北側にある府道40号線(磯上山直線)が線路の上を跨いでいる関係で、この春木駅周辺が高架路線になるのはかなり遅くなりそうです。
私が生きている間にその姿を見ることは、おそらくないと思われます。


<つづく>




夏用のグローブ MONSTER ENERGY


先日の勝浦漁港ツーリングで最近買った夏用のグローブを使ったので、その使用インプレッションを書いてみることにします。
品物の名前は「FOX MONSTER ENERGY コラボ グローブ グリーン/ブラック サイズ M 並行輸入品」ということで、主にオフロード用のようです。
ある人気サイトで紹介されていました。


140621_IMG_0861a.jpg


去年、夏用にと買ったホームセンターもの(作業用)が質感、使用感ともに今イチだったので買う気になったのですが、このFOXの商品もそれほど高級なグローブではありません。
とにかく、その2つを比べてみることにします。

<手のひら・指>
グリップに当たるところに若干のクッションが入っているので、棒を握っている感じは少なくなっています。しかし、6,000円ぐらいのグローブと比べると、ホームセンターものに近い感じがします。値段通りです。

<グリップ感>
緑色の滑り止めが付いているので、自分の握力を助けてくれます。これはアクセルのオンオフに有利だし、いいデザインにもなっている。

<全体の作り>
破れそうなところの補強はそれなりに入っていますが、ホームセンターものと大して違わないように感じます。

<指の動き・使いやすさ>
ホームセンターものと変わりません。暑さも同じぐらいかな(これはまだデータ不足)。

<カッコよさ>
ホームセンターものを大きく上回ります。地味な色合いですが、グローブだけ目立つことがなく、いいかも。それとロゴを見て、モンスターYAMAHAに乗っている気になれます(一瞬だけど)。


140622_41DLgRKVALL_a.jpg ※ AMAZONの画像より


ただこの商品で気になるのが、買ったときは1,980円だったんだけど、今見ると3,000円になっています。
10日ほどしかたってないけど、こんなことってあるんですね。
何か、自分は得したような気がするんだけど、皆さんの参考となるインプレにはならないような気が…。




プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR