カレンダーを一覧掲示


机の前のカレンダーが使いにくいので、バラバラにして全部掲示しました。
こんなことをしようと思うのは、いろいろと予定が輻輳してきたからです。
去年の4月から始まったはずの静かな生活はどこへやら、先々の予定が一杯になっています。

2015年度の手帳も、ちょっと大きめのを買ってきました。
くれる人(商売関連業者)がいなくなったので、これも自分で買わなければいけなくなりました。


2015年02月27日、09時39分37秒a


この方が見やすいし、先々の見通しが立てやすいですね。
そういえば、以前職場にこういうものを貼ったこともありました。
見通しが立てやすいということは、ツーリングの計画も立てやすいということになることを狙っています。

日本地図をずっと貼っています。
「あこへ行きたい、ここへ行きたい。」という気持ちが盛り上がるように、よく地図を見ています。
もともと地図好きですし。
この地図にもカレンダーが付いていますが、2006年版です。
ということは、もう10年近く、この地図を貼っているんですね。
机の前では、いつも日本中をツーリングしていたわけです。




靴下の話


ある日靴下を履くと、ワンポイントの刺繍がどちらも右側に付いていました。
「洗濯をたたむときに入れ替わったんだろう。人に会うわけでもないし、今日はこのままいこう。」
その後、洗濯した靴下をタンスに入れるときに、マークが左側にあるものを探して直しておきました。

何日かして、また同じようなことがあったので、おかしいなと思いましたが、まあその日も面倒くさいのでそのままにしていました。
その内、マークが同じ側にあるのが当たり前みたいになっていきます。

「おかしい? これには何かある!」


2015年02月23日、17時08分13秒a


下の結論となりました。

 ① この品物は、こういう製品だった。
 ② 合計三足あったのが、一足分どこかへ行ってしまった。

ヨメさんに靴下を何足買ったか聞いてみましたが、忘れたとのことです。
でも①ではなく、多分②だと思うので、調査を続行します。
調査対象は、息子2人の洋服ダンスや引き出しなどです。





<追記>
下の息子の部屋にある洋服ダンスの奥から、どちらも左側にワンポイントの刺繍の付いた靴下を一足発見!
推理が当たって、一瞬事件を解き明かした探偵のような気分になりました。

…しかしながら…
全くもって、ネタにするほどの話でもなかったような気も…。




さようなら セフィーロ


もうすぐ、オヤジのセフィーロとお別れです。
オヤジのクルマといっても使用頻度が著しく減っていたので、私の家の者がときどき借りて使っていました。
その後オヤジが亡くなり、このクルマを管理するのは私しかいなくなりました。
一年と数ヶ月、二台目のマイカーとして活躍してくれました。
来月検査が切れるので、新規トランポと入れ替わり、お別れとなります。


20130721_095934a.jpg


軽四や箱バンに乗ることが多かったので、たまに乗ると3ボックスカーの重心の低さを感じます。
私が免許を取ったころはそういうクルマが多かったのですが、長いこと乗っていなかったので忘れていました。
スポーティー!
当たり前のことを改めて知るわけだけど、3ボックスカーというのは、構造上性能がいいわけだ。

私のヨメさんは6気筒エンジンの経験がないので、エンジンがモーターみたいに回ると表現していました。
子どもたちには、クルマの四隅がわかりにくい、見えにくい、などと不評でした。

ツインカム、ターボ、もしくは2,500ccだったら、手放すのを躊躇したかもわかりませんが、そのどれでもありません。
持っていればいろいろおカネがかかるし、そろそろお役御免です。
25年間、ご苦労さまでした。
オヤジを思い出すものが一つ減るなあ。




ツーリングの計画が立てられない!


困ったことになっています。
この4月から、私の住んでいる町の大役を引き受けることになってしまいました。
何やかんやで、用事が一杯ある。

いつかはしなければ逃げては通れない役だったので、この機会に、と思いましたが、一番困っていることは。

ツーリングの計画が立てられない!
バイクやクルマでの旅の計画が、大きく制約される!


去年は本番以外はのんびりしていただんじりの祭りも、今度は準備からフル参加です。
それどころか、私が招集をかけたり、役や用事を人に頼まなければなりません。

さし当たり、現在迷っているのはMT-01のミーティング、去年は4月に行いました。
選挙が2回あり、それをぬって町の総会などがあります。


ムムム…、どうにか切り抜けていきたい。




レコードの音がよみがえったぞ!


昨日は警察署、銀行、クルマ屋と次々に用事を済ませて、最後は日本橋の豊中オーディオへ向かいました。
サンスイのアンプの修理が完了したので、引き取りに行くためです。


2015年02月23日、13時36分41秒a


店内には、あまり見たことがない真空管の付いたアンプがいくつかありました。
トランジスタアンプしか知らないので、思わず見入ります。

それにしてもこのお店、ものが多くて向こうの方へ行くのがすごく難しそう。
手前の方でプチプチで梱包されているのが修理のすんだ私のアンプです。

右側が店主の高橋さんです。
audio-technica製のヘッドシェルにDENONのカートリッジを取り付けてくれています。
ヘッドシェルを貫通させるのではなく、DENONのボルトの方をカットして短くすることになりました。


2015年02月23日、13時37分26秒a


アンプはガリ音が少々残ったとのことで、修理代が2割引になりました。
おまけにカートリッジを加工して付けてくれたのはサービスになり、もともと安いなと思っていた代金は、さらに安くなりました。
ありがとうございます。
帰ってから試しましたが、ガリ音は僅かで、通常使用するところではないので全然問題はありません。
別の店で、この機種のガリ音を完全に消すことは、メーカーサポートのない現状では不可能と聞いていたので、ある程度は予想していました。
これで十分です。


2015年02月23日、16時32分09秒a


家に帰って、さっそく接続。
カセットデッキはOK、MDもOK、最後に楽しみにとっておいたレコードの再生です。
はやる気持ちを抑えながら、慎重に針圧を調整します。
かける音楽は、ステレオの音を調べるのに最も適したレコードを選択しました。
シックの“おしゃれフリーク” ~♪

引き締まった中低音がよみがえりました。
うれしい、満足!
思わず次々とレコードを引っ張り出し、延々と音楽鑑賞が続きます。
最後はやっぱり「オールアバウトプレスティッジジャズ Vol.1」にたどり着きました。

こうなりゃ、あとはスピーカー。
今のも、がんばってくれてはいるのだが…。
効率という意味ではいいのですが、これ以上ボリュームを上げるとウーハーが吹っ飛びそうです。




プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR