石川と大和川をサイクリング(11/19編)


クルマにチャリンコを2台積んで、石川河川公園へ Go!
もともと愛知県への旅の2日目だった日ですが、ずいぶん近場になってしまいました。
石川と近鉄南大阪線の駒ヶ谷駅の間にある、羽曳野市の石川河川公園という大きな公園にクルマを停め、今日は北側、柏原市役所のある安堂をめざします。


2015年11月19日、13時03分41秒a


上の画像は松井井堰です。
こういう水の流れを見ると、その音とともに、さわやかな清涼感を味わうことができます。

この石川サイクルラインという自転車道には、初めて来ました。
トリッカーの近辺ウロウロ散策の旅で、ここに自転車道があることを見て知っていましたが、実際に走るとどちら側の川岸が自転車道に指定されているのかわかりません。
そのため、狭い2車線の車道、トラックがビュンビュンの危ない道から対岸を眺めると、とてもいいサイクリング道があるってこともしばしばでした。


2015年11月19日、13時23分06秒a


やがて、よく知っている石川と大和川の合流地点に達します。
道明寺線という盲腸線のような路線の鉄橋のすぐ横を通ります。
この河内地域内の近畿日本鉄道は、営業路線の中に標準軌と狭軌の軌道が両方あり、この会社が多くの鉄道会社を合併して大きくなったことがわかります。

この向こう側に見えるのは、江戸時代にできた新大和川、つまり現在の大和川です。
工事によって流路を変えたのですが、このあたりは地面を掘らずに堤防を築いただけの場所です。
ちょっと変わった造りの新大和川ですが、社会科の教材開発に関わったことがあり、話せば長いので省略します。


2015年11月19日、14時24分24秒a


上の画像のちょうど真ん中あたりが、石川と大和川の合流点です。
柏原市役所前の、大和川北岸から写真を撮っています。
ここで昼食です。
この日は寒かったですね。

この川原の広場で、ごく直前まで、大勢の小学生が遊んでいました。
見学に来て、弁当を食べたあとの楽しいひとときだったみたいです。
先生の指導の行き届いた、感じのいい小学校の子どもたちでした。


2015年11月19日、15時08分13秒a


昼食後は大和川を上流に遡ります。
1kmほど先にある国豊橋で対岸に渡り、Uターンです。
再び2つの川の合流地点にやってくると、モニュメントの石碑がありました。
この位置からは、左が石川で右が大和川になります。

ここからは左に進路を取り、クルマを停めている公園をめざします。
コンパクトなサイクリングでした。
次回は、公園から南半分を走ってみることにしよう。




すべて中止の毎日です。


すべて中止の毎日です _| ̄|○
下の内いくつかは、これから中止になるだろうことも含まれています。


【過去編】
  先週は、「MT in 本宮 (関西のMT-01集まれ!)」が雨のために中止となりました。

  この前の日曜日のTV番組「Like a Wind」のイベントは、朝は雨が止んですぐで道はビショビショ。
  乾くのを待っている内にグズグズしてしまい、結局行かず。

【現在編】
  気を取り直して、月~火のきくハムさん来訪のためにクルマの準備をしていたところ、イレギュラーで中止。

【未来編】
  水~木にヨメさんと愛知県の香嵐渓に紅葉を見に行くことになっていたが、雨予報のため中止。
  現在、変更先を検討中。

  28日は久しぶりにRYUBEのツーリングに行けるかな、と思っていたが、娘の引っ越しで駆り出されそう。
  引っ越しばっかりしてんと、はよ結婚せい。


2015年11月16日、15時23分59秒a


で、結局は、こんなふうに買いものに出かけるぐらいの日々でした。
雨天のせいもあるが、行動力減退?なところもある。
自分のせいというか…。

しかし、こんな中でも、町の用事はいろいろあります。
土、日の両日は、夜な夜な来年度のいろんな役を頼みに、町内を回りました。
結果、1勝1分3敗および3不戦、不戦は不戦敗に近そうです。
先が思いやられるなあ。


2015年11月16日、15時25分55秒a


買い物に行ったセリアの近くを流れる津田川、和泉葛城山を源流とする二級河川です。
上流が岸和田市で、下流が貝塚市です。
水の流れと行政区分が一致していないのですが、このことを小学生のときに不思議に感じました。
地図が好きになる第一歩だったのでしょうか。




堺区を散歩(11/11編)


阪神高速湾岸線の大和川に架かる橋から見える、堺市の埋立地を一周グルッと回ってツーリング。
「J-GREEN 堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター」に立ち寄ります。
この施設は、東日本大震災によって、スポーツ施設としての機能が停止してしまった福島県の「Jヴィレッジ」の代替版として、一躍注目を集めました。


2015年11月11日、14時48分33秒a


このへんに来ることはあまりないですが、だいぶん前、というか高炉のあった時代に、新日鐵の工場見学に何度か来たことがあります。
鉄板を作る圧延工場があり、その音と水蒸気、鉄板のできあがる行程のスピードに圧倒されました。
最近になってからは、ケーズデンキや映画館に来たことがありますが、家電店やホームセンターはなくなったようです。

今度の日曜日に行われるTVのバイク番組「Like a Wind」の催しの会場は、この先の「海とのふれあい広場」というところです。
どんなところか知らなかったので、とりあえず下見、そして一度この機に、ここの埋立地の全容を見ておこうと思いました。
広場は埋立地の一番西側の海の端で、シャープの大きな工場の先っちょ部分にあります。
ここは匠町という町名があるようですが、もち論住居地域ではなく、工場と広場と防災基地、あとは自転車でタイムトライアルができそうな道、そして釣りができる海があるだけのところです。

ちなみに日曜日の天気予報は、今のところアウト。
もともと、先週のツーリングが雨のときの代替プランだったのですが、見通しは暗そう、下見だけに終わる可能性が高い…。


2015年11月11日、15時17分09秒a


その後、三宝と呼ばれていた地域を通って堺の旧市街へ。
この三宝には親戚がいたので、子どものころにその家をよく訪れました。
家の周りは畑で、周辺には風車がありました。
今からは想像できないような景色、そして私の歳がわかるような話ですね。

大和川に架かる阪堺線の橋を見ようと思って進んでいくと、「やまとがわ駅」というかわいい駅に遭遇。
思わず、停まって写真を撮りました。
この阪堺線、レール幅は標準軌で、南海本線やJR阪和線より堂々としています。


2015年11月11日、15時41分20秒a


この阪堺線が路面電車となって走る、大道筋という堺の景色を代表するような道を通って、南へ向かいます。
宿院の交差点を越えたところに、「ちく満ちくま」というそば屋さんがあります。

つゆと卵のハチが反対なのでは、とツッコまれそうですが、私はまずつゆで食べ、次に卵で食べ、それから混ぜて食べるので、これで問題はありません。
ただ、おやつのつもりで食べたのですが、やはり一斤では少なすぎた…。
食べ終わったら、余計に腹が減った感じがしました。
味は、おいしかったですよ。


2015年11月11日、15時54分57秒a


このお店は、中はなかなか味わいのある造りなのですが、外見は全然構っていないという感じですね。
味で勝負ということかな。
昼食時に行くと、かなり混んでいるようです。

帰りは、旧R26(堺阪南線)や紀州街道を通って家に戻りました。
合計4時間ぐらいのツーリングでした。




流木墓苑は秋の色(11/7編)


オヤジの墓参りに、流木ながれきの墓地に行きました。
私とおフクロ、ヨメさん、そしてこの日は娘が家に来ていたので、全4名です。
息子1は仕事、息子2は職場の試験で不参加。


2015年11月07日、14時12分59秒aa


今年は9月ごろから、例年より気温の低い日が多かったせいか、景色が変わっていくのが早いように思います。
紅葉を見るのには適している年だな、と思います。
この墓地でも、鮮やかに色付いている木がいくつかありました。
なかなかきれいですね、どこかへ行きたくなる。


2015年11月07日、14時14分25秒a


だいぶん前の秋の話です。
その日のツーリングは、路面がウエットで、落ち葉が覆い被さっている舗装の悪い林道を、ヒヤヒヤしながら延々と走りました。
家に帰ったあと、旅のTV番組を観ながら、「どっか、紅葉でも見に行きたいなあ。」とヨメさんが言っていました。
このときはさすがに、「紅葉は、もういい。」と言いましたが…。




4ドアセダンがやって来た


と言っても、買ったわけではありません。
こういうエンジンの載ったクルマで、家に若い客がやって来ました。


2015年11月08日、13時07分01秒a


クルマはスバルのWRX STI、WRCで活躍したインプレッサの流れを汲むミドルクラススーパーカーと言えるかな。
限定モデルの方ではありませんが、それでもリッター150ps超!
水平対向のツインカムだけでもややこしいのに、インタークーラー、2ターボが付いていて、エアークリーナーはわかるものの、いったいそのあと空気がどこを通ってマフラーに行くのかサッパリわからん(上から見えない)。

この若者はキャブ仕様のCBR1100ブラックバードも持っているとのこと。
バイクで来たことはないが、このごろちょくちょく家にやって来ます。
実は、乗り物のことより、そっちの方が気になったりしているのだが…。




プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR