駅の景色が変わります ; その4


どんな出来上がりになるのか、今のところはだいたいでしか想像できませんが、春木駅の新駅舎の工事が順次進んでいます。
機能的にはなるんだろうけど、何か色合い的には殺風景な感じです。


2016年12月19日、12時08分00秒a


南海本線は、堺市、高石市、泉大津市、岸和田駅周辺、貝塚市、泉佐野市といろいろなところで高架の線路となっています。
春木駅周辺も高架にしようという話はちらほらあるのですが、最近になってやっと「春木駅周辺まちづくり懇話会」という組織が立ち上がったところです。
運動の盛り上がり、補助金申請および承認、工事の調査と土地使用の調整、これらのものをすべてクリアするためには、おそらく40年ぐらいはかかるのではないでしょうか。
ということは、私がその姿を見ることはないということです。


2016年12月25日、09時48分28秒a


今回の駅舎改築と踏切改良は、高架工事とは関係のないことです。
幅を拡張するための歩道橋の撤去は、ゆっくりですが進んでいます。
「岸和田で一番通りにくい踏切」の汚名返上は、もう少しです。




花の市場 「ブロッサム」へ 2016


年末恒例の花の買い出しで、鶴見区にある花の市場「ブロッサム」へ行きました。
今日は祝日だったのが関係あるのか、平日と比べ朝早くから人が集まっていたように感じました。


2016年12月23日、06時29分29秒a


空はまだまだ真っ黒け、でも中央環状線から市場に入るゲートは、まるで虫が光に集まるように、大量のクルマを吸い込んでいました。
駐車場はほぼ満杯です。
今度来るときは、もう少し早めに来た方がよさそうです。

中に入ると、人でいっぱい。
セリが始まると、市場の人の元気な声が聞こえてきます。


2016年12月23日、07時29分40秒a


今年は家から台車を持っていったので、花を運ぶために往復する回数は少なくてすみました。
でも市場のカートではないので、運びにくいことこの上なし。
エレベーターは並んでから乗らなければいけません。

ハイエースの後部は広いので、花はたくさん乗せることができます。
帰りは、そこでヨメさんが切り花の水揚げ作業をしています。
私は運転手。


2016年12月23日、06時14分09秒a


ここでの私の楽しみは、食堂のオムライス。
ヨメさんが花を選んでいる間にサッと食べます。
朝の6時の朝食? 昼食? おいしいです。
いつも食べています。




オドメーターと年間走行距離


MT-01のオドメーターが、39,000kmとなりました。
新車から乗っているので、だいたいですが、6,000km/年ということになります。
ここ2年ほどはちょっと少なめですが、まあそれでもほぼ安定したペースです。

次にトリッカー。
こちらも新車からです。
オドメーターが22,000kmなので、2,400km/年ぐらいになるかな?
オイル交換が距離ではなく、年数(月数?)になることあり。

現在のこの2台、今はなき前マシンであるSRXの11,000km/年には、はるかに及ばないなあ。
あのころは、ホントによく乗っていた。

期間は短かったですが、それよりも一つ以前のスカイウェーブにもよく乗りました。
SRXより頻度が高かったかも知れません。


07-10-12_12-15.jpg2016年12月21日、05-07-21_14-14_a


それから、こちらも今はなきアクシス90。
計算すると、2,500km/年。
通勤マシン、恐るべしですね。
総走行距離でいうと、SRXについでの堂々の2位です。

もっと前のバイクは正確に覚えていませんが、歳いってからの方がたくさん乗っていると思います。


今は、MT-01とトリッカーの2台態勢です。
買い物用のマシンがないなあ。
クルマに載せやすい、もうちょっと小さいのが欲しいような気もしますが…。




水飛ばし走行


昨日と今日は暖かかったですね。
MT-01を引っ張り出し、水ぶっかけ、ケミカル用品注ぎ込み ~♪~


2016年12月19日、15時26分48秒a


まず、歯ブラシとチェーンクリーナーでチェーンを掃除します。
次にバイクの下部2/3に強めの水をかけ、洗剤とブラシでゴシゴシします。
洗い流したあと、全体および細部にブロアーで強い風を当て、水を飛ばします。
そして、さらに水飛ばし走行に出かけます。

上の画像は、掃除の途中で行った木材コンビナートです。
阪神高速の岸和田北ICの入口のところ、家から5~6分です。
工場地帯は大型トラック通行で道がガタガタ、府道の大阪臨海線ではそれなりのスピードが出せます。
ということで、水飛ばし完了。

家へ戻ってチェーンに給油をして、チェーンオイル飛ばしの2回目の走行。
終了後、リアタイヤを上げて、そのへんの掃除をします。
ま、これはいいチェーングリスなら省略できるのかな?
次のツーリングの集合場所で、SAのトイレットペーパーをいただきながら、続きをやっているときもあります。

続いて、ワックスやレザーワックスを使用しながら、全体の掃除をします(主に、上の方)。
レザーワックスはシートにはかけず、黒い部品にかけています。
思うんだけど、乗っているときに見えるのはメーター回りだけ。
きれいと乗ってて気持ちがいい。
走っているときにホイールは見てないもんね。


最後は、MT-01特有の儀式であるエキパイ磨きです。
熱いとできないので、その手前の行程を慌てて行う必要はありません。
このバイク、グラマラスなエキパイが魅力なんだけど、そのお肌は意外とセンシティブ。
お手入れに手間がかかります。
何と、指の力も要りますね。

ここでバイクの掃除は、ほぼ完成。
さあ! 完成を祝ってツーリングへGo!
10kmぐらいだけど


(毎回、全部やっているわけではありません。途中で終わってしまうことの方が多い…。)




恋人たちの会話


街で出会った女の子が好きになった話です。

「ろくもんせん」でタコ焼きを食べていると、後ろの方で、高校生の男の子と女の子が話をしていました。
「おやっ、この二人、以前にも来てたことがあったな。」
顔ははっきり見ていませんが、何となく話しぶりでわかりました。
振り返ってジロジロ見るわけにもいきませんので、そのまま壁の方を向いてタコ焼きを食べます。


2016年11月09日、14時29分50秒a


別に盗み聞きをするつもりではなかったのですが、狭い店内に客は3人だけ。
自然と話の雰囲気が耳に入ってきます。
夕方に自転車で来ているところからすると、比較的近くの高校だろうと思います。

女の子の話ぶりはこの年齢特有のちょっと生意気な口調で、話の内容も品行方正なものではありません。
そして、さらによく聞くと…、ほとんど女の子がしゃべっていて、男の方は「うん、うん。」とか「ホンマ?」とか「へー、そうか。」とか、それを繰り返しているだけです。

話の内容は、友だちの話、学校の話、家での話が次から次へと出てきます。
どの話も、男の子が同意できるようなもの、面白く聞けるようなものばかりです。
男の子の気に障るようなものは、絶対に出てきません。
意識はしていないでしょうが、自然とそういう話の筋になっています。
その話を聞いている私には、女の子はこの男の子がとても好きなんだなあ、ということが伝わってきました。

この女の子、かわいい。
いじらしい女の子の姿。
こんな女の子、好きや!
彼氏に、「もっと喜んだれ。一生懸命に話してるやないか。」とも思いましたが、いやいや、まあ男はこんなもんでもいいだろう。


・・・・・・・・・。
私がこの女の子を好きになった理由をよく考えると、最近こんなことを身近で感じることが少ないのが原因ではないかと思います。
「顔を見ずとも、好きになれるもんだ。」
「これは精神的な愛だ。」
私は欲求不満なのでしょうか??




プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR