ディーゼルエンジンのグロープラグ


我が家のハイエースは、3Lのディーゼルエンジンです。
私がディーゼルエンジンのクルマを所有するのは、このハイエースが初めてです。
もうすでに2年間乗っているのですが、あまりエンジンのことを知らなかったので、それでは具合悪いだろうということで調べてみました。


2017年02月26日、engin_a

                                                       ※ 「車FAN」より引用

燃料は軽油です。
たいていのガソリンスタンドは、軽油がレギュラーガソリンよりも25円ぐらい安いです。
給油するときは、毎回それとなくいい気分になります。
給油では、余程あわてない限りレギュラーと間違えることはないと思いますが、いつも「軽油、軽油。」と心の中でつぶやくようにしています。
燃費は、ロングドライブだと10km/Lぐらいまで伸びます。
2 t 以上あるクルマなので、いい方じゃないかなと思っています。


ディーゼルエンジンの既成知識は、直噴ノズルがあること、点火プラグがないことぐらいでしたが、グロープラグという始動時に冷えたシリンダー内の温度を上げるプラグがあることを知りました。
で、ここからですが、アッと驚くことが…。
メーターパネルの中にはグローランプというニクロム線を模した橙色のインジケーターがあり、グロープラグ作動中に点灯します。
エンジンを掛けるときは、イグニッションをオンにして、点灯しているグローランプが消えたことを確認してからセルを回します。

えー、こんなことしていなかった。
何となく恥ずかしくて、大きな声で言えない。
今までつぶれなくてよかった。


最近のエンジンはこのあたりの性能が上がり、このグロープラグが作動する時間はごく僅かとのこと。
それで何とかなってたんだろうなあ、ラッキーです。
そういえば思い出すんだけど、学生時代のアルバイトで4 t 車に乗っていたときに、そんなことしていたような気もするな…。
40年ぐらい前の話だもんな、すっかり忘れてた。
それから、ごくたまにこのグロープラグのトラブルで、高額の修理代になることがあるとも知りました。


ディーゼルエンジンなので、圧縮による自然発火で爆発し、点火プラグはありません。
エンジンの形式は1KD-FTV、圧縮比は前期型なので16:1です。
ガソリンエンジンしか知らなかったので、高圧縮、自然発火など、このへん想像が付きません。

吸排気の方法は、ガソリンエンジンとほとんど同じです。
何と4バルブ、吸気側からは空気だけが入ります。
この仕組みは、ターボに向いているとのことです。
ツインカムでタイミングベルト駆動です。
ディーゼルでDOHCって、何かピンと来ませんね。

このハイエースのバッテリーは12Vで、105D31Rという規格のものです。
始動時に高圧縮エンジンのピストンを動かすために、ガソリン車に比べて大きなものを積んでいます。
ということはバッテリー代も高い?
ムダ金使わんように気を付けよう。



日本ではガソリン+電気のハイブリッド全盛ですが、ヨーロッパでは乗用車でもディーゼルエンジンのシェアが高いそうです。
そのあたりに目を付けたマツダが、現在続々とディーゼルエンジンの乗用車を新規投入しています。

そのほかいろいろな情報を見ましたが、ディーゼルエンジンのいいところを書いてあるものが多かったと感じました。
多分最後のクルマになると思うので、ちゃんとメンテナンス情報に目を通し、末永く乗り続けたいと思っています。




キング カズ! 50歳


三浦知良選手、50歳の誕生日おめでとうございます。
私たちに希望を与え続けてくれて、どうもありがとうございます。


2017年02月26日、KAZU_a


日本のサッカーが強くなっていった時代、それは正に三浦選手の大活躍した時期です。
それまでの日本代表は隣国韓国に水をあけられ、中東アジアの強国と比べても確実にワンランク下の成績しか残せない状態で、東南アジアの国に勝利してホッと胸をなで下ろすぐらいのレベルでした。
ただ、この時期はJリーグの発足が現実化しそうなときでもあり、多くの日本のサッカー関係者は来るべき未来に大きな希望を持っていました。

高校を中退し、ブラジルでプロとなった三浦選手は、鳴り物入りで日本に帰ってきました。
ちょうどJリーグ開幕の2、3年前だったと思います。
サッカーの人気が高くなり、それに応じるように日本代表の成績が上がってきます。
「私たちの日本は、世界の国と戦える!」
そういう実感が湧いてきたころ、そこには読売クラブ(ヴェルディ)で、そして日本代表で活躍する三浦選手の姿がありました。

「カズが来て、日本は強くなった!」
「ブラジルで通用したんだから、世界で通用する! そういう選手が日本にはいる。」
一人の力でチームが強くなったわけではありませんが、彼の得意なフェイントであるシザーズからのシュートやそのあとのカズダンスを見て、そういうふうに感じた人は多かったと思います。

しかし、日本代表において、そういう大活躍のあとにくる最終形は、いつも不運がつきまといました。
不運という言葉では片付けられないですね。
悲壮という方が近いです。
「ドーハの悲劇」
「フランスW杯直前の代表落ち」
おそらく、日本のサッカー関係者で三浦選手を嫌いな人は一人もいないと思いますが、みんなこの出来事を知っているからだと思います。
また、彼がピッチに立つ現役選手にこだわるのも、このことに関係があるような気がします。


「もし…」という言葉には意味がありませんが、しかし…。
あのままフランスW杯に出場し、大活躍してヨーロッパ再挑戦。
そこでも活躍して、そののち引退していたら…。
そんな、現実とは違う多くのことを想像します。


年齢とともに当然プレーの内容も変わってきます。
いつまでやるんだろう?と思うこともありますが、まあ何といっても彼は日本のサッカーの宝です。
宝は何年経っても宝で、値打ちが下がることはありません。

日本中すべてのサッカー関係者の努力が成功したことを、その身体、プレーで証明してくれた三浦知良選手。
みんな、これを忘れてはいけない。
「カズが来る前は弱かった。」




当方 通院事情


ここ1ヶ月ほどの間にたくさんの医療施設に行っています。

まず一つ目は歯医者さんです。
これは歯が痛くなったわけではなくて、定期健診です。
家から徒歩2分ぐらい。
歯茎の検査の数値がよくなったので満足しています。
それに、歯垢の掃除をしてくれるので、あと気持ちいい。


2017年02月24日、2011年03月19日、09時24分00秒_a


2番目は耳鼻咽喉科。
これは風邪引きで鼻や喉が変だったので行きました。
家から徒歩1分ぐらい。
もとオヤジの家の前。
家の近くに開業医が多いので、助かります。


2017年02月24日、2015年03月18日、09時26分04秒a


3番目は、市の保健センターです。
申し込み制の成人健康診査で、がん検診を始めとするいくつかの検査を受けました。
道のりは、自転車で20分ぐらいかかります。

バリウムを飲むと、あとで苦労したことがあります。
毎日のビールで鍛え過ぎなのか、下剤を飲んでも特に何も起こらない。
つーか、腸がいつも下剤を飲んでいるような状態になっているのかも知れない(My 素人医療診断による)。


2017年02月08日_kishiwada_hokencenter_a
                                               ※ 画像は「岸ぶら」より

最後は、親指骨折で今週の月曜日に行った診療所です。
代償というか、いろんな意味で飲み代が非常に高くつきました。
この診療所は自転車で5分ぐらいです。
近所のおばさん連の評判がいいので行ってみましたが、先生は歳はそこそこいってるがなかなかの男前、なるほど。
リーダー格の看護師さんは、そう若くはないがメチャ美人。
いいところへ行きました(また行くよ!)。


2017年02月23日、14時33分15秒aaa


右手にギブスをはめているので、いろいろと不便です。
日常生活では、水に濡れるような作業ができないので厄介です。
幸い、PCとはスマホは特に不便なく使えます。

裏のフジの剪定作業ができません。
これは確実に時機を逸してしまいそうです。
仕方ないか。

バイクの方は、もろ影響が…。
3月初旬の自分のツーリング計画は消滅し、中旬のRYUBEがらみの計画は返事保留中です。
何とか、4月1日の鍋谷峠道路開通は行けそうだな。
後半のMT-01の計画は立てられそうです。




主に左手による車検終了!


おめでとう 、よくやった (自分の左手へ)!
右手ギブスのハンディを乗り越えて、ハイエースのユーザー車検が無事終了しました。


2017年02月21日、09時15分34秒a


去年もやっているのでだいたいの要領はわかっているんだけど、そうなったらそうなったでうる覚えのところを予習しようとは思わなくなりますね。
「あれは、どうやるんだったかな。」とか思っても、「ま、何とかなるだろう。」という感じでスルー、結局そのまま本番ということになります。

で、それよりもたいへんだったのが、右手を使う作業です。
「エンジンを掛けてください。エンジンを切ってください。」
「ヘッドライトを点けてください。ヘッドライトを切ってください。」
「ハンドルを左右に振ってください。」
このあたりが必ず右手の指でものをつかむ動作だけど、イグニッションとライトスイッチは途中から左手でやっていたときもあったような気がします。

そんな苦労がありましたが、結果めでたく終了です。
新しい車検証とステッカーが交付されました。


2017年02月21日、09時55分26秒aa


クルマの運転はそれほど苦労なくできます。
しかし、問題は日常生活です。
箸の左手練習開始!
以前にも一度右手を骨折したことがあり、そのときは3週間ぐらいで右手と同じぐらいに使えるようになったので、今回も何とかなるでしょう。
そのときの箸を持っている左手は、右手より正しい持ち方だったように覚えています。
豆をつかむのも、我ながら上手でしたよ。
理屈というか、形から入るからかな。
ただし、ナメコの味噌汁とかは困る…。
味噌汁は、やはり両手で味わいながら食べたいものだ。

それから、歯磨き練習も開始。
お風呂は面倒くさいなあ。
ドボンですませてるんだけど。




準備が進む、そして急ブレーキ


陸運局の人が気持ちよく検査できるように、そういう箇所を選んでせっせと掃除します。
まずボンネットを開けて目に入るのは、ブレーキ液、インタークーラー、冷却液、ワッシャー液です。


2017年02月18日、17時05分56秒a


冷却液を少し補充しておきました。
補充するときは水道水でよいという人とダメという人がいるのですが、どちらなのでしょう。
もともとクーラント液というものは水溶液。
減る分はほとんど水分の蒸発。
ということは濃度が高くなっているわけだから、少量の補充であれば水道水でOK。
というふうに、経済性を優先して拡大解釈をします。

で、水道水の補充をしただけであとはそのままだけど、容器というか外見はピカピカに。
ついでにボンネット内全体をきれいにします。

車台番号は、ブレーキフルートの容器とインタークーラーの間ぐらいの背面にあります。
これなら、検査員の人も気持ちよく確認できるでしょう。


2017年02月18日、17時06分46秒a


次はエンジンです。
フロントにかなり近いミッドシップエンジン、前座席中央の下にあります。
ハイエースでは、助手席とサイドコンソールが一体になっていて、前方部をはね上げます。

ジャジャ~ン。
2.98L、ディーゼルターボです。
ターボの分、ゴチャゴチャしていて、大きく見えますね。
このエンジンも、それなりにきれいにしておきます。


2017年02月18日、17時07分33秒a


ところで、こいつは後期型の燃費改良型エンジンではありません(涙)。
でも、改良型はリコールになってたよ(セコい微笑)。

「原動機の形式」の打刻はなかなか探しづらいです。
下の画像の茶色い部分にあるのですが、懐中電灯がなければ読めません。
ピントがずれていたのか、この画像では全然わかりませんね。
「1KD」と確認できますが、打刻なのか書いてあるだけなのか、よくわかりません。
でも、まあ場所さえ知っておけばいいでしょう。


2017年02月18日、17時05分29秒aa


と、ここまでの準備は先週の内に順調に進んでいたのですが、ここへ来て大きな障害が…。
土曜日のサッカー連盟の新年会の帰りに、不名誉の負傷。
気の合う仲間と延長戦に及んだのが、災いしました。
帰り道で多分転けたのだと思う…。
状況は、記憶不明瞭(前にも似たようなことがあった気が…)。

クッ、どうしよう? 検査の予約日は明日…。

いろいろ考えましたが、まあ日曜日は不自由ながらも運転はできていました。
今日、病院に行くと、ギブスは4週間とのこと。
ちなみに骨折箇所は、右手の親指です。
書類はもう書いてあるし、変更するとなるといろいろ面倒くさいなあ。
いざとなったら、字も下手だが書けそうです。


2017年02月20日、11時30分47秒a


4週間待つと車検有効期間が切れてしまいます。
強行! 行こか!




プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR