おカネと票を減らすよ。


議会の議員というものは必ず複数名います。
会議をするわけだから当たり前。
しかし地方自治体の首長は一人だけです。
ともに選挙で選ばれますが、議員は立法府の一員で首長は行政府のトップです。

首長の場合は一人だけですから、「ともに協力する」とか「他のメンバーに合わす」という感覚は、ある意味必要ないといえます。
理想の実現に向け、自分の考えをどんどん提案し行政のトップとして実行力を行使していく姿は、特に反対の立場の人を除けば、リーダーとして頼もしい姿だといえます。
しかし、それは政策の上においてのことです。




最近の首長選挙で、自らの給与削減や退職金カットを公約に掲げている候補がいます。
「金権政治との対決!」
政治とカネの癒着を攻撃することが主張の中心となる人の場合、よく耳にする話です。
自らを犠牲にするこのポーズが必須項目になっているかのごとく、みんなハンで押したように右に倣えしている政治グループもあります。

しかし、そもそも給料を減らすということが公約といえるのでしょうか。
私の感覚では、それは投票しようという動機にはなりません。
むしろ、「この人、庶民または所得の低い人の金銭感覚がわかるのかな。」とか、「収入のバックボーンのある、いわゆる金持ちしか立候補できない風潮を作っていくことにつながらないのかな。」と感じます。

中学校で習った日本の歴史では、衆議院選挙がはじめ制限選挙で行われ、何度かのステップを踏んで普通選挙になったことを勉強しました。
これはヨーロッパなど、日本以外でも共通する選挙制度の流れ通りです。
なぜそうなったかを、私が説明する必要はないでしょう。
そして、この考え方は、被選挙人つまり立候補者にも当てはまるべきものです。

自らを低所得にしても構わないという主張は、「生活するためのカネは別にあるよ。」と言っているようなもので、貧富の差なく多くの人が政治に参加するという流れに逆らっています。
むしろ、「バリバリ仕事をするし、それに見合ったカネはキッチリもらうよ。」という人の方が、私には魅力的です。




選挙供託金という制度があり、立候補をするために一定のおカネが要ります。
規定の得票に達しない場合は、没収されて戻ってきません。
これは売名行為や、票割れを目的とする作戦的な立候補など、候補者の乱立を防ぐための制度です。
おカネを供託するのではなく署名を集める国もあります。
方法や金額の妥当性を議論することはあっても、選挙制度上なければ困る必要なシステムです。

しかし、供託金でおカネが減るのと、自分で給料を減らしておカネが減るのとは全然違います。
前者のおカネは選挙の公正を守りますが、後者のおカネでいったい誰がどういう得をするのでしょうか。
例えばある首長が当選したあとに、公約通り自分の給料の一部を行政運用に回したとします。
自治体の財政が若干プラスになり、住民は一人分にすれば僅かですが、その恩恵を受けます。
それって結局、自分のポケットマネーを、住民一人ひとりに薄く平たくばらまいているようなものじゃないのかな。
正に、金持ちにしかできない高潔で清廉な技。
でも、選挙違反かも知れない。




ということで、この話のまとめは、「あなたのおカネと、私の一票を減らすよ。」ということです。
身近でこういうニュースがあったので、この文章を思いつきました。
もちろん、私のように考えない人もいるでしょう。
私は少数派なのかな、それとも多数派なのかな…。






最初ヶ峰ツーリング


緑の中に、絵の具を落としたような白いまだら模様。
山には桜がいっぱいです。

ここは紀ノ川。
この写真を撮るために、わざわざ河原に下りてきました。
向かう先にある山は最初ヶ峰です。


2018年03月29日、13時01分53秒a


天気がいいし気温も高いので、バイクの服装だと暑いです。
この暑さ、バイクを停めたあとの山道での行動範囲を狭めますね。
でも行き帰りの方が長いから、寒いより断然いいんだけど。

桜は満開です。
散っている花びらはまだ見当たらず…、いいときに来たなあ。


2018年03月29日、12時48分06秒[1]a


人がいないときはクルマ止めの間から中へ入っていきますが、今日はとてもとても。
平日にかかわらず人がいっぱいです。
ちょうどお昼どきだったので、弁当を食べている人がたくさんいました。
春休みなので、子どもがたくさん遊んでいました。

旧桃山町、現在は紀の川市です。
桃の生産が盛んで、運がよければ山の上は桜だらけで、眼下の果樹園に桃の花の絨毯が見られます。
今日はちょっと色がかすんでいるなあ。
桃の花の最盛期は外してしまったのかも知れません。
それでもいい景色です。


2018年03月29日、12時45分39秒a


1年にいっぺんは、ここへ来たいよね。
弁当を買ってきたらよかったな。






川淵三郎氏 記念講演会


岸和田市の浪切ホールで、日本サッカー協会最高顧問の川淵三郎氏の講演がありました。
「記念」とネーミングにあるのは、市商工会議所の70周年記念行事だからです。


2018年03月27日、13時41分54秒a


上の画像は開場後すぐに撮った写真です。
講演中は撮影禁止で写真はありませんが、この人の顔なら皆さんご存じかと思います。

川淵氏が高校生のころは、大阪府の高校サッカーは公立全盛の時代でした。
場所が岸和田市だけに、岸和田高校の話が冒頭にありました。
実は岸和田高校はその当時、全国高校選手権で優勝した経歴があります。
川淵氏の高校は堺市で、こちらも強豪でしたが、成績は岸和田高校に僅かですが及びません。
そんな、岸和田市民にとって耳に心地よい話から、講演は始まりました。


2018年03月27日、13時32分03秒[1]a


内容は80年代までの日本サッカーの現状や、その後のJリーグ発足までのようす、バスケット協会での仕事、与論島の地域スポーツ振興などでしたが、やはりJリーグ創設の話にはいろいろなエピソードを交え、大きく時間をとっていました。
印象に残ったことは、理想、理念が大きくなるにつれ、乗り越えていくものもその成果も大きくなっていったというところでした。

「できるわけがない。」「時期尚早。」「必ず失敗する。」
当時、回りから言われる言葉は、どれもこのどれかに当てはまるとのこと。
「地域に根ざす」は、当時スポーツの世界ではあまり使われない言葉だったので、質問をよく受けたそうです。

わからないこともあったようで、Jリーグのロゴマークのデザイン料が1,000万円だと知ったとき、
「こんなもんに1,000万円…、何ともったいない。」
と思ったが、初年度はそのマークのおかげで400億円の商品が動いてビックリしたそうです。


2018年03月27日、13時31分13秒a


Jリーグの生みの親であり、日本のサッカー振興の中心人物である川淵三郎氏ですが、自分の娘さんにいつも言われるのは、「えらそうにものを言わない。自慢話をしない。」ということだそうです。
それに「人の悪口を言わない。」を加えて、自分の戒めにしているという話で講演は終了しました。



実は、私はこの人と同じ高校です。
こういう先輩がいるとは、正直言って誇らしいというか、うれしいというか…。
でも、これは自慢にはならないよね。






今年も楽しみ …(o^^)o


フジの花芽が大きく膨らんできました。
去年、花が咲いた場面が頭の中に想像され、今から楽しみです。


2018年03月26日、11時08分07秒[1]a


去年の開花は4月20日ごろからです。
今年は3月になってから暖かいので、ちょっと早くなるのではないかと思っています。

去年は骨折のため剪定が4月のはじめになってしまいましたが、今年はマニュアル通りの2月中旬。
フジにとっていい環境が整っていると思います。


2018年03月26日、11時05分49秒[1]a


今年は剪定のときにがんばったので、枝振りも理想的です(自画自賛
もう寒肥かんごえとはいわないかも知れませんが、肥料もやっておいたよ。






中古パソコンを導入(3/24編)


中古パソコンを購入しました。
だいたい4年落ちぐらいの品物だけど、私の経験値の中では最新型です。
かなり、世の中に取り残されている方なので。


2018年03月24日、12時21分24秒a


種類は、ハイエースでPキャンするときに使うためにノート型です。
家では、ディスプレイとキーボードをつないで使おうかと思っています。
その方が見やすいし、打ちやすいので。

機種は、LIFEBOOK A574/HというFujitsuの製品で、CPUはCore i5だが2コアのもの。
メモリは4GB、システムは64bit、ストレージはSSDの125GB。
これはHDDではなくSSD搭載モデルです。
SSDはいっぺん使いたいなと思っていました。
容量が少ないようにも思いましたが、データはオール外付けHDDなので、私の入れるアプリケーションの範囲なら今ある空き容量で十分そうです。

OSはWindows10ですが、7からのアップグレード版です。
Windowsの今後はいろんな噂があるようですが、今の時期なら新品PCの必要はないと判断しました。
オフィスソフトはMS社製ではなく、Libreという安価版です。
仕事で使うわけではないので、MSオフィスはもともと眼中にありませんでした。
それだけで中古品の値段が3~5割高になりますから。
バッテリーは高パフォーマンスで残6時間だから、半分ぐらい逝ってる感じでしょうか。

全体的に言って、満足なところともうちょいのところがあるんだけど、中古だから品物ありきで仕方のないところです。
それに、よくなればよくなるほど値段に反映するので、どのへんで手を打つかということになってきます。


問題のお値段は税込みで4諭吉ほどで、特に安くもなく、高くもないというぐらいだと思います。
(SSDで、1万円ぐらい予定より贅沢してんだけど)。
ネットで調べまくったらもうちょっと安いものがありましたが、店頭でいじりまくり、説明聞きまくりで買えるので、その分と思うことにします。


2018年03月24日、passo_com_souko_a


家から近い中古ショップを3軒回りましたが、買ったのは「パソコン倉庫」という和泉市の店です。
この店、できたばかりなのか、または修理が中心なのか、店内にものがほとんどないんだけど、私の欲しいあたりの機種だけはたくさん揃っていました。
店に入ると、店長さん(一人しかいない)が、「いらっしゃいませ、どうぞ自由に好きなだけ触ってくださいね。」と言ったきり、また作業をしていました。
品物をゆっくり見られるので好感度アップ。
それでいて、質問をするとやってきて丁寧に答えてくれます。

最後に、「値引き交渉をしていいですか。ボクの書いているブログのネタのためにも。」と言うと、「それは宣伝してもらわなければいけませんね。」と応じてくれました。
ということで、今このブログを読んでいるあなたがいることで、私は店長さんへの責任を果たしているわけです。



でも、今このブログ、以前よりのPCで書いています。
今回購入した方は、まずOSのバックアップの作業、それからアプリケーションソフトを入れるとかログインの記憶など自分が使いやすいようにしていかなければなりません。
Win10になっているので、古いソフト(特にAtoc系 ; 一太郎派なので)を入れるのに、ちゃんとできるかどうかちょっと心配です。
Vista時代まで標準で入っていたPictureManagerなどの代替品も探さなければいけないし、面倒くさいなあ。

そんなに根を詰める気もないので、このPCを使うまでには何日かかかりそうです。
バイクなら、次の日にすぐツーリングに行くんだけどなあ。






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR