MT in 徳山ダム ; その3


徳山ダムは貯水量日本一を誇るロックフィルダムです。
ロックフィルダムとは、土や石で堤を造ってあるダムのことです。
だから、堤面はピラミッドの斜面のようになっていて、たいてい一番上に石が敷かれています。


2018年04月22日、10時30分28秒a


ダムの大きさをいうときに、堤高、貯水量、湛水たんすい面積の3つがあります。
堤高日本一の黒部ダムには行ったことがないんだけど、貯水量日本一の徳山ダムは今回で4回目です。
もう一つの湛水面積とはダム湖を上から見たときの面積で、北海道の雨竜第一ダムによってできた朱鞠内湖が日本一です。
ここはSRX時代に北海道ツーリングで行ったことがあり、3つの日本一のうち2つを制覇しているということで、ダムの話は私の気分のよくなる話の一つといえます。
ちなみに、この徳山ダムは堤高も湛水面積も日本で3位だから、総合的にいって日本最大のダムといえます。


2018年04月22日、10時30分39秒[1]a


ダムはあまりにも大きいので、何か比較するものがなかったら目でその大きさをイメージしにくいほどです。
同じように下流側を見ても、遠近感が一瞬くるってしまったかのような錯覚を覚えます。
このダムの下の建物はとても大きいのですが、普通の家ぐらいの感じで目に映ります。




このツーリングではakaneさんが事前に下見をしてくれました。
通行止めがあり、当初の予定していた岐阜r274を通らなくなったので、迂回路を含む詳細な地図を事前にいただきました。


2018年04月22日、gaidozu_a
※ Image courtesy of akane


さらには、こんな画像も…。
この白い砂、本当にありましたね。
白い砂の注意は、道の駅「ふじはし」をスタートする前に聞かされていたので、驚いたというかやっぱりというか、何か「ワォ!(驚きと喜び)」という感じ。


2018年04月22日、8_suna_a
※ Image courtesy of akane


でも、今ごろこの画像をアップしたら、「もっと早くみんなに送信しておけよ!」って言われそうですね。
すみません、タイミングを逸しました。
次があれば、そうします。


2018年04月22日、11時20分12秒a


akaneさんの下見をはじめ、今回のツーリングでは今までにも増して、皆さんの連携と協力をいただきました。
今後はより楽しく、より安全にツーリングができるように、工夫するべきことをいろいろ考えていきたいと思います。

だからといって、「鼓動」のスピリットが変わることはありません。
これからも仲間と一緒に、ツイン・ソウル・ビートを高らかに響かせていきたい。


<おわり>






MT in 徳山ダム ; その2


天気の心配が全くないというのは、ホントにうれしいことです。
下の画像は徳山ダムのダム湖の一番上流の方で、冠山峠に向かう道が続くところです。
このツーリングの一番遠くの場所で、私たちはここでUターンします。


2018年04月22日、11時07分16秒a


参加者は下の通りです。

<名神 草津PA>
akaneさん(愛知県)
FrstWtrさん(京都府)
MT01子さん(兵庫県)
EgcNoyさん(兵庫県)
スーさん(奈良県)
かべちゃん(大阪府)
ミッチェルさん(大阪府)
yuhiroさん(大阪府)
タキさん(大阪府)
あっさん(大阪府)
Rip(大阪府)
タカさん(大阪府)      ※見送りのみ ありがとう
FkzkHrsさん(奈良県) ※見送りのみ ありがとう

<ローソン木之本インター店>
ふるっちきさん(滋賀県)
三峰ことSskさん(福井県)

<道の駅「夜叉ヶ池の里 さかうち」>
tchさん(愛知県)


間違ってないよね。
画像が不都合な人、言ってね。


2018年04月22日、11時10分00秒a


異車種乱入!
これ以外に、友人のTMYくんととっちゃんが参加しました。
最近久しぶりに再会したので、いろんないきさつで2人もまとめて参加してもらいました。
隼とハーレーです。

とっちゃんとツーリングするのも10年ぶりぐらい。
このハーレーで付いてくるのはたいへんだったと思うけど。


2018年04月22日、11時12分29秒a


朝の名神高速では、草津から八日市までを隊列走行、そこからフリー走行で走りました。
これ、なかなかスムーズに進みますね。
適度に団体行動、適度に個人ペースでグッド!
切り替わるところは、オーバルコースのレースで見られるローリングスタートみたいな雰囲気でした。


<つづく>






MT in 徳山ダム ; その1


この日の目的地である揖斐川町の予想気温は30℃。
雨の降る可能性はゼロ。
ほぼ最高に近いけど、ちょっと暑いコンディションの中、「MT in 徳山ダム」が行われました。


2018年04月22日、12時59分19秒a


第2集合地点では、福井県から参加してくれた三峰さんことSskさんが、参加者のみんなに素敵なプレゼントをくれました。
MT-01のキーホルダー!
色の濃いものが多かったので、一番薄い色のものにしました。
バイクも同車種の中では白っぽい方だし。
Sskさん、ありがとう。


2018年04月22日、S__1310728_a
※ Image courtesy of Ssk


見送りの方を含めて、何と18台。
さあ、にぎやかなツーリングの始まりです。


<つづく>






梶本家の藤祭り 2018


昨日に続き、フジの画像が連続しますが、今日は熊野街道藤保存会による「梶本家の藤祭り」に行ってきました。
本家梶本藤はいつ見てもすごいなあ。


2018年04月20日、12時58分24秒a


お世話になった奥さまにもお会いすることができました。
まずは、いただいた我が家のフジの報告をします。
今年は我が家のフジを見たいと言ってくれていたのですが、花が早く咲いたことで「藤祭り」が前倒しとなり、日程が合わなくなりました。
そのあと、奥さまはヨモギ団子を持ってきてくれました。
『これって、ボランティアの人が寄付金集めのために売ってるのじゃないか…。』
ありがとうございました。

それから、仕事時代の先輩であるKさんと出会いました。
Kさんはここでボランティアをしていて、以前の話を中心に一時間ぐらいおしゃべりをしました。
今でも地誌とか民俗学的な研究を趣味でやっていて、自分の書いた「大阪の漁業と暮らし」という本をくれました。

実はこのKさんとは、血はつながっていないが遠い親戚になります。
私の一方の祖父は漁師で、その弟の血筋のMちゃんがKさんの弟さんに嫁いでいます。
家が祖父宅の隣で、歳も一つしか違わないので、小さいころ一緒に遊んだ親戚(親戚の親戚ぐらいかな)です。
祖父の直系は今も漁業をしているので、この本に出てくる漁師は私の従兄の家の話が混じっているそうです。


2018年04月20日、12時58分54秒a


藤保存会の人がいたので積極的に話しかけていき、フジを育てる上でのいろいろなことを教えてもらいました。
けど、聞けば聞くほど、即効のテクニックやノウハウはないということがわかりました。
やっぱりか…。
試行錯誤はいっぱいあるとか…。
甘くないな。






フジの花は七分咲き


我が家のフジの花が咲いています。
現在、七分咲きというところでしょうか。


2018年04月17日、10時23分22秒[1]a


去年より十日ぐらい早いようです。
今日は、本家「梶本藤」のご親戚のFさんが我が家のフジを見に来てくれました。
そのときの話だと、本家の方は2~3日早くて、もうじき満開だということです。
我が家のフジの情報も、Fさんを通じて故梶本翁の奥さまに伝わるようです。
本家の方を見に行きたいな、いいときに。


2018年04月18日、16時36分22秒a


こうやって見ると、右サイドのボリュームが少なく見えるので、枝のつけ方にもう一工夫要るなあ。
また、花が咲く時期に葉だけの枝を切るという見栄え重視のテクニックもあるようです。

いろいろ試してみよう。






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR