ファールと罰則 ; その2


ジダンとマセラッティ。
「マルセイユルーレット」などジダンを修飾する言葉はいくらでもあり、それは彼の美しいプレーを讃えたものが多いですが、マセラッティは一つだけ。
それは「ジダンに頭突きをされた男」です。


2018年05月28日、zinedine-zidane-marco-materazzi_15ww115bfhs8p1ki4847j1y417_GOALTMよりa
※ GOALTMより


2006年W杯ドイツ大会決勝フランスvsイタリアのこのシーンは、サッカーに興味がない人でも知っている話ではないかと思います。
ジダンは当然レッドカードで退場となりました。

この時点ですでに数々のタイトルを手に入れ、スーパースターであったジダンに対し「暴力をふるうなんて許せない選手だ。」という声はなく、「あの冷静なジダンにも、こんなヤンチャな一面があったんだね。」というエピソードの一つになりました。
また彼はこの大会で引退することになっていたので、出場停止などの処分も事実上なしでした。

逆にマセラッティはというと。
この大会でイタリア優勝のMVP的な活躍をした世界レベルの選手であるにもかかわらず、人の印象はジダンに頭突きされた選手という記憶だけにとどまります。
それどころか、相手の家族のことを汚い言葉で表現し、挑発を繰り返した品性に乏しいヤツと、陰口をたたかれる悪役になっています。
この試合では、それこそジダンをパーフェクトに抑え込んだわけですが、そんなことを知っているのはイタリア人の一部だけです。
人に憎まれることはあっても、人気が出ることはなし。
相手が悪かったですね。

語られませんでしたが、ジダンの行動に一番腹を立てたのはフランスのドメネク監督です。
チームの中核選手であるにもかかわらず、相手チームの安っぽい挑発に乗り、予定外の戦力喪失をしました。
結果は敗戦、敵であるマセラッティの作戦成功。
「何やってんじゃ!」と思ったことでしょうね。

そう、サッカーではこのようにレッドカードやイエローカードをもらったことで怒っているのは、たいていファールをした選手の監督です。
許せない行動だと怒っているのではなく、「次の試合のことを考えろ。」「退場や出場停止の戦力喪失を防ぐために、少しぐらいのことは辛抱しろ。」と怒っているのです。

このようなことは、現在のサッカーで乱闘など過度の反則プレーを防ぐいいはたらきになっています。
カードや出場停止などのルールが、有効に機能している表れです。
今やこのルールがなければ、試合を進めることも選手を守ることもできないと思います。




今回問題となっている大学アメフトのファールの場合、審判のルール適用と現場での判断には問題がなかったようです。
アメフトのルールを調べると、退場に関しては今のサッカーのルールの方が厳しいようです。
もともとのルーツは同じ競技ですが、枝分かれしてそれぞれ別々に必要なルールを付け加えてきたので、今では全然違う競技になっています。
今でもサッカーをフットボールということがありますが、ややこしくなるのでそれは置いといて…。

サッカー、ラグビー、アメリカンフットボールの共通のルーツである古典型フットボールではファールや乱闘の歴史が根深く、それで死亡したり大ケガを負った人の数は相当いると思います。
サッカーのルールには「相手を殴ってはいけない。」「相手を蹴ってはいけない。」という条項がありますが、そういう当たり前といえるルールができた背景には、この競技がスポーツという概念ができる以前から行われていたことを表しています。
地域対地域のお祭りのようなものから変化してきたので、フィールドやゴールの大きさを明文化したときにこれらのことも項を起こして示しておく必要があったのでしょう。
つまり、それ以前はそういうことがしょっちゅう起こっていて、それはそれで勝敗とは別だったということです。

この3つの中で、一番あとでルールができたのがアメフトです。
主にラグビーのルールを、合理的で自分たちアメリカ人の好みに合うように改編しました。
魅力はズバリ、接触プレーです。
ラグビーと比べてどちらが接触が多いかと聞かれたら正確なことはわかりませんが、ヘルメットや大型の肩パットを付けた戦闘的な服装は、スポーツになる前から行われていた乱闘型フットボールのエキスを一番引き継いでいるのではないかという魅力があります。




アメリカでは、今回のような戦術的な違法タックルの前例はなかったのでしょうか。
人気No.1スポーツで、興行スポーツとしてプロであるNFLだけでなく大学でも大金が動きます。
すそ野も日本よりも広いでしょうから、いろんな地域や年齢層、そしていろんなレフェリングレベルの中で試合が行われているのではないかと思います。
ということは、当然もめごともたくさんあるはずです。

と思って、日本語サイトの範囲でネットを調べてみましたが、ピンとくるものは出てきませんでした。
本場アメリカの大学の日本人コーチがテレビに出ていましたが、そういうことははっきりとわかりませんでした。
明石家さんまさんは、ああいうタックルを受けたらアメリカでは乱闘になるだろうと言っていましたが、少し当たっているような感じもします。

アメリカ人には「自分の身は自分で守る。」という考え方があり、ガン所有の問題でよく耳にします。
このへんのニュアンスは日本人にはわかりにくいところだから、関係があるかなとか思っています。


<つづく>






ファールと罰則 ; その1


日大vs関学のアメリカンフットボールの話題が世間を賑わせています。
何か、内田正人前監督が悪役として登場する勧善懲悪の劇みたいになっていますが、マイナーな立場になったものを多勢で袋叩きにするという風潮は、私の好みではありません。
が、前監督には糾弾される点があることは間違いなさそうです。


2018年05月28日、thumb-5784043168001_a


チームとしてファールタックルの指示があったか、なかったかということに焦点が当たっていますが、これを突き詰めても最後はグレイな面を残しての解決にしかならないだろうと思います。
関学側は警察の介入を求めていますが、捜査によって明らかになるでしょうか。
それはなぜかというと、相手の有力選手にいいプレーをさせないようにすることは自チームにとって当たり前のことなので、そういう戦略分析と違法な指示を明確に区別することが難しいからです。
「相手をつぶせ。」とは「チェックして、いいプレーをさせるな。」という意味で、そういう言い方をする指導者はスポーツの世界にときどきいます。
しかし、ファールが起こったあと、「結果としてそうなった。」というのと、「そうなっても構わない。」「少しぐらいは構わないから、どんどん行け。」というのには違いがあります。

回りの大学アメフト部の日大に対する態度は、一様に冷ややかです。
ここから考えられるのは、内田前監督の指導するチームには「ラフプレーも辞さず。ファールにならなかったら儲けもの。ファールになっても勝敗に有利にはたらくものであれば選手を評価する。」という面があっただろうということです。
この感覚は勝敗のために采配を振るう監督なら誰にでも少しはあるものですが、その程度が突出していたのではないでしょうか。

強豪大学として歴史を誇る日大ですが、対戦相手である回りの大学はその姿勢に一様にずっと不満を感じつつも、口に出せないでいたということではないでしょうか。
どの大学、どの組織も日大を擁護する発言をしないところを見ると、その共通の不満のエネルギーが今回の事件を引き起こしたのではないかと思うぐらいです。
今回のことでマイナーな立場になった今となっては、日大擁護派は連合体である関東アメフト連盟の中で針のむしろに座っているようなものだろうと思います。





反則を犯した日大選手には、やはりそれに見合った罰則が必要です。
期限付きの出場停止が適当ではないかと思います。
ダーティーなプレーに対して適量と考えられる罰則があってこそ、それを戦術に利用しないという当たり前の正義がどこでも行われるようになります。

監督の引責も免れないと思います。
選手の競技以外の不祥事で引責する監督はときとして気の毒だなと思いますが、これは指揮下の試合中に起こったことです。
選手のプレーは、指導者のミーティングなどで見せる態度によって大きく変わります。
ダーティーな戦術的ファールが監督に評価されるという予感があれば、選手がそれを行う可能性は限りなく増大します。
それにコーチが絡んでいるとあっては、これはチームのやり方と言わざるを得ず、反則指示のあるなしに関わらず、監督も連座制で責任負う必要があります。

罰則については、選手にとっても指導者にとっても効果のある方法を取るべきです。
選手はリスクを知るとそういうプレーはしなくなるだろうし、監督はむしろそれを止める立場に変わります。
ファールをした選手に同情的な空気がありますが、人情で量刑を左右しては、今後こういう事件が起こらないための措置として不適当です。
世間に注目されたからといって、罰則が重くなったり軽くなったりすることには反対です。

辞める、辞めないという話は罰則とは違う場所で考えることです。
イメージダウンを防ぐために大学側がクビを切る、それも大学の自由です。
刑事罰が確定した場合は除名や追放という処分が必要だと思いますが、それが証明されないのであれば、名誉回復の余地を残した長期の資格停止がいいと思います。




関東学生アメフト連盟は規律委員会を設け処分を検討していますが、私の考えよりも厳しい処分が下される模様です。
私は甘いのかもしれませんが、築き上げた業績というものに、尊敬の念を感じるからかも知れません。


<つづく>






トランプ外交、そして日本は


トランプ流の思い付き外交、恫喝外交が全開、フルパワー。


2018年05月24日、BLOGOSより_
※ BLOGOSより


もうすぐアメリカ合衆国大統領の対朝宣戦布告とその2、3日後の米朝国交樹立が相次いで発表されますが、日本の皆さんは特に一喜一憂する必要はありません。
と、これはブラックユーモアですが、合衆国には優秀な政治家や官僚がたくさんいますので、最後は収まるところに収まります。
そんなにヘンなことにはなりません。


アメリカと北朝鮮の外交交渉は予想通りさまざまな駆け引きが行われていますが、狙いが定まっているのは北朝鮮の方だと感じます。
経済封鎖は解きたいが、中国を橋渡しとしてヨーロッパなどの第三国をシンパとして懐柔できるのであれば、このままの状態が少しぐらい長引いても構わないと考えているのではないでしょうか。


米中関係が悪化しているので、北朝鮮の態度には常に中国の影が付きまといます。
北朝鮮を使って、中国がアメリカに揺さぶりをかけているということですが、アメリカも対中に影響の大きい関税措置などで対抗しています。
ロシアは現状では中国寄りの姿勢を取らざるを得ず、利害関係の一致、不一致でアメリカ対中ロ、それにヨーロッパが絡むという新たな対立構造が生まれ、固定化しつつあります。
冷戦終結から30年弱ですが、世界は次のステップに進んでいくのでしょうか。
米ソ時代とは違い、経済を解放した中での争い、どんな時代が来るのでしょう。





日本の国際的な位置は少し前よりも下がったと感じますが、今もアメリカの忠実な先鋒と世界の国々に思われていることは間違いありません。
それに、私たち日本人に一番メシのタネを与えてくれる国がアメリカであることも変わりません。
でも100年ぐらい先の米中の力関係を考えると、日本にとって対中外交は次第にウエイトの高いものにならざるを得ません。
要するに、いかにしてアメリカの機嫌を損ねずに中国に接近していくかというのが、私たちの考える大きな流れではないでしょうか。

安倍首相の対北朝鮮問題でのアメリカ追従姿勢は、ときとしてみっともないなあと思う私ですが、これは少数派で、現実的にものを考える経済志向の人や拉致問題での人道志向の人など、多くの世論はそれを支持しています。
反面、彼は中ロとの外交関係積み上げにも動き、アピールする姿勢を示しています。
舵取りというか、こちらの方は拍手をしたいと思います。






能登半島ぶらり旅 ; その10


能登の旅、最後のメニューは輪島キリコ会館です。
キリコとは、太鼓台と同じような担い棒の上に大きな御神灯を付けている祭りの「かつぎ山車」のような御神体です。


2018年05月12日、10時12分30秒a


祭りは能登半島の各地域で行われていて、キリコの大きさや祭りの形態は千差万別のようですが、人口が多い地域では電線の高さの関係で上の画像のような5mぐらいのものが多いようです。
古いもので大きいものは10m以上あり、下の画像にあるような巨大キリコが存在します。

会館の展示を見る限りでは、輪島のキリコ祭りのことと能登半島のキリコ全体のこと、そしてキリコの変遷が混同されて、話がわかりにくくなっている気がしました。
実際の祭りを見てみれば、だいたいのようすがわかるのですが。

http://www.hot-ishikawa.jp/kiriko/jp/index.php


2018年05月12日、10時14分58秒a


輪島は海女さんの歴史がある地域なので、それを図柄にした色っぽいキリコがありました。
関連して展示で知りましたが、能登半島の北約50kmには舳倉島へぐらじまという人の住む小さな島があり、漁業基地として、そして海女さんの活動の場として、今も毎日定期船が出ているとのことです。
民宿があるそうなので、一度行ってみたい島です。
こんな島があるなんて、全然知りませんでした。
悠久のときをゆっくり過ごせる別天地の島のようです。



これで今回の能登半島の旅は終わりです。
放浪の旅とは程遠かったけれど、多少それらしい雰囲気は味わえました。
こんな旅ならいつでも行けそうです。
思い立ったら吉日、思い立ったら出発日、そういう旅をしながら人生を進んでいきたいもんです。



帰り道のエピソードなどを紹介します。

【能登半島の道路】
半島北部では、かつて輪島市、珠洲市まで伸びていた鉄道は廃止されています。
その代わりか、内陸部の山の中に新しい道路が造られています。
町がある沿岸部の道よりも、そっちの方があとでできた分高規格です。

【氷見市のたこ焼き】
帰りに「富山湾から見える立山連峰」の景色を期待して氷見市方面を通りましたが、残念ながら曇っていて全然見えませんでした。
市街地に掘っ立て小屋風のたこ焼き屋さんがあったので入りました。
ここの経営者は60歳で会社を退職後に大阪に遊びに行き、たこ焼き屋をしようとひらめいたそうです。
以来18年、それで十分生計が成り立ってきたとのこと。
78歳のおっちゃん、元気でした。
うまかったで。

【夜の高速でごそごそ①】
ここは徳光PA、深夜1時ごろトイレへ行くために目を覚ますと、バッテリーをつながせてくれと100系ハイエースの人が…。
ブースターの長さの関係で助手席同士を接近させなければならず、やりにくいことこの上なし。
かなり感謝され、缶コーヒーを謝礼にもらいました。
彼は堺市とのこと、家に着くまでエンジンを切らずノンストップで帰ると言って出ていきました。

【夜の高速でごそごそ②】
そのあと寝床に戻りましたが、眠れないのでHDDにある映画を見ていました。
となりの場所にやってきた人は、何と雨の中でクルマの掃除、そのあと小降りになったときにワックスがけまでしていました。
何とのう気になる…。
再びトイレに行くときに少し話をすると、彼は…。
「このタイミングでワックス掛けるときれいになるんですよ。」
「また雨降るよ。」と思いましたが、言いませんでした。
これ深夜2時ごろの話。

【夜の高速でごそごそ③】
完全に眠れなくなり、予定外でしたが、ええいスタートじゃ。
不思議と目はさえていました。
南条SAでうどんを食べると、今度は心地よい眠気が。
2時間ほど熟睡、すっかり元気になりました。


2018年05月12日、23時53分30秒a
※ ジャンプスタートの100系ハイエースハイルーフ(去ってゆく後ろ向きのピンボケの方)


眠りを邪魔されましたが、人を助けることができたので不思議と嫌な気はしませんでした。
「人のために使える時間が十分にあること」、これオレの好きな豊かさだ。

それにしても、時計があってないようなもの。
気楽な旅。


<おわり>






能登半島ぶらり旅 ; その9


さあ、いよいよ輪島の朝市です。
ただし時刻は5時50分、朝の早朝サイクリングのときのようすです。
店もまだ出ていません。


2018年05月12日、05時50分28秒a


サイクリングで腹を減らしたあと、クルマで朝食です。
昨日の夜は10時30分ぐらいに寝たので、朝早くスカっと目が覚め元気です。
そして、時間は有り余るほどあります。

行程としては、あとは1日半かけて家に帰るだけです。
とにかく今日の午前中は輪島観光。
何でもゆっくり、の~んびり行動です。


2018年05月12日、08時40分49秒a


朝市が始まりました。
時刻は8時40分、人はまだそんなにいません。

ここでお土産にお箸を購入します。
そんなに高いやつじゃないけど、5本入っていて祝儀袋のような感じがしたので、使ってもいいし飾ってもいいし。
私にはヨメさんが一人、子どもが三人なので、そのイメージです。
「輪島塗」って書いてあるところがミソです。


2018年05月12日、09時13分24秒a


9時を越えると、だんだん人が増えてきました。
ほかのところも回ってみよう。

オッ、「輪島ドラマ記念館」という建物があるぞ。


2018年05月12日、09時01分08秒a


3年前のNHKの朝の連ドラ「まれ」がエンドレスで流れていました。
主演の土屋太鳳さんはもちろん、ここでは宗教がらみの騒動で今はテレビにあまり出ない清水富美加さんや、不祥事で全然出ない高畑裕太くんたちもバンバン画面に登場します。
このドラマは、輪島塗関係者や観光関連の人にとって期待の星だったんでしょうね。



2018年05月12日、05時58分02秒a


通りは広く、このあたりの街並みはある時代に計画的に造られた場所のように思います。
その時代はわかりませんが、案外古い木造の大きな商家が並んでいます。

歴史を調べたりはしませんでしたが、日本海側で能登半島の大きな集落であった輪島は、船が沿岸航法の時代は重要な港だったと考えられます。
引き込み線でもあったのだろうか。
この道の先には港がありますので、それなりに重要な通りだったことが想像できます。


2018年05月12日、06時13分24秒a


埋め立てによってできた新興地と考えられる沿岸部に出ます。
広い公園があります。
ゆとりバリバリって感じです。

キリコ会館という前衛的な形をした大きな建物があります。
キリコというのは、この奥能登地域で行われるお祭りに使われる担ぐ灯篭のようなものです。
だから、この会館は郷土の祭りをテーマにした博物館ということです。
よし、あとで行ってみよう。


2018年05月12日、06時16分30秒a


おっ、手前にサッカーグランドがあるぞ。
人工芝、そして大きさからいってこれは少年サッカー(小学生;~U12)用のものです。
小学生用でもこれだけの設備とは。
いいなあ、輪島市は。

て、感心している場合じゃない。
我が市でも推進活動に力を入れなくっちゃ。


2018年05月12日、09時50分29秒a


道を隔てた側には、もっといいのがありました。
400mトラック付きの競技場。
これも人工芝ですが、トラックが青とはめずらしい。
見た感じ、とても爽やかです。


気楽に旅をしていましたが、ふと現実に引き戻される瞬間でした。
でも、まあ家に帰るまでは忘れておこうっと。


<つづく>






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR