フジの花芽が膨らんできました。


一週間程前から、フジの花芽がどんどん膨らんできました。
丸い花芽がはち切れんばかりにどんどん大きくなるようすは、正に楽しみそのものです。


2019年03月31日、16時26分55秒a


去年の夏は葉を刈りすぎたので栄養の蓄積という意味で少し心配だったのですが、これなら去年並みの花が期待できそうです。
この時期のつぼみの画像を見比べると、去年の花の最盛期が4月21日だったのに比べ、今年は若干遅くなるのではないかと思います。
さあ、がんばれよー。






紀の川フルーツラインと梵天山へ


今日は和歌山r219安川大塔川林道のアタックを計画していましたが、あいにく午後から雨の天気予報で大幅に計画を縮小。
紀の川フルーツラインと梵天山展望台を回って帰ってきました。

メンバーはとっちゃんWR250、TMYくんTR250、それと私のトリッカーの3台です。
3人とも小さい方のバイクということです。


2019年03月30日、09時18分15秒a


紀の川フルーツラインでは新しいトンネルが開通して一部区間がつながりましたが、それ以外はほとんど変化したところがわからないぐらいのゆっくりとしたペースの工事です。
あまり急いでいない模様。

丹生川と南海高野線を跨ぐ九度山の新しい橋は平成31年度中の開通を目指しているとのことですが、工事の終了が5月31日だという看板が立っているだけで、開通の情報はわかりませんでした。
橋は完成しているので、がんばれば6月1日開通は可能だと思いますが、果たしてそうなるのか立て看板の情報からはわかりません。

道の横の果樹園のところに、サクラの花がきれいに咲いていました。
3台並べてパチリ。


2019年03月30日、12時30分16秒a


岩出の丸太屋で和歌山ラーメンを食べて、次は梵天山の展望台です。
泉南一と思われる景色が見えるところですが、あいにくの曇りでいい写真は撮れませんでした。
代わりに、展望台下の公園、というか駐車スペース。

一つ驚いたことがありました。
この梵天山へは「ねごろ元気の森」から「馬別れ」と呼ばれる三叉路を通って上ってきましたが、その道がすごく荒れている。
もともとそれほどいい道ではありませんでしたが、数年前は私の息子がアクシス90でスイスイ上っていたのに比べ、今日はかなりの変わりようでした。
完全グラベルの上の方は一緒ですが、元アスファルトと思われる前半部はその割れ方が半端じゃなくなっていて、水の流れによる深い切れ込みとアスファルトの残骸が混在する、非常に走りにくい状態になっていました。
去年の台風の片付けも応急なものだけで、、倒木やそれを留めているワイヤーなどをたくさん見ました。

17インチのロードタイヤのWR250では、かなり走りにくかったはず。
とっちゃんが運転うまくてよかったぜ。




帰りは、予報よりちょっと早めの雨に遭ってしまいました。
TMYくんが「先にカッパを着ておこう。」と言ったのは、バッチリ正解でした。






ヘルメットをありがとう!


この前の潮岬ツーリングで、Winsヘルメットのシールド留め具が外れて直すのに手間取りました。
そのとき横でいたTMYくんが、「今使ってないのがあるから、一つやろか。」と言ってくれました。


2019年03月27日、12時16分53秒a


「えっ、ヘルメットなんかもらうのか。ええ歳して、そんなもんもらうなんて・・・。」と常識的なことを思いましたが、・・・中略・・・、その葛藤は意外と短い時間で終了し、あっさり好意を受け入れることにしました。
彼は「『Kawasaki』のシールを剥がして『YAMAHA』のシール貼ったらいい。」とか「バイクの色がシルバーだから合うよ。」とか、いろいろ言ってくれました。
ありがとう。
遠慮なく使わせていただきます。

銘柄はアライRX-7Rvで、サイズは59-60です。
耳の部分が少し窮屈だったんだけど、アライのHPによると、サイド部分の内装を15mmから12mmにすれば広くなると書いていました。
が、さらに詳しく見ていると、3枚重ねになっているスポンジの1枚を剥がすと片側で4mmほど広がると載っているところがあります。
これはいいものを見つけた。
後者の方法を採用することにします。

ヘアドライヤーとシール剥がし液、プラスチックのへらを使ってシールを剥がし、同時進行で内装の洗濯をします。
画像では、ついでにいろんなものを洗っています。


2019年03月27日、sentaku_a


ヘルメットはシルバー一色なので、私のバイクのカラーであるシルバー&オレンジにしようと思います。
オレンジのカッティングシールをポチッ。

貼り方は、あるHPを参考にして、それをちょっと省略したやり方で行いました。
参考にしたページがどこにあったのかわからなくなったので、簡単に書いておきます。

① ヘルメットにマスキングテープを何枚も貼って平面状にし、そこに下絵を描く。
② ヘルメットからマスキングテープを剥がし、それをカッティングシートに貼る。
③ 下絵の線に沿って切る。
④ シンメトリーの必要なものは、裏返してカッティングシールになぞって線を引く。
⑤ 2つめを切る。

貼るのにもちょっとコツが要りましたが、ま、何とか。
ちょっとぐらい歪んでいても、左右同時に見えないところもあるからこれでいいです。
参考にしたHPにも、「どうせ素人が貼ったんだという気で、大胆に。」と書いていました。


2019年03月29日、00時08分38秒a


オレンジのところに黒の縁取りをしたらもっとカッコよくなるんだけど、作業が難しくなるから今回はパスです。
次回の課題です、が、次回はないだろうな・・・。

バイクに合う色にできたので満足です。
早く次のツーリングに行きたくなってきたな。






ようこそ cillowさん、潮岬弾丸歓迎ツー(3/24編)


西東京市のMT-01ライダーであるcillowさんが潮岬のキャンプ場にやって来ました。
一緒にキャンプをしたのはスーさん、タカさん、babaさんの3名です。

私も行きたかったんだけど、あいにく土曜日の夜にサッカー連盟の会合があり、泊まることはできません。
日曜だけなら・・・、よし行くか!


2019年03月24日、08時56分51秒a


潮岬も近くなったもんですね。
キャンプ場のある大島リゾートまでGoogleによると2時間40分ぐらい。
この数字は法定速度です。
休憩も必要です。
いろいろ考慮した結果、5時30分出発で南をめざすことにしました。
近所の仲間であるTMYくんととっちゃんが、私と一緒に行ってくれることになりました。

キャンプ場にいる人たちには、8時過ぎに着くと連絡をしていました。
楽しい行軍ですね、目標があるというのは。
ダラダラした気持ちではなく、キビキビした気持ちになります。
もちろん、すさみ南ICまでオール高速です。
ガソリンを入れたりして結局8時30分ぐらいになってしまいましたが、皆さんがテントの後片付けをしているときに、目的地である大島リゾートキャンプ場に到着することができました。


2019年03月24日、08時46分06秒a


このキャンプ場へは以前にrenさんwithその仲間の人たちと来たことがあります。
岸和田からramさんシェルパとトリッカーの2台で、紀伊半島の山中をテクテクやって来ました。
そのときも3月で、キャンプ場はガラガラでしたが、今日は満員です。
まだ寒い3月にキャンプする人が増えているのでしょうか。




さてここからはツーリングです。
太平洋岸に沿って西へ進み、海の景色を楽しみます。
まず最初は潮岬です。


2019年03月24日、09時36分58秒a


いつもはこの駐車場に停めて岬の先の方へは行かないんだけど、今日は東京からやって来たcillowさんがいるので、ちゃんと景色を見に行きました。
久しぶりに見る潮岬から見る太平洋は、前と変わらず、素晴らしいものでした。

R42を進み、やって来た恋人岬。
ここは初めて立ち止まりました。
場所は潮岬方向からやってくると、すさみIC出口の道の駅「すさみ」があり、その次にある道の駅「イノブータンランドすさみ」を越えて少し行ったところにあります。
ちなみに道の駅「すさみ」は新しい施設で、道の駅「イノブータンランドすさみ」はまもなく廃止になると思います。


2019年03月24日、10時42分37秒a


話は戻ってこの恋人岬、潮が引くと向こう側に見える島まで歩いて行けるそうです。
それが満ちるときに左右の波が出会ってつながる場面があるので、恋人岬と呼ぶそうです。

babaさんとタカさんは順次離脱、スーさんとcillowさんとも道の駅「ふるさとセンター大塔」でお別れです。
私たちは朝早いので疲れた・・・、昼寝をします。


2019年03月24日、13時07分31秒[1]a


しかし、R424の喫茶バグダッドに立ち寄ると、再びスーさんとcillowさんがいました。
再合体して、有田のミカンロードへ。
この道を走るのは2回目です。
道が広く路面もよいのですが、アップダウンがあり、カーブのきつさがまちまちなので、面白いけどとても走りにくい道です。


2019年03月24日、16時20分20秒a


そのあとはガソリン屋探しで、皆さまにたいへん迷惑を掛けました。
この場を借り、お詫び申し上げます。
その後、阪和道を北上。
2人のライダーは京奈和道の分岐で、立体交差の道路へ消えていきました。

cillowさんはこの日の晩は奈良市に宿泊だそうです。
楽しんでください、そして安全にお帰りください。






ポータブル電源のバッテリー交換


宇和島城への旅では、一つだけ小さなトラブルがありました。
クルマのエンジン停止中に使う車載用のポータブル電源が逝ってしまいました。
この機器は約3年の寿命だったことになります。


2019年03月17日、13時27分57秒[1]a


分解してみたところ、中には予想通り大型バイクと同じぐらいのバッテリーが内蔵されていました。
品番を調べて検索したところ同じ製品はありませんでしたが、トップにこの品物の互換製品が出てきました。
今後に備え、amazonに出ていた商品名をそのままここへ記載しておきます。

≪高性能シールドバッテリー 12V20Ah≫Long WP20-12  非常用電源等に!GP12170 PE12V17 12SSP18 NPH16-12T 12m17W HF17-12A 互換

さらに、私よりも先にこの交換作業をした人の記事もヒットしたので、参考にして交換作業をすることにします。
値段は4,770円で、会員なので送料はなし、ポチッ。


・・・・・・・・・・ それから2日が経過しました。 ・・・・・・・・・・


2019年03月20日、10時54分39秒a


新しいバッテリーが届きました。
ネット記事には、「互換商品の端子の位置が若干違うので無理をしてつないだ。邪魔になるプラスチック部分を削り取った方がいい。」と書いてありました。

最近購入した新しいサンダーの出番です。
このすり減った砥石、捨てなくてよかったなあ。
小さくて、この仕事にピッタリだ。


2019年03月20日、10時59分07秒a


取り付けてみるとこの通り。
ネット記事の人より上手に付けられたぞ!
一番最初に画像と比べると、配線の曲がり具合の違いがわかります。


2019年03月20日、11時11分43秒a


楽しみな動作確認です。
うむ、ちゃんと動くぞ。
元気な緑色のランプが点灯しました。


2019年03月20日、11時20分31秒a


しかし、ここで問題発生。
ACコンセントを差しても電気が来ない。
インジケーターランプも点灯しない。
調子がおかしいときにいろんなものをつないだので、どこかで断線してしまったのか。

どうしよう、AC電源が使えないんじゃ何のために修理したのかわからない。
困った。
またバラして修理か・・・、直せるかな。


2019年03月20日、12時03分23秒[1]a


幸いなことにDC出力があったので、そこにDC-AC変換のインバーターを接続。
これは以前ホンダSMXで使っていて息子にあげたものですが、その息子もクルマを買い換えて要らなくなっていました。
息子の部屋を捜索して無事救出。
取り付けると何とか作動・・・、いつもながらのガラクタ人生、寄せ集め人生かよ。



でも、まあ、さし当たりこれで使えます。
修理はまた今度ゆっくりとすることにします。

この前、ハイエースのハイマウントストップランプ修理のときも思ったんだけど、テスターとかハンダとか家に備えておかなければいけないなあ。
いつでも宿題は残ります。






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR