鈴鹿8時間耐久レース 最終リザルト


カワサキ優勝、おめでとう!
昨日ブログを書いた時点ではヤマハが優勝だったけど、その後逆転の裁定が下されました。
結果、ブログとしても中途半端な終わり方になったので、新たに変更後の記事を書きます。


2019年07月29日、7D2_4299-764x510_a
※ AUTO SPORTS Webより


今回の混乱は、耐久シリーズ戦のルールが一般的なレースのルールと違っているために起こったんだけど、こういうことは起こってみないとわからないものなんだなあ。
ここは改善の余地がある部分だから、すぐに整合できるだろうと思います。

ただ現場の対応として、オイルをまき散らす車両が発生した時点ですでに完全なナイトレースになっていたから、レッドフラッグ(レース中断による試合成立)か、最低でもペースカー先導などの積極的な安全対策がなされるべきだったと思います。
このへんの判断は遅いというか、統一されていないというか、そんな感じがしました。



「レースは何が起こるかわからない」といいますが、それが起こらないように、これまで競技ルールや車両レギュレーションの変更、サーキットの設備の充実が行われてきたわけだから、現場の対応力もそれと同様により優れたものに進化する必要があります。
今回はそのあたりにちょっとお粗末さを感じました。
そこまでのレースの内容が素晴らしかっただけに、宿題を残した印象に残る好レースということになったと思います。


それにしても、ジョナサン・レイは素晴らしかったですね。
耐久レースは総合力、チームの力といいますが、私の目には彼が勝ったようなもの。
ブラボー!






涼しい8耐


鈴鹿8時間耐久も、家のテレビで観ていると涼しいなあ。


2019年07月28日、14時29分46秒a


始めの方、ヨシムラ・スズキがトップ。
でもこの時点では各チーム様子見という感じ。

ライダーが替わると一変。
ジョナサン・レイが快走、さすがスーパーバイクの現役チャンピオン!


2019年07月28日、15時37分20秒a


テレビの前にかじり付くだけのアクティブさがない一日、ホントはリハビリツーリングに行く方がいいような気もするが・・・。
でもレースの方はなかなか白熱しそうな面白い展開だ。
続きを観ようっと。



<PS.>
レースは希にみる素晴らしい接戦でスプリントが8時間続いているような感じ。
でも最後はすごい幕切れに。
結果はヤマハの5連勝。

特にカワサキファンというわけではないけど、あの裁定はおかしいんじゃないかな。
知っている知識からすると、カワサキが優勝じゃないの・・・?






筆無精になってしまった。


長いこと更新をしませんでした。
完全に筆無精になってしまっているな・・・。

忙しいといえば病院通いぐらいですが、何となく毎日のメニューが予定通りに詰まっていて、一日が過ぎていきます。
今まで、いつブログを書いていたのだろう?と思うこと、しばしば。



足の具合の回復はボチボチです。
完全にはよくならないだろうけど、運転の方はやがて大型バイクでもOKになると思います。
ただ、山歩きみたいなことは難しいかも知れないな。

そんなことを思って不安になるときもありますが、目標を高くしてがんばっていこうと思います。






20kmツーリング


久しぶりにトリッカーで出撃!
といっても、ほとんどリハビリのためのツーリングです。


2019年07月15日、13時06分29秒a


この距離では、これといって停まるべきいい場所がないなあと思っていたときに、我が家のお墓のあるあたりを通過しましたので、急遽墓参りということに。
満中陰の日の花がまだ少し咲いていたのでそれは捨てず、少しだけ草むしりをしてきました。
こうして病気をすると、お墓も何とはなしに親近感を覚えるなあ。
あと20年ぐらいで入る予定。

バイクに乗った感想として、『これはリハビリにとてもいい!』
右足を道路に下ろしたりステップまで上げたり、フットブレーキを踏んだり離したり。
正にリハビリそのもの。
右手も適度に使う方が、しびれがとれそうな感じがします。
ただいろんな意味で、MT-01の方は、トリッカーの運転で慣れてからの方がよさそうに思いました。


私にとって、この収穫は大きいね。
中断していた母の相続の用事を再開しよう。
それがリハビリになるんだったら、一石二鳥じゃないか。
まあ病院通いも忙しいけどね。






闘病記は飽きた、が・・・


少し前に「闘病記を書くのは飽きた」と言いましたが、そうなるとまた大して書くことがない毎日を過ごしていることも事実・・・。
そこで再びこの話題になるわけですが・・・。

11日(木)から、家の近くの春木平成病院でリハビリ科の療養を受け始めました。
症状は、一番ひどいときに比べたら治っていると思いますが、内容が内容だけにスッキリと快方に向かうというわけではありません。
一進一退というか、時間がかかるというか、やはり自分でも努力を続けないとダメなようです。
症状の改善は三ヶ月ぐらいまでが勝負ということなので、がんばるぞ!



今の状態で、運転に関する程度は下の通りです。
クルマの運転はOK。
トリッカーも多分大丈夫だろう。
MT-01の運転は走り出せば問題ないだろうけど、取り回しと足つきが不安で、乗る気は起こりません。

一番難しいトリッカーのハイエースへの積載作業は、まだ止めといた方がよさそう。
このへんまでは何とか回復しないと今後の遊び方に影響が出てしまいます。



ところで、骨折で入院してきた友人のTっちゃんが退院したので、お祝いで焼肉を腹一杯食べてきました。
今のところ、病人 vs ケガ人みたいな二人なんだけど、とにかく焼肉はうまかった!






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR