光秀の肖像画が一般公開


大河ドラマが放映されているので、ちょっとした明智光秀ブームが起こっています。
岸和田城で明智光秀の肖像画が一般公開されているので、昨日ヨメさんと二人で出かけました。
なお会場は撮影禁止だったため、下はウィキよりお借りした画像です。


2020年02月28日、Akechi_Mituhide2_a


この肖像画にはちょっとした思い出す話があります。
15年ぐらい前のことですが、ある研究会の企画を考える立場だったときに、所蔵する本徳寺に「本物を見せてくれ。」と頼んだことがありました。
そのときは希望が叶わずレプリカだけしか見せてくれなかったので、「本物は、もう人に見せられる状態ではないぐらい痛んでいるんじゃないかな。」と勝手に想像していましたが、今回の展示を見て、レプリカとほぼ同等の保存状態の実物が存在することがわかりました。



ところで、この本徳寺は臨済宗妙心寺派のお寺で、私の家はこの寺の檀家です。
お盆と彼岸にお経を唱えてもらい、近年は父母の葬式もお願いしました。

寺の伝承では、光秀の子どもが寺の創設に関わったという話です。
岸和田周辺は江戸時代初期に紀州街道ができましたが、寺はそれ以前からあったであろうと推察されている道筋に建っています。
通称「寺町」と呼ばれていた一角で、現在の岸和田市五軒屋町の一部です。
なかなか歴史は深いようです。
今このあたりでは、「明智光秀の本物の肖像画を持っている寺」として有名です。






コロナウイルス リスクの犠牲とリスク管理の犠牲


全身を覆う白い防染服、まるでSF映画の一シーンのようです。
コロナウイルスの世界的な蔓延に伴い、この異様な出で立ちが日常的な風景の中に登場するニュースが流れるようになりました。
情報の共有がグローバルになった今日ならではの映像が、中国のみならず、世界中のあちこちで見ることができるものになっています。

この現象に対し、長期的な見通しを持っている人はもちろん誰もいないわけで、全員が不安の中で、より確かな情報を求める状態が今後しばらく続きそうです。
この「今後しばらく」は、1ヶ月なのか3ヶ月なのか、それとももっと長いのでしょうか。




わからないことはわからないとして、わかる話を書いてみようと思います。
このウイルスによる犠牲には三つの段階があると思います。

第一の犠牲は病気を患う、または死に至るという直接的な被害です。
死亡者の数や患者数は、現在わかる範囲で把握されています。

第二の犠牲は、この影響によって経済的な損失を受けることで、風評被害のような理不尽な差別を受けることも含まれます。
生産活動の停止や消費活動の減退で、会社の収益減や倒産など被害額は計り知れません。
生活を支える収入を失ってしまう人もいるでしょう。
また感染者や家族をはじめとする接触者、その人が住む地域、そしてときにはその対策に取り組む医療や行政の関係者までが、この病気の感染源として特別な目で見られるという事態が出てきています。

第三の犠牲は、このリスクを管理する方法について何らかのミスが問われることです。
何かが起こると、その対応策が山ほど出てきて取捨選択するのに困るということは起こらずに、ことが収まったあとに「対応策がマズかった。あれは人災だった。」という意見が必ず出てきて、論争や裁判が起こります。
相手が太刀打ちできない存在のときに起こる、内輪もめの状況に似ています。
解決にはわりと長い時間がかかります




リスク管理を決定する人には、かなりの重い責任が課せられます。
もちろん人道と社会正義のためにそれを実行していくわけですが、何かを犠牲にして効果的な方法をとっていくことになります。
可能な限り最大公約数的な考え方をもとにことを進めるわけですが、ときとして効果がなかったり失敗する場合もあり得ます。

それを考えると、「後に起こるであろう批判への考慮」がどうしても必要になってくるわけですが、今回のような場合「批判を恐れてあたふたしている人、無難だが対応が鈍く消極的な人」よりは「人道」や「社会正義」を優先して、思い切った手を打っていく人の方がリーダーとしてふさわしいことは言うまでもありません。

「対応策を誰が決めているのか?」
医療関係者は医学の専門家であって、施策の社会への影響については専門家ではありません。
また政治家や行政官はその分野の専門家であり、原因の究明や感染経路、効果的な医学的処置を研究する人ではありません。
つまりオールラウンダーな玄人は存在せず、マニュアルを持たない素人が才能を発揮して最善の方法を考えていかなければならないのです。
多くの人の協力とトップの決断が重要です。




ここまで書き進めてきてちょっと反省ですが、私の文章は問題を外から眺めて、感想を述べているだけだなあと思います。
単なる外野の意見をいう後ろめたさを感じますが、そうとは言ってもできることは何なのかよくわかりません。
ただ一つできることがあるとするならば、よい施策を応援すること、そして無駄な批判でチャレンジを鈍らせないようにすることだと思っています。




<追記>この日このあと、全国の小学校・中学校・高校・特別支援学校を臨時休校にする要請が発表されました。






林青空 in amazon music


林青空ちゃんが2月26日に「出航日和」のアルバムでCDデビューします。
皆さん、応援してください。


2020年02月25日、HA_int_a


アルバムは応援ショップまたはアマゾンのページから購入することができます。
https://www.amazon.co.jp/b?node=8007722051&ref=tsm_1_tw_s_amjp_vflvjy

インタビューの記事(文章の真ん中あたり)に私もちょっと登場しています。






MT-01 タイヤ交換20200224


MT-01のタイヤ交換です。
フロントのみ減ったパイロットロード4の間つなぎにしようと思っていた中古のディアブロロッソⅡ。
グリップはいい感じやなと喜んでいたら、リアの減りを待たずに昇天。
4,000円だから仕方ないか。
もともと、車検のため必要に駆られて付けたタイヤだったし。


2020年02月24日、12時45分17秒a


で、今度もフロントのみを交換します。
今度は新品でいきます。
今後、前後が同時期にならなくてもいいつもりです(また気が変わるかも・・・)。

うまいことに今リアに付いているのと同じパイロットロード4のフロントのみがあったのでそれにしようかなと思いましたが、店の人はいやにメッツラーのロードテック01を勧めます。
両方ともフロントのみの値段は10,000円で同じです。
あとでリアのみ買いやすいと言ってたので、このメッツラー、今後特価商品で市場に数が出てくるタイヤかなと思います。
結局、店の人の言うとおりにしときゃ間違い少ないだろうということで、そうしておくことにしました。


2020年02月24日、12時58分47秒a


お店はいつもの藤原タイヤセンターです。

富田林市からの帰り道は、タイヤの慣らしにいいだろうと思って、南河内グリーンロードという農道を走ってみました(ゆっくりと)。
そうしたら、R310紀見峠もよさそうなことを思い出し、そちらに進んでいきました(ちょっとゆっくりと)。
そうしていると、やはり高野山道路の方がいいぞという声がどこかから聞こえた気がして、仕方がないのでその方向へ進みます(わずかにゆっくりと)。
予定になかった行軍だが、なぜか迷いはなかったな・・・。

大門のところにある気温掲示板は9.7℃でした。
高野山でこのぐらいだから、2月としては暖かいいい日でしたね。


2020年02月24日、15時20分17秒[1]a


【メンテナンスの備忘録】
オドメーターの記録 53,609km

フロントタイヤ交換(METZELER ROADTEC 01 120/70 ZR 17 M/C 58W TL)






まあ・・・ありがとう


先週、紀美野町の林道へ行ってバイクがドロドロになったので、昨日下回りだけ水をぶっかけササッと洗いました。
ほんのシャシャッと、所要時間10分ぐらい。
ブロアーで水を飛ばし、さらに買い物へも行って少し乗っておきました。


2020年02月20日、16時45分27秒a


それで泥は落ち、ちょっとだけきれいになりました。
この程度の掃除ならそんなもんだろう。
トリッカーは向こうを向いたまま、「うん・・・、まあ・・・ありがとう。」と、小さい声で言っていました。



ただし、あとでチェーンだけはきれいにしておきました。
クリーナーを吹きかけておいて一日かけて汚れを浮かせ、それから掃除するつもりです。


2020年02月21日、12時16分00秒a


今日、藤原タイヤセンターに行く用事があったので、グリスは明日にすることにしてそのまま出かけます。
帰り道、なぜか行きにはなかったはずのグラベル路面が・・・。寄り道したからだが。

ある程度のスピードを出さないと、余計走りにくいしなあ。
しかし、そこには何と・・・雨も降っていないのに水たまりが多いのです。
ある程度よけられるが、全部はよけきれない!
結果、またドロドロに・・・。

どうしよう、また水ぶっかけかなあ。
けど、そうするとまたチェーンが一からやり直しだ・・・。



ガレージに帰ると、トリッカーは向こうを向いたまま、
「もっと、ちゃんと乗ってよ。」
と、昨日よりよく聞こえる声で言っていました。






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みに片よる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR