無料ブログの行方


このブログの今の時点でのファイル(ほとんど画像)のアップロードの使用状況は、下のようになっています。

ファイル数 ・・・・・・・・・・・・・・・ 9,306
使用サイズ/合計サイズ ・・・ 2,052.05 MB/10,240 MB
使用率 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20.04 %

今書いているこの記事は1,915番目で、一記事あたりにだいたい4~5枚の画像を使っていることがわかります。
また許容範囲の使用率は、ブログ開設約10年で20%です。
ということは、ペースと内容が今のままだと仮定すると合計50年分可能で、あと40年間はこの無料ブログを使うことができることになります。


あと40年もか・・・、絶対に最後まで使い切ることはないな。
つまり死ぬまで使えるわけだけど、その終わりの方を書き続けるのは非常に困難を極めるだろうなあ。
最後は闘病日記になるだろうなあ。 病院で書くのか・・・、書けるかな? 無理やろな。

でも読んでくれている人は私よりも年齢が下の人が多いから、頑張りさえすれば最後まで読んでもらえることになる。
それはそれで、たいへんうれしいことだなあ。





しかし、そんな悠長なことを言っている前に、もう一つ大きな問題があります。
それは、この無料ブログのサービスが継続するかどうかの問題です。
それまで使っていた無料ブログが閉鎖になり、データを失ったり、引っ越しするのに煩わしい作業を伴ったりしたという話を聞いたことがありました。
このFC2ブログを開設したときには、そんなことを深く考えて決めたわけではないので、一抹の不安が胸の中にありました。

そこで、アクセス数や評判のランキングを調べて、無料ブログを提供するサービス会社が好調であるかないかを調べてみました。
数値のランキングや主観によるランキングなどいろいろなものが雑多に出てきて、その記事が書かれた時期もマチマチだったので、いくつかを読んで、大まかに傾向を推し量ることにしました。




結果は良好でした。
どのランキングでも上位に顔を出し、FC2ブログは総合的には一番ではないかと思いました。
ということで、この成績を維持する限りはそう急にサービスがなくなる心配はなさそうです。

ほかには、Amebaブログ、はてなブログ、ライブドアブログなどがよく上位で名前を目にしたブログサービスです。
いろいろ特徴があり、例えばAmebaブログは会員同士のコミュニケーションが豊かで人気があることなどが書かれていました。

アフィリエイトという広告収入のこともたくさん載っていました。
FC2ブログはそれにも向いているとのことですが、このへんは全然知識がないので興味も湧きません。
またFC2はアダルトもOKということで、この間口の広さ、入り易さがこのブログの人気になっているようです。




書くことが娯楽、書いてりゃ満足って感じ。
とにかく、何も考えずにこの感じを続けよう。

皆さま、これからもよろしくお願いします。






中国ヘイトはいただけません。


二週間前に続き、ウイルス関連の記事を。
前回の記事では、あたかも日本のウイルス騒ぎが収束し、社会活動が再開されるような文章を書きましたが、その後予想を越える欧米での感染者数、死者数の急増で状況は一変。
検査態勢が拡充したこともあるのか、日本でも感染者数が一挙に拡大し、新たな厳しい局面を迎えることになりました。

このように、よく外れる私の未来予測ですが、今回も似たような話を書いていきます。
皆さま、よろしくお付き合いください。




コメディアンの志村けんさんが新型コロナ肺炎で亡くなりました。
知名度が高い人の死で、国内では今まで以上にウイルスに対する恐怖が話題になると思います。

この志村さんの死に対するネット書き込みで、中国をバッシングする内容の投稿があったことも報道されました。
たいへん残念なことだと思います。
本人は主張を繰り広げているつもりでしょうが、投稿の内容がどうこうよりも、結局は自分の認識や人間性の低さを世間に公表しているだけです。
しかし、こういうことが頻発するようであれば、世界から見た私たち日本人のレベルを示す悪い指標になります。




少し前まで、トランプ大統領は「中国ウイルス」という言葉を連発していました。
今は国連の非難を受け引っ込めているそうですが、合衆国国内では中国政府に対し、ウイルス禍による人的、経済的被害の損害賠償を求める訴訟が起こりました。
対する中国も、似たような証明することができないような理由で対抗していますが、合衆国内の訴訟の本当の狙いはもめごと、ゴタゴタが長く続くことです。

アメリカ国内で、さまざまな分野で優位性が頭をもたげてきた中国の経済的進出。
それに脅威を感じる合衆国保守派は、アメリカ国民が中国に対し対立感情を持って欲しいと望んでいます。
要は、中国人がアメリカ国内、またはその周辺の国で仕事がしにくくなれば、それがよいブレーキになるということです。




この二つのことは、関連しています。
中国ヘイトを書き込む日本人は、トランプ大統領および彼と利益を共有する勢力にとって、たいへんうれしい存在ということになります。
「踊らされている」という表現が当たっているかと・・・。
彼らは「中国ウイルスという言葉を思い付いてよかった。」と思っているでしょう。
またヨーロッパの人は、「やっぱり日本はアメリカの子分だなあ。」と思うでしょう。

しかし、こんなことばかりしているアメリカ人というのも、国民性を推し量られているわけですが。






桜めぐり2020 in 明恵峡


ここは有田川町の明恵峡、R424のワインディングロードが始まるあたりです。
見事にサクラが満開です。
向こうに見えるのはカフェバグダッド、あそこでコーヒーを飲みます。


2020年03月29日、S__63242253a


建物の中から外を見ると下の通り。
先ほど写真を撮った場所も見えています。

今日はとても寒い日で、東京の方では雪が降ったとニュースで流れていました。
もうじき4月だというのになあ。
服装は革ジャンに革パンだったけど、もう一手暖かい「厳寒仕様」の方がよかったぐらいです。


2020年03月29日、15時07分11秒[1]a


ずっとチラホラ咲いているサクラを見ながらツーリングをしてきたんだけど、今日はここが一番です。
有名ないくつかの場所は、もう少し待ったらきれいだろうというところが多かったです。

もっと南へ行けば一杯咲いていたかも知れないけど、今日は朝方まで雨が降っていて、そう遠いところまではいけませんでした。
集合は11時だし、まあいいか。


2020年03月29日、12時34分10秒a


上の画像は、ここへ来る途中の最初ヶ峰です。
紀ノ川がよく見えロケーションは抜群なんだけど、サクラは7~8分というところ。

眼下の桃の桃畑も、ここから見るとまだ桃色とはいえません。
サクラと桃の競演とはほど遠く、残念なり。


2020年03月29日、18時02分08秒a


ツーリングはお馴染みのメンバーであるTMYくんととっちゃんです。
今日は250トリオです。

いつも一緒に走ってくれて、ありがとう。
また行きましょう。


2020年03月29日、hanami






龍スカ 2020年 開幕!


龍神スカイラインの二輪冬期通行止めが解除されました。
気温が上がり好天となった今日は、平日にもかかわらず多くのバイクが集まり、排気音が山の尾根に響きました。


2020年03月26日、11時58分26秒a


今日の龍神スカイラインは護摩壇山付近の尾根道でも気温が15℃ぐらいあり、日差しがあり風はなく、たいへん走りやすい日でした。
今年の本格的ツーリングシーズンを迎え、トレーニングのつもりで龍スカを走ってきました。

クルマが少なくて、言わば走り放題。
気持ちよかったですね。
タイヤが消しゴムみたいになっている人もいましたよ。私ではありませんよ。
近くにサーキットはないはずだが・・・。


2020年03月26日、11時58分47秒a


龍神スカイラインは1980年7月に有料道路として開通。
これは私が一回目のリターンライダーになった年です。
若かったし、そりゃ行くわな。
当時は高野山側でお金を払い、龍神側の料金所手前でUターンして戻っていました。

そして、2003年の10月に無料化。
これは熊野古道などの世界遺産登録を見越し、観光客を増やそうとした結果です。

できたころと最近だけを知っているTMYくんは、道が悪くなった、木が大きくなって景色が見えにくくなったと言っています。
なるほど、道のことは感じていたけど木のことまでは気が付きませんでした。


2020年03月26日、14時45分55秒a


やっぱり、龍スカはいいね。
バイク心のふるさとのようなもんだ。






通行止めツーリング(3/20編)


皆さんは、これまでに通行止めの道路に出くわしたことがあるでしょう。
そこまでに予告の表示があって、「あ、やっぱり。」というときもあります。

道路の通行止めはバイクで突破できるのか?
確定的なことはもちろん調べないとわかりませんが、いざ道路標示の前で立ち止まったときは、常識やモラルとともに、経験や知識を活用すると役に立つことがあります。

と思ってがんばりました、が・・・。


2020年03月20日、12時39分29秒a


この日の計画は、1月に走った林道高原洞川線から分岐点を左折して吉野大峯林道に入り、大峯奥駈道との重複区間を走り、青根ヶ峰を通って吉野の奥千本に抜けることでした。
旅の友はTMYくん250TRととっちゃんWR250で、私はトリッカーです。

洞川温泉から進んでいきましたが、林道高原洞川線は積雪があるということで閉鎖中、でも看板だけでゲートはありません。
前回も通行止めだったのですが、問題なく通過できました。

さて今回、路肩の雪はそのときより沢山あります。
途中で何ヶ所か凍結しているところがあり、轍の跡の雪のないところを慎重に進みます。
一番標高の高い五番関トンネルまでくると、日当たりがよいせいか、安心して走れる道路状態になりました。


2020年03月20日、11時59分45秒a


しかし、トンネルを出て少し進んだところで、ガ~ン(トップ画像)。
前回なかった位置に通行止めの看板があります。
道路封鎖のチェーンが垂れ下がっていたのでそのまましばらく進むと、林業関係者?らしき何人かの人に会いました。
出口にもチェーンがあるので出られないよとのこと。

「チェーンが垂れ下がっていたのは、この人たちが通るためだったんだ。」
「チェーンを結んである支柱、あれは新しいから、多分最近立てたものだ。」


2020年03月20日、12時43分13秒a


撤退して、五番関トンネルの東側抗口でロング休憩、心の傷を癒やすために・・・。




話変わって、今度は帰路のr138。
五條市街につながる道ですが、この道はメチャややこしい。
間違えまくって、クモの巣状林道の県道指定のない部分も走りまくりです。
どこをどう間違えているのかもわからない、それでもだんだん五条に近づいているのですが・・・。
枝をよけ葉っぱ踏み踏み、自然の雰囲気はずいぶん味わえる道です。


2020年03月20日、16時14分11秒a


【概況】をお知らせします。
道幅は最低のところは80cmぐらいしかなく、片方は高くて危ない。
そして、そこには土嚢がたくさん置いてあり、片付けてから通過し、また元通りにするのは至難の業(1時間以上かかる)。
よって、ここも断念。

引き返す途中に、GoogleMapにもMAPS.MEにも出てこない激坂ショートカット路を発見。
時間的ロスをだいぶん緩和できました。
あれは多分私有地だと思います、ありがとう!




2つの通行止めに出会ったツーリングでしたが、いいところもありました。
R309の道の駅「吉野路黒滝」とみたらい渓谷の間には新笠木トンネルと新川合トンネルという2つの高規格トンネルがありますが、その部分の旧道は素敵でした。
林業関係者以外は通らない道になっていると思いますが、わりといい2車線道の部分も多く、バイクを停めてゆっくり休憩することができました。
そして、その間の通過車両はなし。


2020年03月20日、14時28分26秒a


この旧道には笠木トンネルがありましたが、それを通らずに笠木峠を通る旧旧道も存在します。
こちらは次回の楽しみです。

≪3/22追記≫
笠木峠を通る旧旧道を通過することは不可能なようです。
草刈り機を持って大勢で出かけたら可能かも知れません。

http://sputoyo877.com/kasagi.html





もう一つはサクラ。
この日の行程では、ごくたまに日当たりのよい場所でサクラが咲いているのを見かけました。
そこだけ電灯がともったようにパアッと明るい感じです。


2020年03月20日、15時23分48秒


道の横にある廃校舎を見てビックリ。
「ここ、来たことがある!」
http://nakanakanarenai.blog20.fc2.com/blog-entry-664.html



今日のツーリングはそう遠くはなかったけど、近いところでもいいところは一杯あるなあと思いました。
また行きたい!






プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みに片よる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR