LYNX 復活ツーリング(4/18編) その4 ; トヨタ博物館のクルマたちⅡ


次は海外製のクルマ編です。


2015年04月18日、10時10分24秒a


まず最初はフォードムスタング。
このクルマ、昔は読みも表記も「ムスタング」だったと思うんだけど、今は「マスタング」で統一されていますね。
なぜかわかりませんが、私にとっては「ムスタング」。
スタイルはマッハⅠの方がカッコいいと思いますが、このクラスのボディに大型エンジンを載せるという発想では、この初期型に歴史的価値があるかな。
子どものころは大きなクルマだなあと思いましたが、そう思うのが当時の日本人のフツーだったのでしょう。

70年代中期は、池沢さとしさんの「サーキットの狼」を引き金にスーパーカーブームが席巻していたので、あまりアメ車が評価されていませんでしたが、コルベットスティングレー、ファイアーバードトランザム、カマロZ28、それとこのムスタングが、私の好きな4大アメ車でした。


2015年04月18日、10時10分55秒a


ジャガーEタイプです。
何とも美しいスポーツカーです。
小学生のときに、このプラモデルを作りました。
1時間ぐらいでできる300円ぐらいのものでした。

何年かして思ったのですが、ノーズを付けたS30の240ZG初代コスモは、フロント部がこのジャガーEタイプに非常によく似ています。
いいデザインは普遍性のある美しさがあります。
日本のスポーツカーのモデルとなったクルマではないでしょうか。


2015年04月18日、10時10分42秒a


フェラーリのBBです。
これは512BBで、365BBの後継車です。
トリプルチョークのダウンドラフトウエーバーキャブ、一度実物をこの目で見てみたいものです。
ベルリネッタ・ボクサーといえば、ランボルギーニのカウンタックと公道世界最速を競ったフェラーリ12気筒の中核マシンです。
見たところ、バックするのはカウンタックより「少しだけ」やりやすそう。

クロモドラのアルミホイールの径は15インチです。
すばらしいスタイルのスーパーカーですが、この時代のホイール径はこんなに小さかったんですね。
ちょっと時代を感じました。


博物館見学のレポートはここまでです。
この見学は、自分が若いころにいろいろなクルマを眺めて感じていたことを、一つひとつ思い出していくような体験でした。
話の聞き上手な人と一緒にいたとしたら、多分ずっとしゃべりっぱなしだったのではないかと思いますが、ここはもう分別のあるといわれる年齢ですから、心の中でいろいろな思いを味わっておくことにします。
LYNX復活ツーリング、楽しい見学場所をどうもありがとうございました。



ところで、家の3階の納戸で、自分の乗っていたクルマの写真を探しているのですが、いくら探しても見つかりません。
というか、15~25歳ぐらいの間の写真アルバムが紛失しているのです。
そんなもん、自分で捨てるわけないし、なくなるかなあ…、もっと小さいときのアルバムはあるのに。
まあその時期ですから、いろんな人が登場して、中には写っていたら具合の悪い人もいるかも知れない…。
そういえば、旅先で買った観光地のペナントやある種の毛糸のセーターが、一気に無くなってしまったことがあった…。

ということで、借り物画像ですが…。
車種はTE27のトレノで、エンジン本体はノーマルでしたが、吸排気系を改装して、バネやショックを換えていました。
黒に塗り替え、FRスポイラー、ドアミラーを付けていました。
あとはチョコチョコといろいろ…。
そのものズバリの画像はありませんが、これと似た感じです。

このごろ、ツーリングに行くと、ハコスカやケンメリ、S30Zなんかを見かけることがときどきあります。
みんないい音鳴らして走っていますよね。
う~ん、懐かしいというか、うらやまし~い。
そういうクルマがいたら、多分私はよそ見運転していると思いますので、前後を走るライダーのみなさんは、十分気をつけるようにしてください。


<おわり>




コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジャガーEタイプの赤に京都の叔父がのってました。親父の妹のだんな。
うちはスバル360でしたが。。。

よく乗せてもらいましたが、実家の廻りはダートでした、女王陛下様
ごめんなさい(笑)

こんにちは!renさん

それはうらやましい。
子どものころから、すごいのに乗って(乗せてもらって)いたんですね。
ダートは、子どものころは多かったから、仕方ないか。

ジャガーと同時には語れないけど、スバル360も歴史あるシブいクルマですね。

No title

自動車ってそれぞれの思い出がありますね。
一緒に行ったブーさんも今度は親父さん連れてきてあげたいと。

僕のツーリングに参加いただいたのに熊野には行けず申し訳ありません。
29日から2日に掛けて富山に行ってきます。
大学時代の友人を訪ねる旅ですが立山と能登半島を回る予定です。

こんにちは!LYNXさん

世の中がクルマに求めるものは、昔とだいぶん違ってきていますね。
でも自動二輪が好きな人なら、クルマの走行性能のことはわかるはずだから、所有したいと思うか思わないかの違いかな。

「MT in 関西編」は、春と秋の年2回ずつぐらい行う予定です。
可能なときに、また来てください。
そのときは、大阪南部の宿も思い出してくださいね。

朝の連ドラ「輪島」へ行きたいなあ。
プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR