泉ナンバー


少し前に、LYNXさんが「泉ナンバー」のマナーの悪い、もしくは運転の下手なクルマに出会った話をされていました。
今の時代、もう「泉ナンバー」という言葉は消えてしまっていると思っていましたが、ネット上ではどんな記事が出てくるのか興味が湧き、一度調べてみました。

まず、総括的に書いてあるのがこれ。
http://www.wdic.org/w/GEO/%E5%92%8C%E6%B3%89%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC

もうちょっと、細部を書いてあるのがこれ。
http://wiki.chakuriki.net/index.php/%E5%92%8C%E6%B3%89%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC

私も「泉ナンバー」を付けていた一人ですが、まあこんなことを書かれても、それほど腹が立たないのはなぜでしょう?
運転はある程度うまいと書いてあるし、女の運転レベルもいいと書いてあるからかな。
思い当たる節がある、というのも、理由かも知れません。


2015年06月12日、izumunumber_img_a


ご存じの方が多いと思いますが、現在「泉ナンバー」は制度上ありません。
古いクルマに残っているナンバープレートで、1988年からは「和泉ナンバー」に変わっています。
さらに、10年ぐらい前からは、「堺ナンバー」が分化しています。



ちょうど「和泉ナンバー」が登場するころ、千葉県に住んでいたTOBOくんを訪ねて、首都高を走りました。
トンネル内で合流するところがあり、クルマはそれなりに混んでいました。
1台ずつ交互に順序よく進んで行きましたが、右側の私の前に入る順番のクルマがグズグズしてなかなか動かないので、少し待ったあと自分と同じ列だったクルマの後ろに続いて入ろうとしました。
そうしたら、そのグズグズしていたクルマが私の横に来て、何かこっちを向いて文句を言っています。

グズグズしている人が堂々と文句を言っている…、何か私の育った交通常識とは違う。
このとき、自分が「泉ナンバー」であることを感じました。

大阪南部であれば、そのグズグズしていた人は、まず自分の後ろのクルマにクラクションを鳴らされます。
こういう人は運転のドン臭い人として、周りから疎まれます。
こういう人は小さくなって運転しなければならないはずで、文句を言うなんてあまり聞いたことがありません。
私としても、前が空いているのに前進しなければ、自分の後ろのクルマに恨まれるという気があります。

と、まあ、大阪南部と東京の違いを少し感じました。



また、こんなこともありました。
運転の上手な女性ドライバーに乗せてもらっていたとき、1台前に状況判断の悪い運転手のクルマがいて、信号一回分右折するのが遅れてしまいました。
よく見ると、前のクルマの運転手も女の人です。
私の乗っているクルマの女性ドライバーは、ハンドルを爪でたたきながら、「女かえ…(しゃーないのう)。」とつぶやいていました。
この女性ドライバーは、普通の主婦です。



今は、大阪南部の交通マナーが、他の地域と比べてそう悪いとは感じませんが、かつては評判になるだけのことはあったのかも知れません。
阪神高速で2つの車線が1つになるところでは、通勤時など交通量の多いとき、ある程度の慣れが必要でした。
譲り合いというのは少なかったかも知れません。
でも、そんな中で、まずバイクの免許を取り、その後クルマの免許を取ったのですから、別の意味でよく鍛えられたかも知れません。
防衛運転というか、身を守る技術というか。


そこで、昔からヘンだと思っていることを一つ、それは映画でよくあるシーンです。
暴走する二輪車グループが一般のクルマを取り囲み、悪さをしています。
でもよく考えると、そんなときにクルマのサイドに近づいたら、いとも簡単に当てられてしまうと思うのですが。
たいへん危険で、悪者のライダーの方を心配してしまいます。
ということで、あれは映画だからOKのシーンということです。


でも、みなさん。
ネット上に面白おかしく書かれてある状況は、もう今はありませんよ。
安心して、大阪南部を走ってください。
情報が均一化され、交通事情がグローバルになっている今の世の中で、ある地域だけが突出した特徴を持っているなんてことはあり得ませんから。




コメントの投稿

非公開コメント

No title

とんだ調べもののきっかけを作ってしまいました。
なんか恐ろしい文化圏ですね。
今はもうと言うけれどそんなに短期間で文化が変わるとは??
のんびりやの静岡県人が行ったら猛獣の檻に入れられたウサギのようなものかも。
Ripさんにはそんな面影無いように見えますが信じて走って大丈夫?(笑)



こんにちは!LYNXさん

「泉ナンバー」の話をよくしていたのは、私が免許を取った70年代のことではないでしょうか。
自分たちがそう言われていることをみんな知っていたし、旅行先で「泉ナンバーですか。」と尋ねられたこともありました。
でも、その手の話はすべて口コミの話だったので、今回こうして活字にしてあるものを見て、大いに吹き出してしまいました。

ご安心ください。
今は昔の話ですから。

『泉』ナンバーのバイクに乗っています。

『泉ナンバー』についての悪名高いうわさなど、懐かしく検索しています。私は、堺市民ですが、『泉ナンバー』の250バイクに乗っています。チョイノ派ですが、1987年以来、30年以上のんびり乗り継いでいます。後10年くらい乗りたいなと思っていますが、2018年現在『泉』ナンバーの車やバイクは何台くらいは知っているのでしょうか。興味のあるところです。

こんにちは!澤田武弘さん

現在でも「泉ナンバー」のナンバープレートを付けているって、すごく値打ちのあることですね。
しかも、それがバイクだとは。
愛着が強くて、もう手放すことは不可能じゃないのですか。
ある意味、うらやましいです。

「泉ナンバー」が何台あるのかは知りません。
「和泉」に切り替わった当時は、自分では気付きませんでした。
知らない間に、という感じでした。

泉ナンバーの現役を見ました

最近でも、大阪府南部の泉州を『泉ナンバー』が現役で走っています。トヨタマークⅡが2台、MGのスポーツカー、そしてKAWASAKIの250です。50歳くらいの方でしたら、『スケバン刑事』(斉藤由貴)を覚えているかもしれません。同じモデルのバイクですから、その頃から走り続けていることになります。堺市内に、もう1台自動車があるとの情報を得ました。今でも現役で走っているのですね。
実は、私のバイクが『泉ナンバー』と意識したのは、3年ほど前です。切り替わったことなど意識しないまま、ずっと乗っていました。

こんにちは!澤田武弘さん

気をつけていれば、ときどき見つけられるもんなんですね。
でもすごい偶然がないと出会うのは難しそうですね。
やみくもに探したとしても、何日かが徒労に終わりそう。
ご自分が『泉ナンバー』なら意識が高くて見つけやすいかも知れませんね。

諸事あり、遅レスになったこと申し訳ありませんでした。

『泉』ナンバー BMW2002を見つけました

『泉』ナンバーBMW2002を、堺市西区で見つけました。急いでカメラを出して、斜め前から写真を撮ろうとすると、運転されていた方がしばらく停車してくれました。『泉』ナンバーを誇りにしておられるようです。2002シリーズは、量販車で初めてターボを採用したことで知られています。
早速、YOU-TUBE画像のサムネイルにしました。もしかしたら、南河内でも走っているかもしれません。

こんにちは!澤田武弘さん

2002ターボといえば、オーバーフェンダーの付いた2ツ目のカッコいいヤツですよね。
3.5CSLとともに、あのころのBMWで一番カッコいいクルマということで印象に残っています。
まだ走っているとは驚きです。

『泉』ナンバーということは、相当長い間ワンオーナーだから、持ち主の心意気がわかりますね。
プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR