軍艦島が世界遺産になるのか…


私が「軍艦島」の存在を知ったのは、下の本を読んでからです。
本の初版自体は2010年1月20日で、その第三刷版(同年10月22日)を買っているから、だいたい4年と少し前ぐらいだと思います。
発行所は彩図社で、著者名は歴史ミステリー研究会です。

だから、そんなに前から知っていたわけではありません。
以前からよく知っていた人がいるかも知れませんが、それが今度世界遺産に登録されることになったので、よくメディアの報道に出てくるようになりました。


2015年07月18日、saizusha


この島は端島はしまといって、長崎市(旧長崎県西彼杵郡高島町)にある島です。
岩の塊に近かった島が海底炭鉱掘削に成功し、三菱資本の傘下に入ります。
その後、人工岸壁がどんどん広がり、だいたいもとの面積の4倍ぐらいの島になります。

この島の特徴的なところは、そういう炭鉱の採掘現場であったことにとどまらず、必要な労働力の生活の拠点としてこの島を開発したところです。
鉄筋コンクリートの高層住宅をどんどん作り、それがこの島の特徴的な景観になっています。
大正時代に、コンクリート造りの高層集合住宅はすごいよね。
多分、当時ここを訪れた人の多くが、その景観に目を見張ったことと思います。


2015年07月19日、hashima_enkei_a
                                                ※ やまさ海運のWebページより


人口の最盛期は第2次世界大戦後で5,000人ぐらいとのことです。
東京23区より人口密度が高く、おそらく世界一だったそうです。
島にはもち論小中学校があり、神社、寺、病院、商店街、映画館、床屋、飲み屋など、当時の生活に必需な施設があったというから、かなり驚きます。
しかし、石炭産業の終焉とともに、この島の機能は必要がなくなってきます。
無人島になったのは1974年だそうです。


「長﨑の島々」というNHKのTV番組がありました。
その中で、この島のもと住民の人が、島内のいろいろなところで思い出を語るシーンがありました。
この撮影は、自治体の許可を得た調査的上陸に近いもので、観光クルーズでは安全上制限されているいろいろな場所が紹介されていました。

もと住民の人たちが懐かしそうに当時の話をする中で、ある人が「有名になるのはいいのだけれど、あまり見物客が押し寄せることには複雑な気持ちがある。」という意味のことを発言していました。
この人の言ったことは、私には印象的でした。


2015年07月18日、hashima_ginza_0001_a
                                                      ※ Googleの画像より


他人の故郷のようすを見て、その地の自然のすばらしさや伝統的な文化を讃えたなら、その人は多分喜んでくれること間違いなしだと思います。
が、この島には自然というものがほぼ皆無に近く、それが特徴となって注目されている島であり、伝統というほど古くから伝わるものがあるわけではありません。
斜陽産業となった人工物が役目を終了し、住んでいた人の住宅も廃墟となっています。
余りにも生々しい生活の跡を見るのは、自分自身がのぞき見趣味になっているのではないか、という気が少しします。

失礼を承知で、自分の思ったことをそのまま書かせていただくとすると、「ここに住んでいた人たちにとって、自慢できる故郷であったのか?」という疑問です。
そう思う人もいるし、そう思わない人もいるのではないのか、と思います。
なぜそんなことを書くかというと、自分がその立場だったら、そう思わない方じゃないかな、という気がするからです。


しかし、こうも思います。
明治以降の日本の近代化を支えた産業遺産としてクローズアップされ、多くの人が高いイメージでこの島を知りたい、また行きたいと思うようになれば、考え方も変わっていくでしょう。
近すぎる過去にはいろいろな見方があるだろうけど、遠い過去になるほど、それは少なくなっていくだろうと思います。




コメントの投稿

非公開コメント

No title

 いつも興味深く拝見しています。文章の中で紹介されていたテレビ番組、偶然最近再放送されているのを見ました。

2015/07/10 00:48:30 1,781,927,084 150709_2345-NHKBSプレミアム-新日本風土記・選「長崎の島々」古来、海外との交易で栄えた長崎の島々。国境の地として時代の最先端をゆく一方、独自の文化を育んできた。日本の歴史がつまったタイムカプセルをいく。(2013年放送)

 たしかに、近すぎる過去は生々しすぎます。時間が経つと、角が丸くなっていくように思います。それは、個人的な歴史でもそうだと感じています。「時間が解決してくれる」ということでしょうか。同じお考えの文章を拝見して、思わず書き込みしました。失礼しました。

こんにちは!あわたいさおさん

自分の思ったことと同じことを感じていた人がいる、というのは、何か安心感とうれしさとの両方を感じます。
今回の世界遺産登録では、韓国との折衝があったせいで、軍艦島ばかりがクローズアップされた感じがありましたね。
島への上陸は、観光クルーズでは愛想ないような気がしますが、それでも一度行ってみたい気がします。

PS.オーディオ環境がよくなったので、レコードを聴く機会が増え、楽しんでいます。
プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR