丸岡城へ行ってきました!(11/5編) ; その2


丸岡城は坂井市(福井市の北側)にあります。
往路の行程は約270kmです。
今日は、朝のようすを詳しく書いてみることにします。

予定では草津PAが7:00、賤ヶ岳SAが8:15、そして丸岡城が9:30の予定です。
それぞれ100km弱ぐらいの区間を2回の休憩を挟んで走ると、目的地に予定通り着くはずです。
丸岡城までの行程は単独行軍なので、別に途中はどうでもいいんだけど。
ということで、家を出発するのは5:30ということにして、前日はいつもよりも早めに寝ることにしました。

3:30、1回目の目覚まし時計、しかし早いのでそのまま寝るのを続けます。
次の目覚ましは4:00でしたが、3:57に自然に目が覚めました。

最近のツーリングでは、家で朝ご飯を食べ、トイレ、朝風呂を済ましてから出発するのが私のパターンになっています。
ちなみに私、朝ご飯はかなりたくさん食べる方です。
そんなこともあり、所用時間はゆったりコースの日が2時間(TV見たりしてる)、普通コースが1時間半、風呂カットコースが1時間、いろいろカットコース(寝坊コース)が30分です。
外は真っ暗、ほかの家族が全員ぐっすり寝ている中、一人でゴソゴソやっています。
ということは、この日は普通コースということです。



出発に際して、心配ごとが一つありました。
2日前にバッテリーがアウトになっていて、Pキャン用のポータブル電源でエンジンをかけました。
その日は高野山手前の花坂まで走ったので一応の回復はしたようで、翌日は何とかそのままエンジンがかかっていました。
が、まあ心配…。

というのは、早朝に同じような作業をしにくい条件があったのです。
今の時節は寒暖差の激しい時期なので予備の服やグローブを、それからバッテリーをつなぐためのブースターをコンテナボックスに入れて、それをバイクにくくり付けていました。

コンテナボックスを付けているとシートは開けられない…。
開けられないと電源をつないでセルを回せない…。
朝の5:30にエンジンをかけたまま、ボックスを装着できない…(時間がかかり、強烈な近所迷惑のため)。
一旦エンジンを切ると、またかからなかった場合にもう一度ボックスを外さなければならなくなる…。

という本人にしかわからないような焦りが。
前日から、もしかからなかったらどうするかを何度もシミュレーションしていました。
が、まあ…。
ウイ…ウイウイ、ボー!
見事一発で始動、さあこれで今日一日バッテリーは大丈夫だ。




走り出すとあとは順調です。
草津PAへは予定の10分ぐらい前に到着しました。
「順調、予定通り。」の連絡。
おいしそうにうどんを食べている人がいました。
いいにおい。

賤ヶ岳SAにも予定の10分ぐらい前に到着し、ガソリンを補給します。
ところが、このSAにもおいしそうなうどんが…。
つい食べてしまって、出発予定時刻が大幅に遅れました。

さあ、がんばって遅れを取り返さなくては。
ということでちょっと速めで走ります。
そこで気がついたこと。
北陸自動車道って、みんな速いですね。
ファミリーカーなど、普通のクルマがぬうわkm/hぐらいで走っている(もちろんみんなじゃないけど)。
車種によっては、ほぼフルスロじゃないかと思う人も…。
そのおかげで遅れはだいぶん取り戻すことができました。



いよいよ丸岡城の駐車場に到着です。
そこには紫のMT-01が停まっていて、Washuさんが私を迎えてくれました。


<つづく>




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR