大戸川ツーリング(11/12編)


ダム建設予定地がある滋賀県大津市の大戸だいど川流域へツーリングに行ってきました。
画像の道路は、向こう側から新名神高速道路、建設中の滋賀r16、同じくr12です。
建設中の道の手前に現道のr16がありますが、谷あいの道なのでここからは見えません。


2017年11月12日、13時49分45a秒


大戸川は琵琶湖の南側を流れる川で、淀川水系の一支流です
流れはやがて瀬田川に合流し、宇治川と名前を変えて、さらに淀川となって大阪湾に注ぎます。

古代より水害に悩まされてきた地域ですが、1953年の豪雨で44名の死者を出す災害となっています。
そのわりには、ダムの建設は公共事業見直しの機運や嘉田由紀子知事の政策によってなかなか進みませんでしたが、結局のところ治水だけを目的とする流水型ダム(穴あきダム)として事業計画を継続することになっています。
ということで、現在のところダム建設の工事は影も形もありませんが、付帯事業として滋賀r16の高規格化付け替え工事だけが行われています。


2017年11月12日、map3


大戸川は木津川ほど大きくはなく、そういう意味でダム建設が取り残される結果となったと考えられます。
実際に行ってみると、山の中から扇状地部分に出たあたりでも大きく蛇行していて、そのあたりに存在するのどかな農村は大水が出ると危なそうにも見えました。
中途半端な大きさだったということになるのでしょうか。


2017年11月12日、14時30分03秒a


民家のあるあたりから少し上流へ行くと、発電所のような煉瓦造りの建物があります。
時代を感じる、なかなかいい雰囲気の建物です。
ここで発電が行われている、または行われていたのでしょうか?

もしダムを建設するとしたら、両側の谷がせっているこの少し上流になるだろうと思います。
下は建設中の滋賀r16の新ルートの道路です。
この高さにしているのは、今私が写真を撮っているところは、やがて水の中になるところだからでしょう。

(11/17訂正 ; ダムはこの高架道路の上流に造られるようです。)


2017年11月12日、14時07分26秒a


なお、このツーリングに行こうと思ったきっかけは、国交省近畿地方整備局の案内です。
11月18日(土)に「34°56′ 201.711の世界へご招待 ~土木の日 新3号橋イベント~ 今だけの体験を!」という催しがあります。
ということは、今週の土曜日もツーリングかな。


2017年11月12日、ootogawa_a




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みに片よる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR