攻撃してどうなる? ~沖縄 最悪のシナリオ ; その4


最近気になっていることは、私たちの中で、翁長知事を始めとする反米、反基地運動の勢力を敵視し、ヘイト気味の論調で批判や攻撃する動きがあることです。
この産経新聞の記事も、そういう動きを操る理論的なバックボーンといっていいでしょう。
対立構造ができ、各々の考え方が固定化してしまうと、問題に取り組む上でマズい状況となります。
沖縄を攻撃することは沖縄を硬化させ、国益にはなりません。




中国から見た沖縄を、人間の一生よりももう少し長い時間で見てみることにします。

「東方の海にあった琉球国は、朝鮮や日本と同じように朝貢を求めてくる周辺国の一つだったはずなのに、自国の低迷時期の間に日本に併合されてしまった。
私たち中国としては、子分を盗られたようなものだ。
それを取り返す唯一のチャンスが第二次大戦終結時だったが、まんの悪いことにアメリカ軍が進駐して、その後彼らは自分の都合で日本に渡してしまった。
確か、明治維新以前の領土に戻すのが連合国の約束だったはずだが、沖縄だけは違うじゃないか。
あのとき、もうちょっと発言力があったら、違った結果になっていたはずなのに。」


近年の中国は、約200年間ぐらいあった低迷期を脱し、国力の上昇とともに世界一の国をめざす自信を取り返しつつあります。
実際に、日本がかつて目標に掲げた大東亜共栄圏のようなものは、中国の長い歴史の中でほぼ実現していた時期が何回かあります。
現在は、次のチャンスに向かって上昇する期間だと考えているはずです。
ライバルは、ずばりアメリカ合衆国です。





歴史的に出てくる「琉球国」というシンボルとなるような国名が認知されていることは、将来の日本にとってマズいことではないかと思っています。
もし私が野心に燃える中国の指導者だったら、続いてこう考えます。

「沖縄の人は基地問題で日本政府に対する対立感情がある。
この動きが高ずれば、沖縄だけの特別な法整備を求めるグループができるだろう。
よし、そうなれば表向きは沖縄住民の人権尊重を謳い、裏では運動家に活動資金を送ってあげよう。
沖縄の自治権拡大運動、いや、もっと進んでいって琉球国独立運動…。
この運動は、中国の利益と全面的に結びつく。
沖縄の人が、私たち中国と結びつく方が豊かになれると思える国になればいい。

そううまくいくかな。
いやいや世界一の国になるのが目標なんだから、沖縄ぐらい取り返せなくてどうする。」






沖縄に住む人は、150年ほど前に日本になって、何かいいことがあったのでしょうか。
日本化政策、米軍上陸、基地問題などが間断なく続いてきました。
でも、沖縄の人の答えは「いいことあった。」「よかった。」でないと困ります。
でないと、最悪のシナリオで劇が進むことになってしまいます。

現在、沖縄県にある米軍の施設数やその面積は、全国の都道府県でも突出しています。
アメリカ合衆国の極東戦略の中心基地であると同時に、言い方が悪いですが、日本の安全のために存在しているといっていい沖縄です。
その犠牲と、本土に住む私たちのありがたみがある以上、やはり「沖縄には厚く」というのが私の考えです。

自国防衛力の整備、中国経済圏の膨張に対する接近など今後の課題はたくさんあるけど、それはアメリカ合衆国の態度を見ながら、少しずつ慎重に考えていかなければならないことです。
現状は日米安全保障条約にヒビを入れないためにも、沖縄の取り扱いには細心の注意を払っていくべきときだと思います。

「沖縄を攻撃することは、沖縄を失うことになる。」と言いたい。



<おわり>






コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰こんばんわです。

沖縄独立思想は昔からありましたね、日本単一民族なんてぬけぬけと言ってた
政治家に腹立ちましたが、アイヌにしても・・・独立できるならそれも良いかと
思います。

さて現実はどうなのか?今は日本国内、小競り合いやってていいのかい?
米軍が自衛隊ならどういう風に思うのかな?琉〇新聞の社説は。

泡盛と三振と踊りの楽しい南国がどこぞの国の
傘下になるとその先どうなるのか?幸せならよいのですが、どうも
かつてのユートピア志向の社会主義はどこも国民が不幸な気がしますが・・・
強制された社会主義はどうも人間にはよろしくないような気がします。
自発的に他人を思いやる社会民主制っていかがでしょうかね?


こんにちは!renさん

お久しぶりです。
東京は雪が降ったりで、たいへんですね。
大阪の平野部では雪は見ませんが、それでも寒い日が続いていて、バイクに乗ることはめったにない日常です。

今の日本は何でもものが言えるよい国だと思いますが、印象操作に弱く、弱者攻撃が激しいような気がします。
歳とって、だんだんと強く感じるようになってきました。
かといって、課題をどう克服し、どのように進んでいったらいいのかは、あまりよくわからないのですが。

沖縄に住んでいる人が、ほとんどの場面で「沖縄人」を意識せず生活できたとしたら、それは日本がいい国だということかも知れません。
本土にいる沖縄出身者は、今ほとんど意識してはいないと思います。

大学生のときに、那覇のいとこのところに行って三線を弾きました。
レとラを抜くと沖縄音階ふうになるので、うまいなと言われました。
これは自慢話です。
プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR