ソロツーリングとマスツーリング


大勢で楽しくツーリングをしている時に、たまたま見かけるソロライダー。
道の駅なんかで停まっても、誰かと話をする訳でもない。
「寂しそうなヤツやなあ、友だち、おれへんかいな。」
などと思ってしまうことがありますが…。

しかし、それは一人で走っている時の自分の姿。
数人の仲間と走っているライダーを見ても、それ程羨ましいわけではありません。
停まっても寂しがっているのではなく、次の行程を考えていたりします。
そう、一人の時は考えることが意外と多い。


101226_029-l.jpg
                   07 RYUBE 四万十川

それで、今日はマスツーリングとソロツーリングについて考えてみました。
マスツーリングのよいところを思いつくままに書いていくと…。

① 停まると、いつも話し相手がいる。
② 人は群れたがるもの…、人数が多いと、意味はないが、何となく優越感がある。
③ 技量の同じぐらいの人だと、お互いに刺激し合いながら、走りを楽しむことができる。
④ リーダーについて行くだけでいいという安心感があり、時間や行程もお任せで済ませられる。
⑤ トラブルも複数の知恵で、何とかなりそうな気がする。

逆に悪いところは下のようなことです。

⑥ 時として、興味のない話でも合わさなければいけない(大人だから当たり前)。
⑦ バイクの経験の少ない人がいたりすると、人に気を配って走らなければならない。
⑧ ツーリングの行き先や休憩ポイントが、一般的で、参加者の最大公約数的な場所が多くなる。
⑨ 思いついたらすぐカシャッ、など、自分の好きなスタイルのツーリングができない。
⑩ ゆっくり昼寝ができない、好きなタイミングでトイレへ行けない。


09-08-03_16-17a.jpg
                    09 サロベツ原野

次にソロツーリングのよいところや悪いところを書こうと思いましたが、省略します。
上の①から⑩を逆に読めば、ほぼすべて当てはまります。
マスツーリングとソロツーリングは、その長所と欠点が、もう片方の欠点と長所になります。

例えば、私が、
「有名な酷道R425には、人知れず存在する美しい滝がいくつかあるんだよ。
 そんな滝を探したり、一つひとつの写真を撮って名前を付けてあげたりしたら楽しいね。
 何にもない道で、時間がかなりかかるから、飲み物持参、オシッコは立ちションだよ。
 一日ではしんどいから、中間点の十津川の辺りにテントを張って一泊しよう。」
と言っても、「それはよろしいな。」と言って、参加者が5人も10人も集まるってことは、あり得ません。



こうして書いてくると、計画を立てたりする経験が豊富でトラブル対応能力も高い人が、ハッキリとした目的(好み)を持ってソロツーリングすると、得られる結果が大きいということになります。
つまり意志の強い人はソロ向き、依存心の強い人はマス向き、という身も蓋もない結論に達します。

でも、別に仕事でもないことをそんなにマジメくさってやってても、楽しくないときもある。
よくある落とし穴として、人間一人だとダラダラしてしまうものですが、人と約束すると、「約束を守る」ために、例えば早起きなどはいとも簡単にできてしまうものです。
何せ、それも楽しい娯楽ですから。


ツーリングクラブで長期間にわたって企画を考えている人に、ご苦労様を言いたいです。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

どちらもバランス良くって感じでしょうか。

僕はどちらかと言うとソロの方が6:4ぐらいの割合でで楽しさを感じます。
トラブル対応能力には長けてませんが…(^_^;)

でも、ソロが続くとマスツーの賑やかさが懐かしくなりますよね(*^_^*)







こんにちは!ルーキーさん

「一人だとダラダラしてしまう」とは私のことで、結果、最近はマスツーが多いです。

今年はほかの用事が多かったこともあり、遠くに行く機会が少なかった。
来年は、一人でもどんどん出かけよう、と思っています。

予定が合えば、また一緒に行きましょう。
プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR