FC2ブログ

能登半島ぶらり旅 ; その4


ナビの指示に従って、珠洲市にあった八木荘をめざします。
国道指定されている新道ができています。
一旦途中で国道からそれ、旧道の方を走ります。


2018年05月11日、11時42分16秒a


現在、地図に載っているR249は、バイパス路として後でできた比較的新しい道です。
ナビはその道を通るように示していましたが、海側に海岸線に沿う道があり、40年前ごろはこちらがメイン通りだったはずです。
この道は県道指定されておらず、国道であったかどうかもわかりませんが、今は市町村道となっています。
美しい海岸線の景色を見るためには、こちらの道を走ることが必要です。

そのときに乗っていたクルマは、CoronaHT2000SL
色はグリーンで、フューエルインジェクションという言葉を初めて知ったクルマです。
免許取り消しになった叔父さんのおかげで、1年間限定のタダのマイカーでした。



恋路海岸を通過。
お~、ここで泳いだことを覚えている。
このときは、別のグループと旅先合流して、ワイワイとずいぶん楽しかったなあ。
夜中に民宿の台所から無断で大量の飲み物をいただいたのだが、あれは宿賃に入っていたのだろうか。
その民宿とは八木荘ではなく、どこなのか覚えていません。


2018年05月11日、12時53分37秒a


その次は見附島、別名が軍艦島。
能登観光の写真によく出てくる島で、変わった形をしているので、一度でも行ったことのある人は印象に残っていることと思います。
ここでボートに乗った記憶があります。




思い出のある場所は通るようにして、たどり着いたのがカーナビの指し示す地点です。
ありました!
とうとう八木荘に到着しました。
何や、見附島の目と鼻の先じゃん。
屋根はネット写真通り、茅葺ではありません。


2018年05月11日、12時39分44秒a


何せ40年以上前の記憶ですから思い出せるかどうか自信がありませんでしたが、ネット画像のおかげで確証が持てました。
こんなに道沿いにあったのか。

家をしげしげと見たところ、古びたように見えるところと新しく補修したところが混じっています。
しかし、もともとが造りのよい、がっしりとした木造建築の建物のようで、風格があります。
これに茅葺屋根を付けたら、さぞ感じのいい古民家になるだろうなと、40年前に泊った家の中の僅かな記憶を思い出していました。


2018年05月11日、12時38分09秒a


こちら側に宿の入り口がありました。
そして、この庭みたいなところは駐車場でした。
ここにクルマを停めていました。
いろんなことを思い起こしながら、ここでしばらくの時間をボーっと過ごしていました。



…時刻は、ほぼ正午。
腹、減ってきた。
うまいことに、道の向かいに「幸ずし」という寿司屋さんがあり、開いている。
よし、昼食兼さらなる情報収集をしよう!

https://www.google.co.jp/maps/@37.3960033,137.2395643,3a,75y,197.65h,96.31t/data=!3m6!1e1!3m4!1s3DuIhKGY9lkq4mnnvglrnw!2e0!7i13312!8i6656?hl=ja


<つづく>






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR