FC2ブログ

能登半島ぶらり旅 ; その6


能登半島北部を通って輪島に向かうと、だいたいこういう道が続きます。
左が陸で右が海という景色をずっと見ていくことになります。

北へ行けばロシアの沿海州、北北西はウラジオストック、そして北西は朝鮮民主主義人民共和国です。
日本人は、もっと遠い外国の方がよく知っています。


2018年05月11日、15時40分32秒a


ちょっと戻って…、珠洲市にあるいろは書店ををあとにした私は、能登半島の一番先っちょの漁村である狼煙のろしをめざします。



狼煙の海岸に到着しました。
この砂浜で泳いだことがある…。
年月を経ても全然変わっていないような気がします。

ここは今、海水浴場ではないとのこと。
こんなにいい砂浜なのになあ。
懐かしいなあ。


2018年05月11日、14時00分04秒a


狼煙には道の駅があり、観光バスが停まるポイントになっています。
そこから禄剛崎ろっこうざきという岬に上る道があり、灯台があります。
モニュメントの文字通り能登半島の先端で、視界270°ぐらいの海が待っています。


2018年05月11日、14時37分15秒a


ここは10分ほど上り坂を歩かなければいけません。
面倒くさいなあと思っていたのですが。

実はヨメさんと旅行するときは、こういうところはすべて歩かされます。
なぜかそのときのことを思い出し、一人のときも歩こうかなという気になりました。
「歩かなどーすんよ。」という声が聞こえたような気がして。

RYUBEのツーリングでも、灯台まで行くか行かないかがときどき話題になります。
これからは、せっかく来たんだから、運動のためにも歩こうと思います。




狼煙を出ると、トップ画像のような道が続きます。
ああ、バイクで来たくなってくるぞー。
ずっとこの景色…、道以外何にもないところが多いです。
夜は1台で走りたくないところですな。


2018年05月11日、15時16分18秒a


民家が見えると、こんな植物で作ったフェンスに出くわします。
この中は塩田です。

これは、ニガ竹という種類の細い竹をタコ糸で編んで作ってあるとのことです。
強風や波浪除けのためのものなので、頑丈に作っているそうです。
でもこれがある塩田とない塩田があります。
ちょっと高台になっている塩田にはないようです。
それとも、観光目的で外しているとかかな。


2018年05月11日、15時24分04秒 - コピーaa


だんだん輪島に近づいてきました。
今日泊るところは、輪島朝市横の駐車場の予定です。


<つづく>






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR