FC2ブログ

能登半島ぶらり旅 ; その10


能登の旅、最後のメニューは輪島キリコ会館です。
キリコとは、太鼓台と同じような担い棒の上に大きな御神灯を付けている祭りの「かつぎ山車」のような御神体です。


2018年05月12日、10時12分30秒a


祭りは能登半島の各地域で行われていて、キリコの大きさや祭りの形態は千差万別のようですが、人口が多い地域では電線の高さの関係で上の画像のような5mぐらいのものが多いようです。
古いもので大きいものは10m以上あり、下の画像にあるような巨大キリコが存在します。

会館の展示を見る限りでは、輪島のキリコ祭りのことと能登半島のキリコ全体のこと、そしてキリコの変遷が混同されて、話がわかりにくくなっている気がしました。
実際の祭りを見てみれば、だいたいのようすがわかるのですが。

http://www.hot-ishikawa.jp/kiriko/jp/index.php


2018年05月12日、10時14分58秒a


輪島は海女さんの歴史がある地域なので、それを図柄にした色っぽいキリコがありました。
関連して展示で知りましたが、能登半島の北約50kmには舳倉島へぐらじまという人の住む小さな島があり、漁業基地として、そして海女さんの活動の場として、今も毎日定期船が出ているとのことです。
民宿があるそうなので、一度行ってみたい島です。
こんな島があるなんて、全然知りませんでした。
悠久のときをゆっくり過ごせる別天地の島のようです。



これで今回の能登半島の旅は終わりです。
放浪の旅とは程遠かったけれど、多少それらしい雰囲気は味わえました。
こんな旅ならいつでも行けそうです。
思い立ったら吉日、思い立ったら出発日、そういう旅をしながら人生を進んでいきたいもんです。



帰り道のエピソードなどを紹介します。

【能登半島の道路】
半島北部では、かつて輪島市、珠洲市まで伸びていた鉄道は廃止されています。
その代わりか、内陸部の山の中に新しい道路が造られています。
町がある沿岸部の道よりも、そっちの方があとでできた分高規格です。

【氷見市のたこ焼き】
帰りに「富山湾から見える立山連峰」の景色を期待して氷見市方面を通りましたが、残念ながら曇っていて全然見えませんでした。
市街地に掘っ立て小屋風のたこ焼き屋さんがあったので入りました。
ここの経営者は60歳で会社を退職後に大阪に遊びに行き、たこ焼き屋をしようとひらめいたそうです。
以来18年、それで十分生計が成り立ってきたとのこと。
78歳のおっちゃん、元気でした。
うまかったで。

【夜の高速でごそごそ①】
ここは徳光PA、深夜1時ごろトイレへ行くために目を覚ますと、バッテリーをつながせてくれと100系ハイエースの人が…。
ブースターの長さの関係で助手席同士を接近させなければならず、やりにくいことこの上なし。
かなり感謝され、缶コーヒーを謝礼にもらいました。
彼は堺市とのこと、家に着くまでエンジンを切らずノンストップで帰ると言って出ていきました。

【夜の高速でごそごそ②】
そのあと寝床に戻りましたが、眠れないのでHDDにある映画を見ていました。
となりの場所にやってきた人は、何と雨の中でクルマの掃除、そのあと小降りになったときにワックスがけまでしていました。
何とのう気になる…。
再びトイレに行くときに少し話をすると、彼は…。
「このタイミングでワックス掛けるときれいになるんですよ。」
「また雨降るよ。」と思いましたが、言いませんでした。
これ深夜2時ごろの話。

【夜の高速でごそごそ③】
完全に眠れなくなり、予定外でしたが、ええいスタートじゃ。
不思議と目はさえていました。
南条SAでうどんを食べると、今度は心地よい眠気が。
2時間ほど熟睡、すっかり元気になりました。


2018年05月12日、23時53分30秒a
※ ジャンプスタートの100系ハイエースハイルーフ(去ってゆく後ろ向きのピンボケの方)


眠りを邪魔されましたが、人を助けることができたので不思議と嫌な気はしませんでした。
「人のために使える時間が十分にあること」、これオレの好きな豊かさだ。

それにしても、時計があってないようなもの。
気楽な旅。


<おわり>






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR