日生カキおこツーリング(11/23編)


カキは昔から私の大好物でしたが、こんなにも流行ると思っていませんでした。
各地のカキ産地の関係者が、いろいろとPRをがんばった成果なのでしょうか。
それはわかりませんが、私にとってはうれしいことです。


2018年11月23日、12時16分18秒a


友人のTMYくんと2台で、日生のカキおこを食べに行ってきました。
行った店は「タマちゃん」、カキおこツーリングは初めての私でも、名前を聞いたことがあるお店です。
何でも、この手の店では一番人気とか。
店の中のようすは、予想通り「見た目より味」を標榜しているようなたたずまいです。



カキがたくさん入っているので、お好み焼きをテコでどのように切っても必ず一つぐらいはカキが入っています。
その潮の香りが口の中に充満し、心地よい感じがします。
幸せな感じとは、このことかな。

できあがりにはソースが半分だけかけられています。
なるほど、カキの味を楽しむには、ソースのない方がむしろうまいかも知れません。


2018年11月23日、11時37分36秒a


味とは関係ない話だけど、この店ではきれいな人が二人働いています。
二人ともとてもよく似た顔をしていて、一人はきれいな女の人、一人はきれいな女の子という感じなので、多分姉妹だと思います。
まあ、この差は私の歳からすると、札幌と小樽ぐらいの差ですが・・・。
カキおこができるのを待つだけでなく、キョロキョロもしていたわけですね。



途中でお巡りさんが店中に入ってきて、前の道の路上に不法?駐車しているクルマの話をしていきました。
何となく、大阪のお巡りさんより優しいな、と思いました。
お巡りさんも、通報があったから仕方なくやって来たのかな、とも思いました。

対応していたのは、私たちのそばでカキおこを焼いていた店の兄ちゃん。
わりと「口のエラい」兄ちゃんでした。
この人も兄弟なのかな。


2018年11月23日、12時22分02秒a




「タマちゃん」を出たあとは、私の希望で赤穂城址に立ち寄りました。
赤穂城はもともと天守のない城だそうで、この櫓が一番見栄えのする建築物ということになります。
もちろん復元されたものです。

今までに、何回もテレビに登場した門ですね。
そういう意味ですばらしい。
赤穂浪士の話、みんなが好きな話ですね。


2018年11月23日、13時25分46秒a


その中でも一番人気が大石内蔵助。
その邸宅の長屋門です。
説明を書いた案内板によると、解体修理をしたもののホンモノとのことです。

浅野さんより大石さん。
それが証拠に隣にある大きい神社も大石神社でした。


2018年11月23日、13時34分26秒a


城の回りは、市の施設を含む大きな公園のようなエリアになっています。
建物はないけど、石垣は順次整備されているようです。
石の積み方がちょっと最新風すぎるな、と思うところもありましたが。


2018年11月23日、14時07分02秒a


帰りに寄った道の駅「御津」は海がきれいに見えて、とてもいいところですね。
バイクが一杯停まっていました。

久しぶりの2号線バイパスがらみの行程でした。
あとで知った話ですが、神戸線の京橋、摩耶から湾岸線に乗り継ぐのは住吉浜以外に六甲アイランドでもOKみたいです。
超混んでいるとき、クルマだったらその方が早いかも知れませんね。

凍結状態に近かった阪高湾岸線の延伸工事(六甲アイランド-湊川)が始まるそうだけど、早くできて欲しいな。
でもそのころ、まだバイクに乗れてるかな。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR