和泉五社と神輿の渡御 ; その3


その2で、神道と仏教の関係みたいなことを書きましたが、神社を巡るだけでそんな深遠なテーマに迫れるはずもありません。
訪問した各神社の画像を一枚ずつアップします。
これは、まあ、いつもの物見遊山的なツーリングです。

でも、派生して思い付いたことはいくつかありました。
が、それもできるだけあっさりと書くことにします(目標とします)。



<大鳥大社> 和泉国一之宮
一之宮というだけあって、この神社の境内は他の神社と比べて圧倒的に広いです。
街中にありますが、この広さをよく維持できたものだと思います。
祭神は日本武尊とこの地の神様である大鳥連祖神。
旧和泉国大鳥郡。

2018年10月29日、13時38分00秒a




<泉穴師神社> 和泉国二之宮
神社の周りは宅地化が進んでいて、家が神社の敷地に迫っている感じです。
住宅を挟んで、だいぶん先にもとの鳥居がありました。
旧和泉国和泉郡。

2018年11月01日、14時48分43秒a




<聖神社> 和泉国三之宮
この神社だけが平地にあるほかの神社と違って、丘陵地のはじまる小高い部分にあります。
ここには小さなキツネの石像がありました。
キツネの伝説で有名な信太森神社はもっと海岸線側にあり、その創建が708年とたいへん古いので、聖神社、および和泉五社との関係が複雑になります。
また神社の密集ぐあいからいって、古代において和泉郡の中心部一帯(和泉府中から信太山周辺)は回りの地域より人口密度が高く、豊かな土地だったと想像されます。
旧和泉国和泉郡。

2018年10月28日、14時18分54秒a
※ 本殿は台風の被害で修理中



<積川神社> 和泉国四之宮
今回の和泉五社巡りのきっかけになった神社。
現在私が住む岸和田市は、岸和田藩そして岸和田城を中心に今の形が形成されましたが、それ以前のこの地域の歴史を知る上で重要な神社です。
岸和田という地名がなかった時代に、今の市域に含まれる各地域がどのような独自性を持っていたのか、市民としてはたいへん興味が湧きます。
旧和泉国南郡(成立時は和泉郡)。

2018年10月03日、13時44分49秒a




<日根神社> 和泉国五之宮
現在の面積が大鳥大社に次いで大きいと思われます。
今の参詣には必要がなくなった参道が鳥居のところから長く伸び、全体として細長い感じになっています。
旧和泉国日根郡。

2018年10月30日、13時32分38秒a




<泉井上神社> 和泉国総社
この神社は和泉監が成立したときに、国府が置かれた中心地(現在の和泉市府中町)に国の総社として建てられたと伝えられています。
現在の神社の面積は小さいですが、入り口の鳥居横には「和泉国総社」の看板が誇らしげに立っています。
旧和泉国和泉郡

2018年11月01日、15時35分43秒a




和泉国とその中の区分である4つの郡について、簡単に説明しておきます。

716年 河内国から和泉郡、日根郡、続いて大鳥郡を分離して、和泉監いずみのげんを作る。
740年 和泉監を廃し、河内国に統合。
757年 再び分離して、和泉国として成立。
13世紀 和泉郡の南側を分離して、南郡を置く。

これによって、和泉国は北から大鳥郡、和泉郡、南郡、日根郡という4つの区分となり、明治初期までの地名表記となりました。
このエリアは堺市の一部を除き、現在泉州(泉北、泉南)と呼ばれる地域と同一です。
なお「和泉」というのは、もともと「泉」だった地名を奈良時代初期の諸国郡郷名著好字令により国名を二字にしたためで、公文書などには「泉郡」などの表記が多く見られるそうです(特に江戸時代)。




和泉五社巡りをしてすばらしいなと感じたことは、この6つの神社は今でも存続して知名度が高く、その地域での存在感をキープしていることです。
多くの神社は、長い歴史の中で農業用水路の開発やそれに伴う人口密集地の変化で氏子の数の増減があり、いわゆる「神社の栄枯盛衰」が起こるのが普通です。
また、だんじり祭りの人気で、歴史はそれほどなくてもメディア露出度の高い岸和田市の岸城神社のような例もあり、神社のタイプはいろいろです。

そんな中、和泉五社および総社は1000年以上の時の流れをくぐってきたと考えると、その境内に入るときは何か荘厳な気持ちを感じざるを得ませんでした。


<おわり>






コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、今年お初の書き込みです 今年もよろしくm(__)m
神話の時代にさかのぼって、この話題の泉周囲は注目される処だと思います。葛城や三輪の地域に通じる山越えの鬼門です。個人的な妄想ですが、住吉大社などの海神の神と通じているのではないかと。いずれにせよ、神代の歴史を残している大切なお宮さんですね。
先週末は、大神神社にGLでお札を頂きに行きました。クルマは長蛇の列でしたが、GLは鳥居の直前まで行くことができました(^^)。サイドカーですが、バイクの扱いに感謝です。

こんにちは!akane8150さん

本年もよろしくお願いします。
こういう史跡巡りはトリッカーの本領発揮のショートツーリングとなります。
林道よりも、こういう風なものの方が多いかも知れません。
一つのものから次の興味へ、時間が十分にある私にはいい趣味です。

畿内なので、歴史遺物には事欠きません。
お寺の話もあったので、ヒマなときにでもどうぞ。
http://nakanakanarenai.blog20.fc2.com/blog-entry-694.html
プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR