『孔子は死んだ』 老人が尊ばれる時代とそうでないとき:その3


このテーマの記事は「その2」で「おわり」になっていましたが、それを「つづく」に変えて、もう少し思いつくことを書いてみます。


「70歳定年」の言葉が登場したとき、街を歩く人へインタビューしているようすがニュース番組で流れていました。
年齢層の違ういろいろな人が対象となっていましたが、印象に残ったのがある若い人の言葉。
「え・・・、70まで働かなきゃいけないの?」
若い人は、そういうふうに考える人がいるのか。
なるほど、自分が若かったときのことを思い出すと、彼には自分が60歳になることと70歳になることの違いは認識できず、どちらも遠い未来のように感じるだろうなあ。

私が話をしたことのある人の範囲では、働けるならいつまでも働きたいと言っている人は、若い人よりむしろ年配の人の方が多い印象があります。
そこで、どんな人が「70歳定年でもいいよ。」または「いやだなあ。」と答えるのか、いくつかの観点から考えてみることにしました。



<勤勉性>
人の一生をどう考えているのかで違いがありますが、リタイア人生で何かしたいことがあるのかないのか、また働いていない自分を想像したことのある、なしで、人によって大きな違いがあります。
健康に不安がなく、仕事が順調に進んでいるので、やめる理由がないというという人もいるでしょう。
逆に、若いころできた仕事に限界を感じていたり、直感的にノンビリしたいと思う人もいるでしょう。

<職業の種類>
仕事の内容で、知的労働の割合が高い人と肉体労働の割合が高い人では、当然違いがあります。
一般的に知的労働であれば高齢であっても続けられ、肉体労働であればそれが難しくなります。
そのため、知的労働では定年の規定がなかったり、もともと高く設定されている場合があります。

しかし、知的労働と肉体労働はキッチリ二つに分けられるものではありません。
例えば研究者であればその内容によって肉体作業を多く含むものがあったり、医師や一部の会社役員であれば勤務時間の不規則性や急な加重負担があったりしますので、職業の名前だけでは一概に決められません。
人それぞれの仕事の仕方によるところが影響しますが、身体の老化は多かれ少なかれ誰にもやってくるので、むしろそちらとの兼ね合いが大きいかも知れません。

<金銭面>
一つの観点だけで定年延長を考える人は少なくて、ここに挙げる三つの観点が人それぞれのウエイトで混じり合っていると思います。
その中で、この三つ目の金銭面というものは、あらゆる人が優先して考えるものではないでしょうか。

年金の恩恵を受けられない、または不十分である、もしくはカネはあるがもっと増やしたいと考えれば、なるべく長く働けることはいいことです。
そういうことを第一義に考えたら、定年延長は基本的に賛成になります。
しかし前述の残り二つの観点がそれに絡み、人それぞれの意見ができます。

働く意欲をなくさないように、収入があっても年金を減らさないという意見が出ていますが、これは政府の支出を増やすことになるので、そのまま採用されることはあり得ません。
負担増になる分を広く薄く、周りで負担する方法ならできますが、そんなことをしたら周りの人は収入減になり、貧富の差が助長されることになって社会福利の精神に反します。




政府の立場は、優れた社会制度である年金制度を安定的に維持したい、そのためにはパンクしないように財源の収支を合わしていきたいということです。
そのために、別に定年が何歳でもいいけど年金支給開始を上げることで支出を減らしたい、その政策を実行できるように世の中の雰囲気を醸成したいというのが今の動きだと思います。
老後の準備金2000万円の諮問で世の中が揺れています。
これも「自分のカネは自分で貯めろ。」というアピールをしたかったことの勇み足的な失態劇で、回りまわって年金の支出を減らすことが目的だったんだろうと思います。

それらを考え合わせると、年金制度を維持するために政府が打ち出す政策の第一弾が支給開始年齢の変更で、65歳から70歳になることが近い将来の確率の高い予想です。
そのために70歳定年という言葉が世に登場しました。
で、問題はいつ、それを行うかです。
60歳から65歳に引き上げられたときと同じように、ある年齢層に負担が集中しないように段階的なものになると思いますが、国民は大注目ですね。
特に、私と同世代の人たちはね。




国の財源は打ち出の小槌ではないのだから、修復不能になる前にいろいろ手を打っていかなければならないわけだけど、正直に言うと「オレの年金が減るのはイヤだなあ。制度改正はもうちょっと後にしてよ。」と思います。
大義より我が身かわいさ、何かセコいというかカッコ悪いというか・・・。

「老人が尊ばれる時代」というよりは「オレを尊んでよ。」という話になってしまいました。
でもこれって、ほとんど大多数の人が心で思っていることじゃないかな。


<おわり>






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR