治療のその後の展開


MRIで断面写真を撮ってから、治療が新展開に入りました。
そのときの2日間のようすを記録してみます。

私の家の近所には医療機関が多く、幸いなことにチャリンコに乗れたのでラッキーだったと思います。
本当は歩く方が身体にいいかもしれませんが、すごく時間がかかるので、それはもう少しあとにします。



3日
* 徳洲会病院(チャリンコで5分)
MRIの撮影をして、写した画像のCDをもらう。

4日
* 津田診療所(チャリンコで5分)
主治医である津田先生よりMRI画像の説明や、これまで、そしてこれからの治療について説明を受ける。
薬がなくなったので処方してもらう。
飲んでいるのは、血をさらさらにする薬と高血圧の薬。
リハビリ科のある家の近くの病院への紹介状を書いてもらう。

* 春木平成病院(歩いて3分)
紹介状を見せ、診察をしてもらってから、リハビリのだいたいの計画を立てた。
ただこの日は脳外科の先生が不在とのことで、来週からが治療開始となる。

* かんだ鍼灸院接骨院(チャリンコで3分)
ここへ行くと足の状態がとてもよくなるので、週2回ぐらいのわりで通っている。
治療の範囲は医師ではないのでできることは少ないらしいが、事実として行くといい感じである。
経験は豊富なので、いろいろな人の経験談や医療機関との関わり方などのアドバイスは参考になる。



昨日は3軒ハシゴしたわけで、忙しかったなあ。
老人ライフの醍醐味を味わっている、ということなのだろうか。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR