二つの古墳ツーリング(1/19編)


神戸市の五色塚古墳、高槻市の今城塚古墳、二つの古墳をツーリングで巡って来ました。
旅の友はMT-01、そしてTMYくん900RSです。
道順として、まだ二人とも走ったことのない新名神の神戸北JCT-高槻ICを初体験しました。


2020年01月19日、goshikidukaimashiroduka_a
※ クリック精細


まずはじめは五色塚古墳です。
この古墳は教科書に載っていたことがある有名な古墳です。
1960年代から復元工事が行われていたそうで、大規模な工事は日本で最初だということです。

そのころだからできたと思われる思い切った復元で、石積みや空堀のようすがハッキリわかります。
史跡として存在する古墳には堀の水と樹木が付きものなのですが、ここは古墳が建設されたときの姿をそのまま見ることができます。


2020年01月19日、09時53分43秒


この古墳の場所を説明するのは簡単です。
下の画像は海に向かって伸びる前方部ですが、向こうにある島は淡路島で、右側に明石海峡大橋が見えます。
古墳が造られたころはほかに大きな建造物がないので、海峡を通る船からは常にこの古墳がよく見えたことでしょう。


2020年01月19日、10時08分27秒


この古墳の隣には小壺古墳という小さな円墳がありました。


アルバム「五色塚古墳」  ←クリックすれば開きます。





神戸北ICから山陽道に入り、そのまま新名神を走りました。
日曜日のせいか道はガラガラ。
途中の宝塚北SAで昼食を食べました。
最新規格のSAのレイアウト、シャレてますね。


2020年01月19日、13時48分19秒


続いてやってきたのが高槻市の今城塚古墳です。
ここは古墳とその周りのスペースが全部公園になっていて、誰でも入ることができます。
公園としてたいへん広々と立派で、多くの子どもたちや家族連れで賑わいを見せていました。

今日見学した二つの古墳は両方とも前方部や後円部に足で踏み入っていけるわけで、古墳巡りとしては珍しいことだと思います。
誰でも入れるからといって別に放ったらかしにしているのではなく、調査は行われ、隣接する「高槻市立今城塚古代歴史館」にまとめられています。
入場無料、親切ですね。


2020年01月19日、14時05分24秒


この古墳は研究によって継体天皇の墓に間違いないそうですが、宮内庁によると近くにある太田茶臼山古墳(下のアルバムの最後の画像)が継体陵墓として指定されています。
このようなことは、ほかにも一杯ありますね。
そろそろ陵墓を解放して、自由な研究を許可したらいいと思うのですが。

まあ、それをすると、「この陵墓の埋葬者が違っていた」とか「調べた結果、こんな天皇はいなかった」とかいうことが続出し、万世一系説は崩れてしまいますが、そんなことで日本の国体や天皇制がヘンになってしまうことはないと思います。
多くの研究者が王朝の交替を支持している現状の中で、もっと学問的な研究成果を重視する方向が先進国としての正しい姿だと思います。
また政治が安定している今の日本なら、それができると思うのですが。

その王朝交替説によると、継体天皇は現在の皇室につながる初代の天皇です。
そういう意味でも、この今城塚古墳はなかなか重要な古墳です。


アルバム「今城塚古墳」  ←クリックすれば開きます。




今日のツーリングは、高速道路を除くと街中を走るツーリングでした。
TMYくん、そしてこれを読んでくださった皆さま、歴史趣味にお付き合いいただきどうもありがとうございます。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みに片よる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR