紀美野町の林道へ(2/15編)


和歌山県海草郡紀美野町へツーリングに行きました。
場所は高野山の南西でR370周辺です(説明のいる地図ってあかんね。)が、なるべく国道を走らずに林道をつないでいきました。
途中で「みさと天文台」に立ち寄りましたが、閉まっていました。
旅の友はトリッカーとTMYくん250TRです。


2020年02月15日、kiminochou
※ クリック精細

この日は寒い一日でした。
昼は気温が上がり日差しが差す予報だったのですが裏切られ、ずっと10℃以下だったと思います。

服装は革ジャンに革ズボンでしたが、モンベルジャンパー、オーバーズボンの厳寒仕様にしておけばよかったとあとで思いました。
雨に遭わなかったのが幸いです。


2020年02月15日、11時03分04秒a


前日は雨で、期待していた太陽も出てこないので路面は夕方まで乾きません。
舗装面はわりときれいでしたが、全線に渡って木の枝、葉っぱ、たまに石の連続。
そのため緊張感があり、寒さはあまり感じませんでした。

木の枝が多いのは林業が活発に行われている証拠だろうと思いますが、運転する際には気を付けなければ。
特に大きな枝で重大な事故が起きたことがあるそうですから、浮き上がって部分のある曲がった枝は要注意です。
踏んでいかなければ前へ進めないところもあるので、目は路面に釘付けになりました。


2020年02月15日、11時31分41秒a


舗装林道ばっかりでは面白くないので、見つけた枝道のピストン林道に入ります。
グラベルだけど、ここは水はけがよく、マッディなぬかるみはありませんでした。
ユンボのキャタピラのあとがあり、ここでも林業のための生きた道であることがわかりました。

まあそれでも、一日走るとバイクはドロドロだぜ。
自作のフェンダーフラップ"は大活躍です。


2020年02月15日、12時10分59秒a


「どこまでもウネウネと続く長い道」、それがこの日のツーリングを表す言葉です。
これから通る道とさっき通った道が、真上、真下にある感じのところ多し。
百万本ぐらいの木を見たツーリングでした。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みに片よる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR