ウイルス収束宣言はいつ出せる?


オリンピックの予定が変わることは、確定的のようですね。
なぜなら、現段階で「オリンピックができたらいいね。」と言っているのは開催国である私たち日本の人だけで、それ以外の国では出場権をかけた予選すら消化できない状態になっているからです。
感染拡大がアジア中心だった時期から欧米中心に移行していることは、世界の世論を大きく変えていくことになります。
日本では拡大のグラフ曲線が横ばいになってきて一段落という時期が来たとしても、もはやオリンピックの問題は、日本がどんな状態であろうと関係ない世界の懸案になっています。

中止か延期かのどちらかでしょうが、今はWHO、IOC、そして日本政府のせめぎ合いといった状態でしょうか。
この場合の日本政府というのは安倍首相とその回りの5人ぐらいのブレーンになってくると思いますが。




日本にはオリンピック変更をなるべく発表したくない事情があります。
学校の閉鎖など、他国と比べ、早い段階で強めの政策が一定の効果を生んだと自負している政府は、ウイルス拡大のグラフ曲線が高原状態、または下降状態になった瞬間を捕まえて、一刻も早く非常事態を解除する宣言を出したいと考えています。
これからの拡大はアジア以外の場所が中心になるので、日本は国内だけでもこの状態をいち早く脱し、世界に先駆けて経済対策に主眼を置く体制を敷きたいでしょう。

また3月と4月を跨ぐ非常事態の継続は、年度が4月に始まる数少ない国である日本にとって悪影響が大きく、政府首脳にとっては是が非でも避けたいことです。
9月が年度替わりとなる多くの国とは、少し事情が違うところです。

もはやウイルス収束宣言は、政治的判断以外の何ものでもありません。
ウイルスの話というよりも、タイミングの話になっているように感じます。




今回のコロナウイルスとその影響では、以前より感じていた一つの問題を思い出させました。
それは、例えばワクチンを開発し、その接種を制度化したことによって、それが身体に合わずに死亡した人が10人いたとします。
こういうことが起こればその訴訟などで社会不安となり、その制度が正しいのかどうかの検証が長期間にわたって話し合われることになります。
しかしそのリスクを恐れ、制度も崩れてしまった結果、予防接種で死ぬ人はいなくなる代わりにしょっちゅうその病気が流行り、年平均で100人ぐらい死んでいるという事実がもしあったときは、一体それをどう捕まえたらいいのかという問題です。
よいワクチンを開発したらいいという意見は、流れていく現実の中では遠い目標です。
内閣を始めとする公務員は、どの立場で国民に接するのが社会正義なのでしょうか。

今、新型肺炎で死亡した人の数は、ほかの死亡率の高い病気で死んだ人の数と比べて、特筆して多いとは思われません。
この状態が続けば、やがてはウイルス騒ぎの影響で経済的基盤を失い、そのために健康を害する、または死亡する人の方が多くなっていきます。




政治的判断による収束宣言の発表、そしてそれを可能にする世論の醸成。
それが今、日本にとって急務な課題です。
世界経済がパニックになる可能性が高い現状の中、国民が元気な気持ちになり、国際的に活躍できる豊かな活動を繰り広げられたらいいなと思います。






コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
現場のまっただ中にいます いずれ収束して 「新型コロナ感染」になっても これまでの「インフルエンザ」のような 2週間の自宅待機なんて取り扱いになるように思います 来年の冬には「インフルエンザ+コロナ肺炎の混合ワクチン」なんてのを予防接種するかもしれません 
現状は 情報があふれすぎて(昔は伝わらなかった) さすがの民度が高いと言われる日本人ですら 群衆心理に振り回されていますね コロナ感染で死ぬ人より 一般細菌肺炎や重篤なインフルエンザで命を落とす人が多いのも 真実です

こんにちは!akane8150さん

今回の新型コロナ肺炎のニュースが流れるたびに、医療に従事するakaneさんたちのご苦労を思い浮かべていました。
仕事内容の難しさもさることながら、特定の医療品などが供給不足になったりして、さまざまな面で歯がゆい思いをすることが多いのではないかと拝察します。

多くの人が正しい情報を得られる社会は理想ですが、情報過敏になってバランス感覚を失うときもあります。
今回の世界の反応が適切だったのかは、あとにならないとわからないのですが・・・。
プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みに片よる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR