梵天山ツーリング


この機能的で無骨な展望台は、梵天山ぼんでんざんの展望台です。
戦国時代の砦の雰囲気か? 耐用年数が長そう。
ここは和歌山県ですが、ここから泉南一の大阪府の展望を見ることができます。


110507_131847a.jpg


昼前のスタート時間のツーリングなので、とにかく阪南市の和歌山ラーメンの店「泉善」で昼の腹ごしらえ。
私は1.5玉のノーマルを、相棒は2玉の倍チャーシューを。


110507_120649a.jpg


代金は私が払いますが、相手は遠慮を知りません。
そこで負けじと、ゆで卵と早なれ寿司を食べました。


110507_130930a.jpg


一緒に来たのは、一番下の子どもです。

大学生ですが、下宿もしていないくせにほとんど家にいない。
が、今日は暇だと言っていた。
それで誘ってみた。


110507_131237a.jpg


このへんで思っていたこと…。
 ① ラーメンで、2,000円近くもいるのか。
   (この前、もう一人連れて3人で焼肉に行ったときは、15,000円いった。)
 ② たまには、子どもとどこかへ行こうと思ったが…、正解なのか。
 ③ それでも「一緒に行こか。」と言う息子は、いい息子かな。
 ④ ちくしょう、カメラがプアで遠くの景色が写らない。

 
110507_131305a.jpg


そこで遠くの景色はあきらめて、山の新緑のようすを写すことにしました。
今は新緑の季節、山はそれぞれに美しい色合いを競っています。


110507_131000a.jpg


展望台の一番上はとても広く、とても頑丈なつくりです。
岬町方面や、一部紀ノ川の方も見えます。



この梵天山には、紀ノ川北岸の広域農道にある「根来げんきの森」から登ることができます。
ダートが1/3ほどあります。


110507_132844a.jpg


途中の三叉路は「馬別れ」と呼ばれる交差点です。
看板はたいへん小さいですが。


110507_132808a.jpg


ここから、ジャングルのようなダート(細い未舗装路)を通っていけば、r62神通温泉のところに出ます。
今村廃村があり、ちょっと不気味な感じがします。
行くなら、ブッシュの少ない冬がお薦めです。


110507_132855a.jpg


「根来げんきの森」の方は、広く明るい道です。
ここに通行止めの看板があるのはウソで、建てた人の意図は別にあります。


110507_132818a.jpg


今のところ梵天山は自然の残る場所で、これ以上観光地として開発する気はないようです。
展望台付近はトイレがありません。
そういうスタンスの場所です。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR