しまなみサイクリングの誘い その1 ; しまなみ海道とは 


5月4日から5日にかけて、しまなみ海道へ自転車を積んでサイクリングに行きました。
日記としてはちょっと古いネタになるので、同じように初めてしまなみ海道へサイクリングに行こうという人がいると仮定して、私の知っている範囲の情報を書き連ねるシリーズとします。

しまなみ海道を自転車で走るのは初めてですが、数年前にうえぽんさんと二人で2台のアクシス90で通ったことがあります。
このときの旅の計画はうえぽんさんに任せっきりだったので、自分が地図上のどこにいるのか、というようなことはほとんど頭の中にありませんでした。
前を走るうえぽんさんを追いかけるだけで、次々と飛び込んでくるすばらしい景色に感動するものの、たいへん受動的な旅でした。


130526_130504_141148a.jpg


今回は自分が旅の計画を立てなければいけませんから、地名を知り、地図上で距離を考えたりしなければいけません。
これから書いていく内容は、すでに知識のある人なら読む必要のないものですが、私としては今回初めて知り得たことがたくさんあるので、そのおさらいということで筆を進めます。


しまなみ海道という言葉は、この場所に本四連絡橋である西瀬戸自動車道が開通してから広まった名前だと思います。
この自動車道ができた当時は、この道路を無理にでも通る旅行がブームになりました。
本州の尾道市から四国の今治市までをつないでいますが、通過する主な島は6こです。
北東から、向島、因島、生口島が広島県で、大三島、伯方島、大島が愛媛県です。
このほかに、自動車道のICがないごく小さな島があります。


130526_shimanami_map_0001aa.gif


また、この自動車道には側道があり、歩行者、自転車、原付(原付二種まで)が通れます。
歩行者は無料で、自転車、バイクは有料(同額)ですが、50円~200円といった具合で、自動車道の通行料金と比べるとかなり安い設定です。
それより大きいバイクやクルマは自動車道を通りますから、この道は一般的などの交通手段を用いても通行することが可能です。
これが、ほかの本四連絡橋との大きな違いです。


130526_130505_090248a.jpg


尾道市から今治市までの自動車道の距離は約50kmですが、側道の旅は島内の一般道や橋へのアプローチ路を含みますので、約70kmの距離になります。
原付の旅ならだいたい1日でのんびり観光をしながら完走することができそうですが、自転車となると観光なしの完走目的のサイクリングとなってしまいます。
そこで今回はポイントを決めて走り、2~3回ぐらいこの地を訪れることによって完走をめざそう、と照準を決めました。
私が酷道趣味でたまにする「合わせ技制覇」をめざすことにします。


<つづく>




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みに片よる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR