暴力的な加速


私が初めて乗った大型バイクは、カワサキ500SS MachⅢです。
若かったせいか、または分別がなかったせいか、よくシグナルグランプリをやっていました。
タコメーターの針がかなりのスピードで駆け上がっていくようすは何ともいえない陶酔感がありますが、それ以上に感じていたのは、「自分では制御しきれないような恐怖感」でした。


2018年01月24日、tachometer_a
※ 画像は借り物。本文と直接関係ありません。


現在のリッターオーバーのバイクは当時のバイクよりももっと速いでしょうが、歳を重ね分別ができたので、もちろんそういう運転をすることはまずありません。
でも、ある特別な条件がやってきたとき、例えばクルマを追い越したり、友だちと走っていて何かの拍子で急にスピードが上がったりしたときに、少し似た状況になるときがあります。
言葉でいえば、エンジンのパワーが私の運転能力を超えているような感じ。
また、自分がマシンをコントロールしているのではなく、マシンに乗せてもらっている感じ。
私にとっての大排気量バイクの「危険な魅力」といっていい。


パワーの出方は、当たり前のことですがエンジンによってかなり違いますね。
最初のMachⅢはトルク変動が激しく、ある回転域で急に力を発揮するので、ある意味面白いけど不安定な感じです。
一般的に4気筒の4stマシンならタコメーターの針の動きはとても速く、高回転で滑らかです。
でもここまで回転あげてもいいのか?とか、つい思います。
今乗っているMT-01はちょっと変わったエンジンで、回転の上がりよりもスピードの上がりの方が多いような錯覚をします。
排気量が大きいので、チェンジを伴わない追い越し加速はとても速く、このバイクの魅力です。
以前ヤマハコミュニケーションプラザで聞いた話の中に、「ストップウォッチではない体感的な速さ」と表されていました。


いつまで経っても、私にとってビッグマシンはどれも「自分では制御しきれないような恐怖感」を感じる乗り物です。
免許証を取得してから45年目を過ごしていますが、最初から、そして今でも、あまり変わっていないように思います。




ギャングパーツ


大阪にいくつかの用事があるということで、四国から友人のTOBOくんがやって来ました。
その内の一つが、バイクパーツの購入です。


2017年11月25日、12時37分03秒a


レアパーツを手に入れることができるバイク屋さんが、和泉市和気町にあります。
その名は「ギャングパーツ」。

TOBOくんの目当ては、カワサキ250TRのフェンダーなどのパーツを購入することです。
250TRといっても、彼の持っているのはF11という2stマシンの方。
バイソンと呼ばれたものの、一つ後の型かな。
彼の若いころに乗っていたバイクで、72年型の不動車を手に入れたので、手を入れて再生するとのことです。
思い入れのあるバイクだそうだが、一体いくら掛かるんだ。
…ま、いろんな趣味の人がいるもんだ。


2017年11月27日、250trf11


このパーツ屋さんは現在の250TRをF11風にドレスアップする仕事を手がけていて、それで本物のF11を持っている彼のリクエストに合うものが手に入るというわけです。
全国のみならず米国のオークションまで探しまくっていたそうですが、それが何と私の家のごく近所で見つかるとはね。


2017年11月25日、12時36分39秒a


この「ギャングパーツ」というお店、和気の村の中っていう感じのところにあるので、ちょっとぐらい探しても絶対に見つかりません。
特殊でレアな需要とネット商売で成り立っているのかな。
店は広いですが、古い紡績工場を改造したような建物です。

懐かしいバイクが所狭しと詰まっています。
こういうバイクが好きなTOBOくんにとっては、正に宝の山。
店長さんを交え、1時間ぐらいしゃべりまくっていました。
私にとっても懐かしいバイクがいくつかありましたが、口の方は彼らの熱いトークに押されっぱなしで、少しだけでしたよ。




きくハムさん、バイク復活!


きくハムさん、バイク復活!
車種はMT-01です。
つまりMT-01復活ということで、さらにすごい!


2017年09月06日、IMG_5117a


おめでとうございます。
いろいろありましたが、末永く乗っていこう!
また山梨県行くよ




暴風対策


大型寒波襲来で、雪国の人はたいへんな毎日ですね。
普段雪が少ない地域でも積もっていると、ニュースで報道されていました。
大阪の平野部も気温が低いですが、私の家の辺りは幸いなことに今のところ風だけです。


2017年01月14日、13時48分29秒a


我が家のガレージは屋根がありますが、風が吹き抜けるのが欠点です。
めったに起こることではありませんが、バイクが風で倒れたという事故は実際に起こっています。
ということで、暴風対策をば。
でもよく考えると、実際にバイクが倒れる竜巻のような風が舞えば、ガレージの中に置いてあるスプレー缶や蚊取り線香などいろんなものが吹っ飛んで、被害はもっと甚大なものになるかも。
だから、このロープは「安心ロープ」というか「バイクに対する気遣いロープ」という感じでしょうか。

昨日の画像ですが、日は照っていました。
これだけ見ると、何か穏やかな日に見えますが。




ナンバープレートを落としました ; 旅の思い出


バイクに乗る機会が、著しく減ってしまいました。
その理由は、暑い(50%)、だんじり祭りの用意(20%)、怠慢(30%)。
「暑い」と「怠慢」を合わせると、何と80%!
ブログの題名を「なかなかなれない ライダー」に変えなければならないかも。

それでも、このブログ、「ツーリング」と銘打っっているだけに、久々にツーリングの話題を…。
となると昔ばなし、10年ぐらい前のことなのですが。


2016年09月03日、10119388552900014802_10rmc2juvw_a


SRX時代の「全国オフミーティング」のときの画像です。
場所は、茅野市の白樺湖畔にある「水源荘」です。
この前、ハム日和でお会いしたター坊さんが閉館したと教えてくれました。
バイクのたくさん集まるホテルだったのに、残念です。
ちなみにター坊さんは元MT-01ライダー、SRX現役ライダーです。
私と反対というか、似ているというか。

私のバイクを見ている人は、この世界では有名な「キャブ仙人」様です。
経験豊富で、バイクのことなら何でもOKの方ですが、ま、これをすぐに直すことはできないよね。

そのオフミーティング、集合場所であるビーナスラインの霧ヶ峰で、ナンバーがないことがわかり大ビックリ。
プレートを付けていたアルミ板が、完全に割れていました。
あわてて、そこのレストランで段ボール箱をもらい、マジックを借りて、臨時のナンバープレートを作りました。
ただし、参加していた皆さんの反応は、このバイクがフェンダーレスだったこともあり、「ナンバープレートがなかったら、めちゃカッコいいですね。」と好評でした。
まあ、納得できる話ですが…。
当の本人は、夜は茅野警察署に長電話、翌日は紛失届を出すために出頭とたいへんだったのですが。

後日談ですが、この落としたナンバープレートは郵送で家に戻ってきました。
その時点ですでに新しいものを再交付してもらっていたので、今はガレージの壁に掛かるアクセサリーとして静かに余生を過ごしています。
返さなければならないような気がしますが…、まあ…。




プロフィール

Rip

Author:Rip
性別 男
年齢 戦後生まれ
住所 岸和田市
趣味 バイクほか…
長所 楽しく酒が飲める
短所 判断が自分の好みにかたよる

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR